米子の居酒屋「太平記」で鳥取の地酒と絶品の白イカを味わい尽くした

国内であれば、旅先で地酒が飲みたくなるもの。日本酒造りが盛んな地域であればなおさらですね。

さて、今回は鳥取県の米子市に来ています。あまりイメージを持っていない人も多いと思いますが、山陰地方って素晴らしい日本酒がたくさんあるんです。

ということで、日本酒が飲める地元の有名店に行ってきました。太平記という居酒屋さんです。

この太平記はネットで検索すると高評価のお店としてヒットしますが、地元で聞いても色々な人にオススメしてもらった一軒です。

ある蔵で働く人も「この辺りだとかなりお酒が揃っているお店」だと話していました。

山陰だけでも全50種というだけあって、確かに多彩なラインナップですね。ブランドは知っていても初めて見る銘柄や、そもそも地元以外であまり流通していない蔵のお酒もあります。

価格は90mlで300円〜。吟醸クラスになると1000円弱するようです。東京で好んで飲んでいるお酒を、地元の銘柄として味わえるのは嬉しいですね。

最初に選んだのは日置桜の特別純米 青水緑山。日置桜は燗にして飲むことが多いんですけど、この銘柄は初めてでした。

冷酒でいただきましたが、骨格はしっかりしていて、なめらかな舌触り。丸みのある甘みが印象的です。きっとお燗派の人でも違和感を感じないかなと思います。

とりあえずのおつまみに、定番ぽかったキュウリを。味噌がおいしいです。

日替わりのオススメはこちら。米子は刺身がおいしいと聞くので、注文したいですね。岩ガキ、白イカ、カニあたりは有名なので、ぜひ味わってみたいですね…。

とりあえずの、刺身盛り合わせ三種をお願いしました。三種と言いつつ四種がデフォルトっていうサービスが流石です。

厚みがある刺身はどれもプリプリで絶品ですが、なかでもタイが絶品でした。繊細な身質で広がりのある甘さ、これを食べたらもう「白身=淡白」なんて言わせない、って感じです。

日本酒は千代むすびの八万八百にしました。このお酒は純米大吟醸なのに90mlで400円でした。お得!

味は言わずもがな。ふくよかな旨みがドッと押し寄せた後のシャープな後口。これはすごく良いですね。

千代むすび酒造は隣の境港市にある酒蔵。境港駅から歩いてすぐのところにあって、立ち飲みコーナーもあるので近くまで来たらぜひ寄ってほしい一軒です。

そして、何と言っても鳥取名物の白イカ!旬の夏にこれを見逃すわけにはいきません。

これは…!めちゃくちゃおいしい!

香りが良くて、イカそのものの味も抜群に良いです。味が濃厚でミルクっぽい甘さも感じますね。弾力ある食感も◎です。

これはぜひとも日本酒と合わせて食べたいところ。大山の麓にあるという久米桜酒造の特別純米酒 八郷をお願いしました。

ほどよい旨みと酸味で、ふくよかさを感じさせる味わい。少し温めるのも良さそうな味わいですね。イカと合うんだこれが。

カウンターで一人で飲んでいると、ほとんどのお客さんが注文している名物メニューを見つけました。それが、この手羽中甘辛揚げ。10本390円と値段も超お得!

ああ、これは絶対おいしいやつですね。見ただけでわかります。実際、絶妙な味付けで手が止まらない止まらない。20本は食べられましたね。

お酒は鳥取県の酒造好適米を使った、どっしりした燗酒向けのものをお願いしました。

日本酒が進みすぎる珍味の三点盛りもありました。この辺りはカニもよく揚がるので、カニミソやカニの刺身なんかも驚くほどの値段で味わえますよ。

地元鳥取の銘柄をはじめ日本酒がたくさんあって、刺身もハイレベル。人気の理由がわかりました。米子に行って地元の味を体験したかったら、是非とも寄ってほしい一軒です。

幸い一人なのでカウンターに滑り込むことができましたが、複数人で行くときは予約が間違いないかと思います。

それでは良い鳥取の旅を〜。

鳥取」が好きなら読んでみて
中四国限定!ローソンのカフェラテ「大山ラテ」がめちゃくちゃウマい
本マグロが200円?境港の回転寿司「大漁丸」がレベル高すぎ高杉くん