朝活にもサイコー!人気家系ラーメン「杉田家」で充実すぎるモーニング

みなさん、朝活してますか?

最近は新型コロナウイルスの影響もあって、世の中全体がちょっと外出しにくいムードですね。

今は自分ではなるべく外出を控え、感染した人の快復を願いつつ落ち着いたらまた心置きなく外出したいものです。

少し前に朝方に横浜方面へ出かける用事がありました。諸々の用事が済んでまだ7時くらいだったので(早すぎ!)、根岸線に乗って新杉田駅までやってきました。

根岸線ってあんまり耳に馴染みがない人も多いのでは。

東京に住んでいると、山手線と並行して走り大宮〜横浜を結ぶ京浜東北線は知っていると思いますが、その続き横浜〜大船間が根岸線。合わせて京浜東北線と表記されることも多いですが、みなとみらいの桜木町も横浜中華街・横浜スタジアムの関内も根岸線内なんですね。

僕も以前は根岸線の近くは、海の近くの工場しかないくらいに思ってましたが(失礼)、実はかなり魅力的なエリアなんです。

こんな朝早くから新杉田に来た理由といえば、こちら。

そう、もちろん家系ラーメンの超人気店・杉田家ですね。

家系ラーメン店の総本山・吉村家から独立した直系の第1号店として1999年にオープンした杉田家。もともと、杉田には吉村家があったのですが、横浜に移転するのに伴って、向かいの場所に暖簾分けの店として杉田家を任されたと言います。

この杉田家、平日でも昼間には行列ができる有名店ですが、なんと毎日朝の5時に開店しています。

いや、5時って!夜中の1時までやってるので、毎日20時間オープンしていることになります。

そして7時前という朝早くに訪問しても、店内はそれなりに混んでいるのが杉田家のすごいところ。

この日も出勤前の人を中心に、7割ほどの席が埋まっていました。

メニューはラーメンとチャーシューメン、和風新杉田ラーメンなど。大きさは並、中盛り、大盛りがあります。

麺の硬さ、味、油の多さがお好みで注文できます。

朝からひと仕事終えた私はビールからスタート。小ビンが320円で、つまみとして味玉オンねぎがついてきます。

ねぎがシャキシャキでウマい!

酒のアテに最高な隠れた名物、真鱈のチャンジャもいただきます。100円!

韓国料理屋さんで食べたら700円くらいしそうです。食感がよくて、味付けもバランス絶妙。これは美味です。

ビールを楽しむのもつかの間、すぐにラーメン並が着丼しました。この色、香り、見た目!期待しか高まらない家系ラーメンオブ家系ラーメンです。

店主さん曰く、家系ラーメン=「醤油とんこつ」であり、「“ガツン”とキレのある味で、クセになって“明日も食べたい”と思ってもらえるようにしたい」という杉田家のラーメン。

確かに、醤油がバチンと前面に広がっている一方で、トンコツの深みが全体のベースラインを支えているような感じですごくバランスが良い。複雑な濃厚さがありつつ、しつこかったり重かったりはしないという一杯です。

これはおいしい。

中太の麺はもちろん、チャーシューもほうれん草もスープによく絡んで手が止まらりません。

卓上には調味料もたくさん置かれています。

店内に掲げられている「当店でのおいしいラーメンの召し上がり方」によると、オススメは

コショウ 少々
ニンニク 1/2
カラシみそ 1/2
すり生姜 1/2
酢 少々

なんだとか。北海道産の行者ニンニクを使っているというニンニクがすごくおいしいんですけど、それ以上に注目してほしいのはすり生姜。

香りが普段口にする生姜と全然違ってぶっ飛びます。スープに入れると味が一変するので試してみてください。

朝からまあまあガッツリ目にラーメンを食べてしまいましたが、朝5時の選択肢にこのレベルの店が入ってくるのは嬉しいですね。近くで飲んだ後にも使えそうです。

近所まで行った時にはぜひ朝活をどうぞ。

磯子駅からでも歩いていける距離です。

ラーメン」が好きなら読んでみて
茅ヶ崎「らーめん康家」あっさり豚骨の進化系“家系ラーメン”が絶品
休日夜が狙い目?近所のラーメン二郎 藤沢店行ってジロリアン予備軍に
これが成田空港メシの答えだ!日本の中華そば富田なら待たずに行列店の味