「立ち飲み 庶民」こそ至高。京都・大宮にある名店の素晴らしさを見よ

お値段がリーズナブルで、雰囲気のある立ち飲みが多い京都市内。ちょっと通向きの奥行きのある佇まいで、常連的にはアットホームだけど一見客にはちょっと敷居が高い…みたいなお店が多い印象ですが、入ってみると人の距離感がすごく心地いいんですよね。

大阪の中心部でいくつか行ったことの立ち飲みと比べると、どっかから来たやつって珍しがり方はせず、とはいえ一応ちゃんと気を遣ってくれるっていう構えで、京都の人たちは人との接し方が巧みやなあ、と感心してしまうところです。

関連記事 >> 人気店ばかり!覚えておきたい京都のおすすめ立ち飲み【昼飲み・一人飲み】

そんな良店揃いの京都のなかで、酒飲みであれば知らない人がいないスゴい店あります。個人的には関西最強の一軒だと思っているのが、こちら京都の大宮駅そばにある立ち呑み 庶民です。

立ち呑み 庶民は阪急大宮駅の2番出口を出てすぐのところにあります。左隣は金券ショップ、右側にはラーメン屋やマクドナルドがあります。お店は昼の11時から開店していますが、早い時間でものれんの前にお客さんが並ぶことも日常茶飯事です。

「でも、庶民に行った人はみんなすごい、すごいって言うけど、何がそんなにすごいのさ」

って思ってますよね?…わかります、僕も自分でお店に行く前は、少しだけ心のどこかでそんな風に思ってたことがあります。

まず、値段がとにかく安いですよね。回転率が高く、どこもリーズナブルな傾向にある立ち飲み屋ですが、やはり庶民は別格。ドリンクは200円、フードは単品100円なんていうものも珍しくありません。

瓶ビール、煮込みという酒飲み的スターターセットを注文しても、瓶が300円、煮込みが200円で合計500円。煮込みは濃厚トロトロで超絶ウマいんですけど、庶民感覚では、ちょっと小ポーションで値が張るくらいの印象。

そんな勘違いが生まれるほどには、全体的に値段が安いんですね。1000円のガッカリせんべろセットを出している飲食店の人、こうですよ。

飲み物は、サワーと焼酎が200円、ウイスキーと生ビール、梅酒などが250円、日本酒は250円〜という感じ。ハイボールも250円です。

もしあなたがリッチな庶民の日なら、ぜひ食べてほしいのが刺身。盛り合わせは500円で、写真を撮った日は本マグロ、サーモン、カンパチだったかな。

酒のアテにたまらない脂身たっぷりのネタが、分厚く切られていて、ひと皿でも満足できる内容。こんな刺身をちょっと良い日本酒と合わせて飲めば、それだけで天国への階段ですよ。

これに限らず、庶民は魚介系がかなり充実しているので要チェックです。

給料日前でお財布に余裕がないけど、ちょっと一杯飲んでいくか…そんな庶民の日でもしっかり楽しめるのが庶民のいいところ。例えば、こんな組み合わせなら550円です。書いてて間違いじゃないのか、と思っていますが笑。

おでん(大根、シューマイ、ロールキャベツ)が1品50円なので150円、メンチカツが100円なのでラガーの瓶と合わせて550円で正解ですね。いやぁ、もうこれですよ。これでいいんです、我々庶民の“ちょっと一杯”ってのはさ。

新橋も神田もサラリーマンの街って言いますけど、そこにいる多くはそれなりに大きな会社に勤めるお金のある人だと思うんです。よくわからない日本酒に1杯800円とか、庶民は結構考えちゃいますよ。だから僕のような庶民オブ庶民、いやアンダー庶民はこの店こそがホームなのです。アウェイながら心のホーム酒場。

今日はもうちょっと飲みたい…って気分なら、冷奴と焼酎ロックをどうぞ。なみなみの焼酎、これ200円ですからね。最初に飲んだら200円でもう仕上がっちゃいますよ。

締めは名物の鉄火巻きをどうぞ。大き目のサイコロくらいある本マグロがボリューム満点です。これがウマいんだ、また。

ああ、今日も大満足ですね。また仕事に疲れたら庶民に寄れば頑張れる、そんな素晴らしいお店。京都駅や市内のめぼしい観光地からは少し離れますが(と言っても10分くらいですけど)、ぜひ足を伸ばしてみる価値のある一軒ですよ。

がんばれ庶民、がんばれ自分!

立ち呑み 庶民
京都府京都市下京区四条大宮町18-6
11:00~23:00
水曜休み

京都」が好きなら読んでみて
京都駅の東洋亭はサクッと行列店のハンバーグが食べられる穴場

立ち飲み」が好きなら読んでみて
大阪出張で使える!天満の銀座屋はコスパ最強クラスの立ち飲みだ
ハシゴ酒にも最高!“昼飲みの聖地”横須賀のちょい飲みオススメ店5選
熊本の立ち飲みは「ねぎぼうず」が鉄板!料理も酒も人もすべて満足です