これが成田空港メシの答えだ!日本の中華そば富田なら待たずに行列店の味

空港に行くと、何を食べていいか迷ってしまうことってありますよね。

出発まで時間もあるし、次の食事まで間隔が空きそうだし、何かお腹に入れたいんだけど別に食べたいものはないという。しかも、大体が街中で食べるよりも割高な値段になってるし。

写真AC

さて、今回も成田空港使いの韓国旅行。それにしても高速バスも電車も頻繁に行き来していて、昔と比べると成田が近くなったような気がします。

韓国のLCCが安いので頻繁に成田を利用していますが、悩ましいのはやっぱり食べ物。2時間ほどで現地に着くとはいえ、飛行機を待つ時間や韓国に着いてから入国やら何やらを済ませて落ち着けるまでの時間を考えると、やはり4時間くらいは何も食べられないわけで、お腹が空きますよね。

LCCが発着する第3ターミナルにはフードコートがあるし、入国審査後にも簡単な食事が食べられるカフェがありますが、本当に食べたいものかと言われるとちょっと消極的なチョイスな気がしないでもないところ。

もちろんフレッシュネスとかリンガーハットとか、食べたら間違いないんですけど。あと一軒立ち食い寿司がありますが、ここは日本酒も結構あってなかなかです。ただ、ちょっと割高なのは仕方ないところでしょう。

という成田空港フード事情ですが、つい先日、今ぐちぐちと垂れていた不満をクリアにしてくれるひとつのソリューションを発見しました。

それが、こちら第1ターミナル中央ビルの4Fにある日本の中華そば富田です。

富田と言えば、言わずと知れた松戸市に本店を持つ超有名つけ麺店。

「TRYラーメン大賞」では4年連続で大賞を受賞し、ラーメンデータベースでは全国1位に君臨し続けるスーパー人気店です。ちょっと前はセブンイレブンの「中華蕎麦 とみ田監修 豚ラーメン」が話題になっていました。

街中の店舗は大行列の富田ですが、実は成田空港ではそれほど並んでいる様子がなく狙い目なんです。空港内ってだいたいどこの店舗少し並んでますしね。

日本の中華そば富田では、定番のつけ麺から中華そばまで富田の富田たる基本の富田どころを押さえたラインナップ。

会計は店内に入る前の先払いで、カードも使用可です。店内には「No Cart」みたいですね。さすがにカート押して入る人はいないか。

つけ麺は富田の代名詞とも言える濃厚な魚介豚骨系スープ、中華そばは2年熟成のしょう油を使ったあっさり濃密系なんだとか。

ここはやはりつけ麺でしょう。旅の財布のゆるさをいいことに、オススメの特製濃厚つけ麺(1180円)行っちゃいました。

濃密な魚介系スープの香りが漂う店内で待つことしばし、つけ麺がやってきました!オペレーションが効率化されているのか、混雑の割にはほとんど待たなかった印象です。

見てください、このチャーシュー!煮卵!富田らしい超太麺!

味はというと、極太麺をトロリと濃厚な豚骨魚介系スープに絡めて口に運べば、ズッシリとパンチのある味わいにやられます。スープがウマい!

ただ、食べ進めても意外に重さは残らないのが不思議なところ。コクがあってこってりしている風なんですけど、魚介のあしらいがプロの技って感じで、上品ささえ感じます。

やはり人気のラーメン店に間違いなし。行列店の味が10分も待たずに味わえる第1ターミナルの「日本の中華そば富田」かなりオススメなので、食べるものに迷ったら訪ねてみてはどうでしょうか。

千葉」が好きなら読んでみて
季節のいちごを食べよう!千葉・茂原市のくろいちごcafeがいちご天国
無印が手がける鴨川の“道の駅”「みんなみの里」が楽しい【千葉】
一度でハマる!地元民が愛する勝浦タンタンメン「はらだ」がやっぱ名店

空港」が好きなら読んでみて
フライト待ちに肉!羽田空港国際線ターミナルで焼肉チャンピオンを食らう
深セン宝安空港で深夜到着後にできること【交通手段、ホテル、飲食店ほか】
GW明けに春秋航空のセントレア→深セン便乗ったら客が6人だった件