鹿児島空港から熊本空港の移動は高速バスが楽チン【乗り方・運賃ほか】

1円でも安い方法を追求し、空港を移動してでも最安値のLCCを乗り継ぐような旅では、空港間の移動というのは大抵交通の便が悪くなります。基本的には空港から空港を移動するようなトリッキーな旅程は想定してないんでしょう。

先日、熊本空港発のティーウェイ航空テグ行きに乗るため、鹿児島空港から移動したかったのですが、いろいろ検索してみても判断材料になるような情報はあまり見つからず。

そこで、この記事では僕が今回いろいろと比較し、実際に試して、一番良いと思った鹿児島空港〜熊本空港のバス移動について解説したいと思います。

1:高速バスの移動が安くて早い!

地方の空港あるあるですが、鹿児島空港も熊本空港も市街地からは離れた郊外エリアにあります(鹿児島空港は霧島市、熊本空港は益城郡益城町)。

九州で県をまたぐ長距離の移動であれば、時間やアクセス的に新幹線一択なのですが、そういった空港のロケーションの関係で、バスの方が便利になる状況があります。

試しに今パパッとYahoo!路線情報で「鹿児島空港」から「熊本空港」を検索してみると、次のような結果になりました。

  • 新幹線:2時間55分、8010円
  • バス :2時間44分、3620円

鹿児島中央まで30〜40分、(新八代駅または熊本駅から)熊本空港まで1時間近くかかることもあって、新幹線を利用するルートは意外と時間がかかるんです。

乗る時間によっても違うと思いますが、所要時間と値段を考えるとバスルートの方が良さそうですね。ただ、新たにバスの乗り継ぎって大変なんじゃない?という心配が生まれたので、Google Mapで調べてみました。

Google Mapのスクリーンショット
Google Map

2時間34分。yahooより攻めてますね笑。鹿児島空港から熊本交通センター行に乗って「益城インター口」で熊本空港線のリムジンバスに乗り換えるというルートのようです。

益城インター口でスムーズに乗り換えができるかちょっと不安ですが、それ以外はシンプルなルートに見えますね。

2:熊本行きのバスは事前予約制

鹿児島空港から乗る熊本交通センター行のバスは、到着フロアを出てすぐの1番のりばから出発します。

時刻表を見てみると、1〜2時間に1本出発しています。ここに合わない時間帯の場合は、鹿児島中央まで出て新幹線ルートで移動するしかないですね。

と、下の方に気になる文字があるのが目に飛び込んできました。

熊本行きは予約が必要です。(TEL099-222-1220 または TEL099-259-6781)
予約受付は発車1時間30分前まで。予約受付終了後は、空席があればご乗車できます。

…なんと、予約制のバスだったのか!

空席があれば乗れるということですが、もし満席だったらこのルートで移動できない、つまり予約している便に間に合わないことに。LCC格安旅は1回のミスフライトですべて努力が水の泡になるので、これは大ピンチです。

乗り場のすぐそばに有人のカウンターがあったので、空席状況について係のおじさんに聞いてみました。

係おじ「熊本行きですか?空席があれば乗れますよー」

僕「次の便は空席ありそうですかね?」

係おじ「平日ならだいたい空席があるから大丈夫でしょうー」

と、解決にはなっていませんが、話を聞いていると不思議と安心できる物腰の柔らかいおじさんでした。

チケットを買っておこうかと思ったら、運賃は降車時に払うという新情報も入手することができました。あらかじめ運賃をぴったり用意しておいた方がいいかもしれませんね。

調べてみると鹿児島空港から益城インター口は3190円でした。

3:バス到着は遅れることアリ

予約なしの人が並んでいたら席に座れないかもしれない…!

と、考えもしましたが、熊本行きを待っている人がたくさんいる感じでもなかったので、到着時間まではウロウロして時間を潰せそうな場所を探しました。

ひと際ユニークなのは、バス乗り場のすぐ横にある天然温泉足湯「おやっとさぁ」

正直、最初に見たときは「いやいや、どのタイミングで足湯使うのよ?」って思いましたが、騙されたと思ってちょっと足をつけてみると、これが気持ちいい!

20〜30分くらいならゆっくりしてられそうです。タオルがないと靴下が濡れてしまいそうですが、建物内の1F総合案内所では、おやっとさぁオリジナルタオルが200円で販売されていますよ。

1Fの北側(国際線側)には、フードコートウイングというドトールとちょっとしたフードコートが合体したようなお店があります。時間があるときにビールやコーヒーを飲んでのんびりしたい人にオススメです。

こんなちょい飲みセットが1000円。ジョッキはミニサイズで、おつまみは、さつま揚げ、枝豆、落花生。ちなみに、僕が食べたときはさつま揚げはさすがに超絶品だったものの、ほかが微妙な感じだったので「さつま揚げ単品にすればいいな」と思いました。

と、そうこうしてるうちに出発時間になったので乗り場に行ってみると、まだ来ていませんでした。5分、10分…と待っても来る気配なし。

後からわかったのですが、鹿児島〜熊本線は鹿児島空港に到着する1時間前に鹿児島港を出発しており、市内の道路状況によっては到着が遅れることがあるそうです。

この日は15分遅れで鹿児島空港に到着しました。

空席については、まだ半分くらい空きがあったので問題なく乗車できました。よかったよかった。

4:車内は無料wifiが使用可能

空席あるか問題は、結論から言うとセーフでした。

1番乗り場でバスを待っている人が10人くらいいたので、鹿児島市内から30人乗ってきたら危ないところでしたが、平日のお昼に鹿児島から熊本まで高速バスを使う人はそれほどいないようです。

車内は割と余裕があって、乗客もまばらな感じ。ひとまず乗れて安心です。

両側に2席ずつオーソドックスなレイアウトで、シート間隔は普通。膝が前の席に使えるほど苦しくはないですが、ノートPCを開くとキーボードと画面が近すぎて少し窮屈に感じました。

バスの中では「NANGOKU_Free_01」という無料Wi-Fiサービスが利用可能。メールアドレスまたはSNSアカウントがあれば、ネット接続が可能です。

速度は平均で1.2Mbpsくらい。快適とは言えないスピードで、動画はもちろんWebブラウジングもちょっとストレスを感じるかもしれません。でも、ないよりはいいと思います、ありがとうございます南国交通さん。

5:山江サービスエリアで途中休憩

途中、鹿児島空港から1時間ほどで到着する山江サービスエリアで休憩時間があります。

鹿児島〜熊本線には車内トイレが設置されておらず、益城インターまで残り1時間ほどかかるので、ここで済ませておくのがベターです。

サービスエリアの設備としては、セブンイレブン、自動販売機、地元産物の直売といった内容でした。セブンイレブンは九州各地のお土産が充実していました。

さつま揚げがすごく美味しそう!鹿児島で買い忘れてしまった人は、ここで調達しましょう。

6:益城インター口でバスを乗り換え

九州道は熊本南部エリアはかなり険しい谷道を抜けていきますが、益城が近づいてくる頃になると、平野部に入り一帯も市街地になってきます。

鹿児島空港から約2時間、益城インター口に到着しました。ここから熊本空港い行きのリムジンバスに乗り換えます。乗り過ごすと熊本市内まで行ってしまうので注意しましょう。

料金を払って下車しました。空港行きバスは反対車線のマクドナルド側に止まります。Google Mapを見ると同じ車線でそのまま乗り換えるように見えるので間違えないようにしましょう。

横断歩道を渡って、バス停に移動しました。「阿蘇くまもと空港」の文字が見えます。空港リムジンバスのほかに、九州横断バス、一般の路線バスも止まるようです。

熊本空港行きは1時間に2〜4本ほど出ています。昼の時間帯なら20分に1本来るので、よほど遅れない限り予定通り空港に着くことができそうです。

リムジンバスは空港より前方に止まるので、置いていかれないように気をつけてください。

7:阿蘇くまもと空港までは20分ほど

こちらの空港行きバスはかなり混雑していることが多いようです。荷物を座席に置いている人がいたら譲ってもらいましょう。

空港までは約20分。運賃は430円です。窓の外の景色を楽しんでいるうちに、あっという間に到着しました。

バスは国内線ターミナルに到着。国際線を利用する場合は、バス停から奥の方へ200mほど歩いて移動しましょう。

ここまで、鹿児島空港から熊本空港までバスで移動する方法を紹介してきました。

新幹線に比べると面倒で時間もかかりそうなイメージがありますが、空港が市街地から離れた場所にあるので、高速バスを乗り継ぐのが便利でオススメですよ。

運賃は合計で3620円です。LCCの都合などで2つの空港間を移動する必要がある場合は参考にしてみてください。

熊本」が好きなら読んでみて
【熊本ランチ】通りがかりの店の「馬丼」と「馬刺し」がおいしかった
熊本の立ち飲みは「ねぎぼうず」が鉄板!料理も酒も人もすべて満足です

空港」が好きなら読んでみて
茨城空港発ソウル行で韓国格安旅!3000円台のイースター航空に乗った感想
GW明けに春秋航空のセントレア→深セン便乗ったら客が6人だった件
【電源・無線LANあり】那覇空港の「ラウンジ華」でノマドワークした