Warning: file_get_contents(index.php.bak): failed to open stream: No such file or directory in /home/sakeshima/sake-shimamura.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437

Warning: file_get_contents(index.php.bak): failed to open stream: No such file or directory in /home/sakeshima/sake-shimamura.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437

新千歳空港から陸路(鉄道)で釧路に向かった気が遠くなる話

よく北海道の広さを表すのに、本州の地図と重ね合わせた画像をTwitterとかで見かけますが、関東地方に住んでるとスケール感が今ひとつピンと来ません。「水曜どうでしょう」で大泉洋のリアクションを見ると、札幌から道東の町といった移動は日常では起こらないんだろうな、と理解はしつつもですが。

コロナが広がりつつある中ではありますが、細心の注意を払いつつ五輪に沸く?東京を離れようと釧路に行っていました。感染させるリスクを見極めた上で、現地の人との接触はなるべく避けて。

peach公式サイト

釧路へは2020年に成田からピーチの定期便が就航し、俄然行きやすくなったと聞いていて、いつか行きたいと思っていたんです。コロナで旅行者数が伸び悩むなか、ピーチはセールなど積極的な施策を展開していましたが、タイミングが合いそうな格安チケットを手に入れ、いざ釧路へ。

なんですけど、2日前に気づいたのがこれ。運休になっているじゃないですか。

さあ、どうする。別の釧路行きのチケットを探すか、釧路への行き方を変えるか。

連休前ということもあり別の便はあまりなく、あってもかなり割高。これはあるあるですが、セールで買ったチケットが運休になると、払い戻しがあっても大体損するんですよね。

いろいろ調べてみて、同じピーチの札幌便は運休対象外で価格もお手頃だったので、新千歳から陸路という手はあります。予定していた日に釧路に到着するためにはこれがベストか。列車の費用が別に1万円近くかかりますが、JAL・ANAの釧路便を買い直すよりはそれでも安い。

ということで、新たにチケットと取って新千歳空港まで飛ぶことにしました。

MM 583便、15:55東京(成田)発、17:45札幌(新千歳)着。釧路方面への終電が20時すぎなので、時間的にも余裕があるフライトです。

実質1時間半くらいで新千歳空港に到着。北海道の夏の夕暮れです。空がキレイですね。

電車の時間までは2時間弱あるので、空港内を見てみましょう。

コロナ禍のためか、観光客はほとんど見られず閑散としています。ショップやレストランは、時短営業や一時閉店のテナントも多そうです。

3階の北海道ラーメン道場には、ちらほらと人が見えました。お店もこの時間でもほとんどやっていますね。

豚肉に目を引かれて、十勝・帯広の素材をふんだんに使った麺屋 開高さんへ。帯広本店のほか、札幌にも何軒か店を構えており、シンガポールにも展開しているそうです。今度シンガポール行ったら食べに行ってみよう。

北海道の飲食店では酒類が提供されているようで、サッポロクラシックをいただきました。

豚肉たっぷりのラーメンにコーンをトッピング。北海道歴が浅い神奈川人が考える安易な北海道イメージですが、ウマかったです。

時間があるのでお土産屋とかをブラブラ。イメージない人も多いと思いますが、北海道は日本酒蔵が結構あります。

もっと時間があれば4階で新千歳空港温泉に入ったり、映画を見たりできたかもですが、そうこうしているうちに時間です。地下にある駅に急ぎます。

ちなみにこれは後からわかったことですが、この改札を入ると釧路駅を出るまで売店はないので、自販機以外の買い物が必要な人はここで済ませておくのが吉です。

さあ新千歳空港駅から快速エアポートで南千歳まで行き、特急おおぞらに乗り換えて釧路を目指します。

まずは南千歳駅に到着。自販機あり、待合室ありでしたが、この時間は売店はすでにクローズしています。4分後のおおぞらを待ちます。

すごいいい感じの駅弁屋!これはお昼に来てみたいところです。

おおぞらが来ました。しっかりとした特急ですね。これなら3時間40分くらいきっと余裕でしょう。

車両内にお客さんは数えるほど。景色が見えるかと窓際の席に座りましたが、いくつかの駅周辺以外はひたすら闇でした。闇の中に時々水が見える気がするけど、闇なのでそれが本当に水かどうかはわからないみたいな。

感想としては、シートは柔らかいとベコベコと中間くらいで座り心地はまあこんなものかと。あと、ブロロロロロって音が車両内にもかなりの音量が響いています。エンジン音?

無事に特急おおぞらに乗りましたが、到着はまだまだ先。ここから暇タイムが続きます。空港でビールでも買ったら少しは時間が紛れたかな。

本読んだり、動画見たり、音楽聴いたり、考えられるいろんな時間の使い方をして、釧路着を待ちます。途中でネトフリでドラマ見てると、圏外ゾーンがあって中断することになりました。

途中の新得駅。21時50分すぎ通過。なんだもう2時間じゃないか。

遠い。ひたすら遠いです。

途中から自分が長時間鉄道に揺られてることを忘れ、自分が生まれた時からおおぞらのシート上にいるような落ち着きを感じる瞬間がありました。これが北海道ハイですか。

寝たり、本読んだり、水曜どうでしょう見たりしながら定刻で釧路駅に滑り込み。当たり前みたいですけど、250km以上走って、1分もずれてないってメチャすごくないですか。

7月下旬の夜中の釧路は涼しいです。半袖半ズボンはちょっと寒い。前にコート着てる人いますね。

念願の釧路到着。

初めて来ました。なんかアガる。

これは北海道あるあるですが、道内で長距離移動すると、昔の人これを歩いたってどういうことって信じられない思いを感じます。小樽から網走まで歩いたりする『ゴールデンカムイ』ももはや意味がわからない。足腰強靭すぎる。

「北海道」が好きなら読んでみて
北海道で食べた北海道のグルメ回転寿司「函太郎」が素敵【新千歳空港】
苫小牧の超有名店「マルトマ食堂」の海鮮丼がまじハンパないww
震源地近く、厚真町のジンギスカンとむかわ町の寿司が本当に絶品だった

「空港」が好きなら読んでみて
これが成田空港メシの答えだ!中華そば富田なら待たずに行列店の味
【運休】茨城空港発ソウル行で韓国格安旅!3000円台のイースター航空に乗った感想
GW明けに春秋航空のセントレア→深セン便乗ったら客が6人だった件


Warning: file_get_contents(index.php.bak): failed to open stream: No such file or directory in /home/sakeshima/sake-shimamura.com/public_html/wp-includes/plugin.php on line 437