ホワイティうめだの串かつ「ヨネヤ」駅近でウマい朝飲みもOK

僕のような東京からの一見さんからすると、リアルに迷宮なのが梅田の地下街。

よく新宿駅や横浜駅が複雑で迷うなんていう話を聞きますが、梅田の迷路っぷりは本当にレベル違い。「トルネコの大冒険」をスタートしたら、いきなり最高難度のダンジョン行く気分です。

とはいえ、行く理由があれば迷いながらでも行くしかありません。今回は、ホワイティうめだに目指している店があります。

やってきたのはノースモール1。名前がついていても、迷う。地図を見ても自分がいる場所がわからないんですから。

この日は午前中のうちに京都に行く用事があり、その前に串かつが食べたいと思ってたところ、ホワイティうめだに定番のお店があると。

ここですね、ヨネヤ。

スタンディングのカウンターとテーブルが選べたので、昔ながらのカウンターへ。10時前ということもあり、まだこっち側にはお客さんがいませんでした。

席に案内されると最初に持ってきてもらうスターターセット。キャベツ、ソース、取り皿、白い布?

早い時間ですが一杯だけいただいちゃいましょう。純ハイ!聞いたことあります。

この純ハイ、ヨネヤと宝酒造が共同開発したチューハイで、後にタカラKANチューハイとして発売されたものの原型なんだとか。

これは飲むしかありません。炭酸が強くて、焼酎も濃いめ。ガツンと来ます。

ストップ!ちょっと止めて!

この写真、白い布をコースターのように使っていますが、これはダウト。この小さな正方形の濡れた敷物は、正しくは串カツで汚れた時に使うお手拭きだそうです。

まあ、沖縄みたいにおしぼりをコースター代わりにしてみたってことで大目に見てください。

串かつメニューです。とりあえず盛り合わせを食べてみましょう。

目の前にあるフライヤーで調理しているのが見えます。衣が揚がる良い香りがします。

到着!

エビ、きす、青と、れんこんとあとひとつなんだっけ。

いただきます。ウマい!

衣を素早くカラッと揚げることでタネの旨みが凝縮されてますね。

ソースはさっとくぐらせたら、二度つけ禁止。

きすは少し苦みがあって、口のなかで繊細な身質がホロッと崩れておいしい。

ソースがつけ足りたい時は卓上のソースかキャベツを使いましょう。

そのまま食べてもおいしいザクザクキャベツ。

ソースをすくうスプーン代わりにもなりますね。

追加で季節限定のハモと、人気メニューのまぐろを注文してみました。

どちらもおいしいけど、まぐろがさすがに人気の一品。串揚げにするとこんな風になるんですね。

駅近で、朝イチから飲み食いできて、リーズナブル。大満足で大阪を後にできそうです。

梅田でのスキマ時間にどうぞ。

ヨネヤ
大阪市北区角田町梅田地下街2-5 ホワイティうめだノースモール1
06-6311-6445
9:00~22:30
奇数月の第3木曜日休み

「大阪」が好きなら読んでみて
大阪で食べたお好み焼きオン・ザ・ライスは今までの価値観を揺さぶる一食
深夜バスの到着後に!梅田で早朝に使えるカフェ・飲食店【5時台から】
大阪出張で使える!天満の銀座屋はコスパ最強クラスの立ち飲みだ

「関西」が好きなら読んでみて
近鉄奈良「てらかわ」は旬の料理がどれも絶品、風の森も飲みまくり!
京都駅の東洋亭はサクッと行列店のハンバーグが食べられる穴場
人気店ばかり!覚えておきたい京都のおすすめ立ち飲み【昼飲み・一人飲み】