人類をまた月へ!NASAが公開した動画「We Are NASA」がクールだと話題

今回は、宇宙についての話です。

ついこの間まで、日本でもZOZOの前澤社長がスペースXのロケットで宇宙に行くとか、いやあれは高速で箱根に行ってインター降りずに戻ってくるだけとか、盛り上がっていましたが、やっぱ宇宙って理由は説明できないけど魅力的ですよね。

Embed from Getty Images

僕は昭和50年代の生まれなので、もちろんアポロ計画の興奮は知りませんが、様々な作品を通して当時の人々の宇宙への憧れを感じたものです。

とはいえ、それを体験してなくても『ムーンライトマイル』も『宇宙兄弟』もより若い世代の人を惹き付けているので、宇宙への興味は特別な体験によるってより、身近な身近やロマンが理由なのかとしれません。

長くなりましたが、数日前にアメリカのNASAが公開した動画がめちゃくちゃアガると全僕の中で話題です。

嘘、実際にはアメリカでも話題になっていたんですけど。

その動画とは、NASAが公式サイトやYouTubeで公開した「We Are」という3分ほどの映像です。

アポロ計画の素材、シャトル打ち上げや船外活動の記録、宇宙での生活、地上スタッフの様子…と彼らが持つ膨大な映像をコンパクトにまとめあげ、これだけでもグイグイ引き込まれてしまうんですけど、そこに重ね合わせるようにNASAがこれからどこに向かい、どんなことをしていくのかというメッセージが込められています。

めちゃくちゃカッコ良くないですか?

動画ディスクリプションは、ムービー内のナレーションをまとめたもの。

We’ve taken giant leaps and left our mark in the heavens. Now we’re building the next chapter, returning to the Moon to stay, and preparing to go beyond. We are NASA – and after 60 years, we’re just getting started.
We Are NASA

ざっくり言うと「私たちは過去に大きなことを成し遂げたけど、次のチャプターを作り始めてる。それは月に再び戻ること、人間が滞在できるようにするために、そして月を越えて(火星に行く)準備のために」って感じでしょうか。

海外メディアによると、この「We Are NASA」は昨年12月に米トランプ大統領が署名した「the Space Policy Directive-1」という宇宙政策を受けたものなんだとか。

そのやたら長くてカッコ良さげな政策は、これまでの宇宙探索を一新し、太陽系で人類がさらに発展できる持続可能な計画を探るプログラムの作成を求めたものだそうです。

 

View this post on Instagram

 

Behold…. the Moon! We continue to make steady progress toward the first missions of the Orion spacecraft and the Space Launch System (SLS) rocket that will lead the next steps of human exploration to the Moon and beyond, extending human exploration farther into space than ever before. Exploration Mission-1 will be the first integrated test of Orion, SLS, and the supporting ground systems (@ExploreNASA)launching from Kennedy Space Center in Cape Canaveral, Florida in 2020, and will pave the road for future missions with astronauts. Seen here is the Moon in June 2018, captured by an astronaut on the International Space Station (@ISS) looking through Earth’s atmosphere from the orbiting outpost. Image credits: NASA #nasa #picoftheday #moon #space #earth #internationalspacestation #spacestation #iss #sls #spacelaunchsystem #orion #nasaorion #lunar

NASAさん(@nasa)がシェアした投稿 –

さっきもディスクリプションのとこで触れましたが、動画ではNASAが再び月に戻り、その先の火星を目指していることが、過去の歩みに重なるように高らかに宣言されています。

そして、後半で次のようなナレーションが。

This is not hypothetical.
This is not about flags and footprints.
This is about sustainable science,
and feeding forward the advance of the human sprit.

Because we are the pioneers, the star-sailors,
the thinkers, the visionaries, the doers.

And because we stand on the shoulders of giants,
to go farther than humanity has ever been.

メッセージ性強いくて、カッコ良いですね。

これは仮説なんかじゃない、旗や足跡の話じゃない。
これはサステナブルな科学について、そして人類のスピリットをより遠くまで届けることなんだ、って。

最後にひとこと「We Are NASA!」。これは何回も見ちゃいます。

いつか僕らが自分の足で月に降り立つ日は来るでしょうか。

Embed from Getty Images