台北一ローカルな夜市でサメ食べながら200元(約700円)飲み!

台湾の夜、一度は行ってみたいと思っていた夜市。良く知られている士林夜市をはじめ、台北でも夜になるといろんな地域に市場が立ちます。

台北のなかでも、とりわけローカルな延三観光夜市へ。

歩行者天国でなく、延平北路三段沿いの歩道に屋台が並ぶスタイル。最寄りはMRT大橋頭。

夕方になると、あちこちで帰路を急ぐバイクの一群に遭遇します。

この延三夜市は、「台北一ディープなローカル夜市」なんだとか。この辺りは、中南部から台北に出稼ぎに来た人たちが仕事を待つ場所で、人が集まると屋台が出るのが台湾。

中南部から来た人たちの腹を満たす屋台となると安くて旨い!ものに淘汰されていきます。激戦区を生き抜いてきた台北究極の屋台群。
延三夜市 | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ

屋台や道路に面した店でにぎわっています。

素食というのは菜食=ベジタリアン料理のこと。元々は宗教的な理由で必要とされたお店ですが、健康などの面でも良さが認められ普及したそう。

今回の目的地は、民権西路側の入口すぐの場所に建つ「沙魚煙」の屋台。

沙魚煙=スモークの鮫です。これがウマいと聞いていたのです。

こちらは夕方にオープンして、いつも20時すぎには売り切れ終了になってしまうというお店。夜市発祥の時代からこちらで営業を続けているといいます。

まずは台湾ビールのクラシックで一杯。

頼んでいる人が多かった韮菜。シャキシャキのニラに鰹節と甘酢のようなソースをかけて。

写真がぼやけてますが、スモーク鮫の盛り合わせ(80元)。

サメ肉、ヒレ、尾など、いろいろな部位が入っているようです。「どれが欲しい?」と聞いてくれたと思いますが、答えられず。今回思ったのは、言葉が通じなくてもなんとかなりますが、言葉ができたらもっと楽しいということ。

サメはプルプルの部位あり、白身のような味のふわふわの部分あり。スモークすることで皮が香ばしくなっています。タレとわさびをつけて。

ボリュームがすごいので、この2品で満腹になりそう。全部で190元(約700円)でした。

一杯飲んで、珍しい名物メニュー食べてこの値段。雰囲気も台湾の夜って感じですごく良かった。

隣も「雞捲」の人気店らしく、すごい行列でした。湯葉で巻いた天ぷら?のようなメニュー。

夜市はトイレに困りますが、このマークがある場所は買い物なしでも利用できます。

この辺りだと、こんな具合。コンビニでも利用できそうですね。

雰囲気のある、ディープな夜市でした。

次回予告>いろいろごっちゃの台湾式居酒屋
 

「台湾」なら、このあたりも読んでみて
啤酒!啤酒!クラフトビール盛り上がる台北で新興ブルワリー直営パブへ
地元民の行列店・江蘇老趙刀切麺。勘で出会った牛肉麺は衝撃のウマさ
東京にいる妻のために台北のアイスモンスターでかき氷食べまくった
SIMなしwifiなしDLなしでGoogleマップ使えたんだけど、なんでなの?in台湾

ほかの「台湾」を探す

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。