地元民の行列店・江蘇老趙刀切麺。勘で出会った牛肉麺は衝撃のウマさ

昔ガイドブックの編集をしていたので(実は台湾も一冊やったことがあります)、ガイドブックの良いところも、そうでないところもわかっているつもりです。

良くないというと言葉が強いですが、制作の仕組み上どうしても帯びてしまう偏りというか。で、今回はwifiもなし、ガイドブックもほとんど読まずに台湾にチャレンジしています。

見せを選ぶときの基準は勘。判断材料はいろいろありますが、例えば地元のお客さんで一杯になってるか、とか。

朝ごはんのハシゴに、こちらの店に行ってみました。通りがかった時に、多くのお客さんが待っていたんですね。

メニューに写真がないので、字面と雰囲気で義太利肉醤麺をチョイス。

義太利肉醤麺、なんでしょう。いかにも地元で愛されていそうな力強いネーミング

出てきたのはこちら。

スパゲティ!義太利=イタリアか!!

地元らしいご飯を食べたかったので、ちょっと残念。でも、少しソースの肉ダシに台湾のニュアンスが入ってますね。

とすると、日本のナポリタンみたいなもので、地元のご飯といえばこれもそうですね。

ちなみに義太利の文字、街中を歩くと結構見かけます。

同じ日の昼、小籠包を求めて街をうろついていたら、お目当ての店が休みなのかみつかりませんでした。場所は淡水真義線、大安駅の近く。

真維市場のエリアだそう。聞いたこともない。

ごみごみしていて、バンコクとかで見かけそうな雰囲気。経済成長著しいとはいえ、やっぱりアジアなんですね。

小籠包は諦めかけていると、ちょうど近くには牛肉麺の店。江蘇老趙刀切麺

開店前にもかかわらず10人以上並んでいました。

これはあやしい。11時45分に11番目に並ぶと、12時10分にオーダー開始するまでに20人以上が並んでいました。台湾の人は行列を恐れません。

ただ、持ち帰りの人もいるので、料理が出始めるとあっと言う間です。

何にしましょう。炸醤麺(ジャージャー麺)も捨てがたいですが、ここはやっぱり牛肉麺か。

豚足みたいなものを一緒に頼む人が多いようでした。右から3番目かな。

牛肉麺というのは、「魯肉飯と並び、台湾人のソウルフードともいわれ、高級料理店から夜市の屋台まで、どこででも手軽に食べられる普遍的な料理のひとつ(エクスペディアより)」

醤油ベースの「紅焼」、塩味ベースの「清燉(清蒸)」という、大きくわけて2種類のスープがあるそうです。

麺係と盛り付け係で効率よく役割分担。

スープに肉のダシが出まくっています。見よ、これが地元民が愛してやまない牛肉麺だ!

トッピングの調味料をかけて。

外で食べる手もありましたが、行列の人の目も気になるし、涼しそうな部屋でいただくことに。

肉がすごい。肉が。

麺は平麺でもっちり。そしてスープ!これが醤油ベースだと…

牛肉のダシとエキス、少しスパイシーな味付け、牛の骨髄に頭突っ込んで吸っているかのような濃厚さです。滋味がすごい。衝撃です。

これはたまりません。量も多かった。大なんて食べれるのか。

次回予告>
  

「台湾」なら、このあたりも読んでみて
初タイガーエアで台北へ。足元が狭いけど窓際で寝れればあっという間
BRUTUS台湾特集に不満?現地で話題の「オリジナル表紙」が面白い
甘く濃厚、ご飯が止まらん。「金峰魯肉飯」の魯肉飯が絶品でヤバい

→ほかの「台湾」を探す

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。