甘く濃厚、ご飯が止まらん。「金峰魯肉飯」の魯肉飯が絶品でヤバい

到着したら朝ごはん。時差があるのを忘れていて1時間得した気分です。

深夜便を使うと、小腹がすいて入国審査後のフードエリアの誘惑に耐えられなくなりそうですが、着いても朝なので食べるともったいないですね。

若い頃と違って、胃袋の限界以上には食べられません。胃袋のリミットゲージをうまくやりくりしつつ、旅行期間でいかに食べたいものを食べられるかの勝負。摂取カロリーの面でも無理はできません。

台湾のごはんといえば、まずは魯肉飯。近くで、朝からやってる人気のお店に行ってみます。

やってきたのは淡水線で台北車站駅から2つ、中正紀念堂駅。

南門市場側の出口を出て少し歩きます。

そうすると、すぐに見えてくるのが金峰魯肉飯。地元の人に人気の店なんだとか。

台湾の人は、朝ごはんも外食する習慣があるそう。早餐店」と看板に書いてあるのは、朝ごはん屋さんです。

金峰は道路に面した、開放的な作り。持ち帰りと席を待つ人が数人いました。

同じタイミングで来店したおじさんと相席になりました。

メニューはこんな感じ。魯肉飯は大中小があるようです。それにしても安いですね。

紙にオーダーと席の番号を書いて、店員さんに渡します。朝なのと、いろいろ食べたいので小を選びました。いろいろな人が言ったり書いたりしていますが、これは食べ歩き(とくに一人)では大事なんだとか。

野性味があって格好良いおじさんが「注文の仕方わからなかったのか?」と中国語(反応できず)→英語で聞いてきたのをきっかけに、少し話をしました。

「どこから来たんだ」「台湾は何回目だ」といった話から、昔東京に仕事で行っていたという内容まで。

そうこうしているうちに、魯肉飯がやってきました。

小はお椀一杯分くらい。ちょうどよいサイズです。

じっくりと煮込んだほろほろの豚肉が美味しい!ほどよく脂身があって、しょう油ベースのタレがしみ込んでいます。かすかに八角の香りもして、すごくバランスが良いですね。

おじさんが頼んでいた野菜の炒め物も美味しそうでした。燙青菜。

お「どうしてこの店を知ってるんだ?」
私「(ネット上の)友人が教えてくれた」
お「そりゃすごいな。ずいぶん詳しいやつがいるんだな」
私「そうなんです。(ネットは)すごいですね」

なんて会話をしつつ、ごちそうさま。お皿はそのままで、注文票を持って入口のレジに行きます。

おじさんに「良い旅を」と声をかけられつつ、店を後にしました。良い朝食だ。

隣の南部市場をちらっと見ていきました。

1Fは乾物など。地下は生鮮食品がありました。

地元の人と観光客が大勢いました。

市場の裏手に地下に降りていくスロープがあって、市場の中にそのままバイクで入ってこれるのが、効率的というのか何というのか。

エネルギッシュで良い感じです台北。

次回予告>
 

「台湾」なら、このあたりも読んでみて
初タイガーエアで台北へ。足元が狭いけど窓際で寝れればあっという間
BRUTUS台湾特集に不満?現地で話題の「オリジナル表紙」が面白い
週末から台湾行くんだが、現地で話題のヤバいラテアートの店見つけた

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。