【鈍行で】郡山→東京は座れる時間ならゆったりノーストレス【4時間50分】

何度か行ったことのある場所には、いつもと手段を利用したくなる時ありませんか?

新幹線や飛行機ではなく、バス、鈍行の電車、船など。今回は福島県の郡山から鈍行で帰ってきた時の話です。

特急券なしで片道4000円の旅です(チケットは往復)。さあ行ってみましょう。

 

19:42 郡山発

東北本線は地上階にホームがあります。到着がギリギリになると、トイレも買い物も中途半端なままに出発することに。

見えにくいですが、会津若松行きに連結されて、食堂車がついた車両が止まっていまいした。しかし、ここは写真を撮るよりも準備をしておかないと後々後悔することになります。

水やおみやげを買う時間がありませんでした。

これですかね。新白河行き

4両編成で、ボタンを押してドアを開けるタイプです。東京とか都市部にしか住んでない人は最初戸惑います。

電車の中は暖かい。日常の足として電車を利用している人が結構乗っているようです。

長距離移動はトイレが心配ですが、車内にありました。新白河には20:23着。約40分の旅路です。眠くなってきた。

 

20:26 新白河発

寝て起きたら新白河。黒磯行きの発車まで3分しかない!ある程度、乗り換えスケジュールは頭に入れておいたほうが良さそうです。

同じホームの前方に電車が待っていました。走る乗客。撮る僕。駅名標を探す暇もありませんでした。

駅前はガランとしていましたが、東横インがあります。

黒磯行きは約25分、5駅の旅。小刻みに乗り換えがあると、退屈しませんね。

この区間はワンマンカーです。途中の駅は無人駅のようですね。

シートは横がけと縦がけの併用。縦がけは2人用もあります。

当然ですが、夜に鈍行乗っても外は真っ暗です。昼なら景色が変わって面白そうです。

途中で通過した黒田原駅。ここから見ると、ザ・駅です。取り立てて変わったものは見えませんでした。

もうすぐ黒磯駅です。

この区間、ずっと「水が飲みたい」と考えていました。トイレが近くなるのも困りますが、喉の渇きも厄介。飲みたい時に飲めないのは辛いので、水は欲しい時に買っておかないといけません。

 

20:56 黒磯発

50分着で、宇都宮行きが56分発。乗り換え時間は6分。連絡通路をわたり、向こう側に見えている列車へ。

途中、ワンマンカーの乗り方が書いてありました。ご査収ください。

6分は結構余裕があるので、急ぐことなく飲み物を買えました。ついでに少しばかり構内を散策。

昔の電車の行先表示でしょうか。

石川さゆりの歌じゃないですけど、昔の上野発の列車って、すごい遠い行き先が普通にありましたよね。

改札の奥には、皇族の方がお使いあそばしになると思しき重厚な扉がありました。

立派な扉。

那須御用邸を訪れる際に使うのが黒磯駅なんですね。昭和天皇も利用されるなど皇室と縁が深いようです。

 

ちなみに、こちらは僕も行ったことがあるタイの避暑地ホアヒンのホームの写真です。

赤い建物は王族専用の待合所です。この間、「陸海空 地球征服するなんて」の西村アースでも紹介されていましたね。

宇都宮行きに乗ります。もう宇都宮か。新宿からも宇都宮行きってあるくらいですからね。楽勝だな。

到着電車は21:48。1時間弱ですね。

仙台エリアと首都圏エリア、両方をまたがったsuicaの利用はできないので注意しましょう。

 

21:50宇都宮

ここはかなり乗り換えがタイト。階段を通って隣のホームまで行き、2分で乗り換えます。結構多くの人がダッシュしていました。

日常使いで毎日この乗り換えだったら、しんどいですね。無事に23:38上野着に滑り込みました。

乗り遅れると22:20宇都宮→23:50着 23:56赤羽→0:05池袋…となるところでした。30分変わるので、間に合ってよかった。

向こう側のホームはちょっと雰囲気が違う感じ。日光行きは行き先表示もシックな感じです。

…この2時間が難コース。

知ってる道のりなので気分的にも楽とか書いておきながら、長い辛い腰が痛い。

待てども待てども終わらない。乗ってる人は普段の湘南新宿ラインと変わらない感じなのに遠いんだなー。

22:16に小山駅着。4分ほど発車まで時間があったので気分転換のために買い物へ!

売店もそばも閉まっていた。手持ちのティッシュがなくなったので欲しかったんですが買えない。

アイスの自販機は、途中の乗り換え駅でよく見かけましたが、アイスはいらないんです。そんなにアイス食べるか?ってくらいあります。

小山駅からはドアのボタンモードが全開モードへ。

寝たり、本読んだりしている間も電車は進み、知ってる駅もちらほら出てきます。

久喜。久喜行きってありますね。
蓮田。神亀酒造のある駅です。
土呂。何かの用事で降りたことがある気がする。
大宮。やっと大宮か。

そして23:38に上野着。駅が大きいなあと上京したての人の目で関心。

最後は山手線を残すのみですよ。

 

23:45 上野発

上野から五反田までは地味に25分もかかるんですね。遠いな。

レトロな路線図、まだあるんですね。

まだ旅行のノリを引きずってますが、仕事帰りに山手線を撮影してる人みたら「何やってんだろう」って思いそうです。

旅行者だったらホームや電車で騒いでも「やれやれ」で終わりますが、それが日常の中だと非常識な人みたいになりますよね。

前にイギリスでロンドンからリバプールまで夜行バスに乗った時は、電話はするわ、スピーカーでヒップホップ聞くやついるわ、こいつらすごいな、周りに干渉しないって楽だなと思ったことがあります。

電車は空いていましたた。引き続きパソコンをさわるなどして到着。

 

まとめ

という4時間52分の旅でした。あっという間ですね。座ってパソコンやってるだけですから。家にいるのと変わらない。

これ座れなかったらめちゃくちゃ辛いですね。あと荷物が大きかったり、パソコン・携帯などの電池が切れていたり。

<まとめ(次回への課題)>

  • なるべく手が空く荷物で移動しろ
  • 出発駅には余裕を持って到着しろ(そしてトイレに行け)
  • パソコン、携帯の充電は満タンにしておけ
  • 必需品は補充しておけ
  • 膝とPCの間に挟む荷物を要準備(低すぎると続けられない。野菜とかが入ってたら間に置けない)
  • 見たい動画は家かホテルでDLすべし
  • 水は買っておけ
  • 喫煙者はつらいぞ
  • 乗り遅れるくらいなら写真はあきらめろ

居酒屋のトイレに貼ってある親父の小言みたいになりましたが。まあ、こんな感じです。次に生かしたいと思います。

郡山くらいなら、バスの方が時間的にも楽だし、値段も安い。ただ、東京行きの最終は18時台なので夜ご飯も慌しくなります。

少しでも長くいたいけど、新幹線を使うよりはお金を節約したい、という人はいいかもしれません。かなりニッチで限定的なニーズ。

青春18きっぷなら、全然ありですね。

おトクなきっぷ:JR東日本

JR東日本の特別企画乗車券「おトクなきっぷ」をご紹介します。フリーエリアが乗り放題になるきっぷや往復割引、回数券、フリーパスなど条件を指定して検索できます。

18きっぷって「水曜どうでしょう」みたいな体当たり系の企画にしがちですが、こういう近距離の一人旅にはいいかもです。2日で最南端の駅までとか、5日で日本縦断とかまでやらなくても。

あと準備は結構ちゃんとしたほうがよさそうです。新幹線や高速バスと違って、休憩時間があるわけでもなく、トイレや売店があるわけでもなし。乗り換えがタイトで買い物が間に合わない可能性もあるので、飲み物、(必要なら)おやつ、ティッシュ、充電などなど最初の駅で全て整った状態でスタートできるのがよさそうです。

勝手に鈍行の旅でした。次はどこでやることになるでしょうか。

 

乗りもの」なら、このあたりも読んでみて
初タイガーエアで台北へ。足元が狭いけど窓際で寝れればあっという間
東京⇔南紀(新宮・那智勝浦)はどのルートが一番行きやすいのか問題

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。