人気すぎて入れない…立会川「鳥勝」はテーブル席なら焼肉もかなりアリ

京急の立会川駅に「鳥勝」という酒場ファンなら誰もが知るお店があります。

祐天寺から立会川に移ってきたのが確か30年くらい前。自分のおねしょが終わらないくらいから続く地元に愛されるお店です。

最近、取材をきっかけに訪れて、またちょこちょこ行くようになってるので、このお店のすばらしさについて改めて書いてみようと思います。

お店は16時半オープンなんですけど、開店前から列ができてるのが普通。よくそれで1回転目が埋まっちゃうことがあります。

店内はこの雰囲気!壁の色と味のあるメニューが酒場ファンの心をわしづかみにします。

この立会川の小さなお店が、多くの人に知られるようになった理由のひとつは「とんねるずのみなさんのおかげでした」なんだとか。

「きたなシュラン」という企画で取り上げられ、しばらくは遠方からも客がつめかけるなど、すごい影響があったそう。

この間もTOKIOの松岡くんが出演する「二軒目どうする」のロケが来たと言ってました(この番組、結構いいとこ行きますよね)。

飲み物はホッピーやレモンサワーなど焼酎割りが360円、ビールが500円くらいです。酎ハイは250円だったはず。割り材はホッピー社のものです。

 

ジョッキ半分くらいまで入った焼酎にレモンを注いでいきます。くーっ、ウマそう!

常連さんは焼酎をボトルでキープ。ダイヤ焼酎が、一升瓶で2000円、キープ1ヶ月です(置く場所がないと量り売りのみの日もあり)。お代わりのときの氷はセルフサービスで。

お店は年配のご夫婦おふたりでやっていて、毎日とても忙しそうです。メニューは紙に書いて、氷や水を自分で取りに行って、と常連さんをお手本にお店の方が楽になるようにしてあげましょう。

種類が多い肉の部位やメニューですが、個人的にいちばんオススメなのは煮込み。圧倒的鉄板。

何がすごいって、モツがとろっとろなこと。こんなの食べたことないよ!その日の午前中から煮込むそうです。

刺し系(一部は低温調理)のおいしさはもつを生業にして長い専門店ならでは。生野菜も定番ですね。マヨネーズとピリッとするタレがかかっています。

鳥勝はやきとりの店で、豚のもつや牛の内臓系といった串モノがメインですが、テーブル席には小さな焼肉ロースターがあって焼肉を楽しむこともできます。

この写真はミノ、コメカミ、ハラミ。もみダレは甘辛系のタレです。

毎日店主さんが品川で目利きして仕入れてくる素材なわけですから、そのまま焼いておいしくないわけがあるでしょうか。いや、ないでしょう。

小さな鉄板の上で焼いていただきます。この肉の輝き!

味付けがしっかりしていて、どこか懐かしい美味しさ。脂がしっかりのったA5ランクの焼肉もいいですけど、こういう風に酒場の裏メニューで素材の味を活かした焼肉を味わうのも良いですね。

テーブル席は運がよくなければ座れないのがちょっと残念ですが。ただ、前にお母さんに聞いたことがあるんですけど、カウンターでもやろうと思ったら焼肉はやらせてくれるらしいです。どうしても食べたければお試しあれ。

トイレの注意書き。トイレは店内で済ませてくださいね。でないと罰金5000円ですよ!

お店で会ったらキープボトルを一緒に飲みましょう。予約はできないのでご注意を。

鳥勝
東京都品川区南大井4-4-2
03-3766-6349
16:30(土曜16:00)~21:00
日曜・祝日休み

「酒場」が好きなら読んでみて
新子安の「市民酒蔵 諸星」は日本酒と隠し酒がヤバい名酒場だった
大阪出張で使える!天満の銀座屋はコスパ最強クラスの立ち飲みだ

「焼肉」が好きなら読んでみて
誰にも教えたくない!池袋から約10分のホルモン牛若は最高の隠れ家的1軒
【最新版】新大久保マニトがメニュー変更!新「赤字セット2」徹底レポ
湘南エリアの人気店・焼肉ざんまいは異次元のコスパで色々すごい