新大阪で駅弁?誰に何を言われてもワシは「元祖 たこむす」一択や!

1日の半分くらい何を食べようか考えています。

食べたいものの数と胃袋のサイズ、財布の中身を考えると、おそらくこの人生で食べたいものを食べきれることはないでしょう。でも時々ムリをしたくなることもあります。

東京から出かけた時、現地で飲んで食べてした後、帰りに駅弁を買ってしまうのなんてまさにそう。新大阪だったら「元祖たこむす」が外せません。

名古屋や三重の津で食べられる「天むす」は割と馴染みがありますが、たこむすとはこれいかに。初めて聞いた人はそう思いますね。

パッケージには、

お!タコ飯とたこ焼 運命の出会いやで!

とあります。確かに押出しの強さと勢いは大阪らしさ十分。「大阪名物」の言葉にも偽りがありませんね。

販売場所は大阪駅、新大阪駅、天王寺駅、伊丹空港、関西国際空港といった施設の売店のほか、阪急うめだ、阪急千里店、大丸京都などの柿千(メーカー)でも予約すれば購入できます。

新大阪駅の新幹線改札内はジュース屋さんの近くのお弁当屋さんで販売。

柿の葉寿司、天むすと並んでたこむすがラインナップされています。

新幹線の時間を気にしながら、たこむすを購入します。弁当屋から自由席の車両までは割とキョリありますよ。

落ち着いたタイミングでたこむすをオープンします。

新大阪→京都は品川→新横浜と並んであっという間についてしまう駅間なので、通路側に座って食べ始めてしまうと、次の駅で不本意にもたこむすタイムをさえぎられてしまうおそれがあります。

パカーっ!

海苔にたこ焼という暗い色味の見た目!写真映えも難しそうです。

でも、そんなのはわかっていること。ワシはいいねが欲しいんちゃう!たこむすが食べたいんや!

香りがよくしんなりとした海苔で巻かれた、これまたふやけた見た目のたこ焼。おいしそう。

いただきまーす。

味ですか?味は、見た目通りです(笑)

だが、それが良い。しっとりして少しモチっとしたやわらかい衣を噛んでいると、中からたこがコロリ。

たこ焼とご飯って合うのかよ、って思ってしまいそうですが、タコ飯、海苔との相性も申し分なし。味や食べやすさ的には10個くらい行けそうですが、ちょっとお腹が重くなるので5個くらいでちょうどよいかも。

マヨネーズがついてるので上にかけても最高ですよ。マヨの酸味とまろやかさが、”たこむす食い”たちを新たなゾーンに誘ってくれます。

ちなみに、たこむすはおみやげにも最高。家に帰って温めて食べてもウマいです。

マヨネーズとおしぼり、抗菌シートをとりだしたら、箱のままチンするだけ。温かいとまたいいですね。

関西方面に出張・お出かけの際にはぜひたこむすをご体験ください。個人的には、たこむすを手掛ける柿千グループの「廻転寿司 魚庭」もめちゃくちゃ気になっています。堺に行くときは必ず足を伸ばします。

「弁当」が好きなら読んでみて
【弁当】プロも絶賛する五反田の鶏肉店・信濃屋、唐揚げ弁当が超うまい
【弁当】元地元民オススメ!御嶽山「おもに」の焼肉弁当が高コスパでお肉天国 ←人気記事!
【弁当】三宅島の「のり弁」は島で食べてよかったランキング1位かも