地面師で話題“55億円の土地” 隣の「そら豆」はランチが最高な人気店

仕事の用事があって五反田に来ました。

五反田と言えば最近話題になっているスポットがありますよね。旅館「海喜館」跡です。

このオンボロの建物が何か?と思った人もいるでしょうか。

ここは、最近ニュースを賑わせている55億円詐欺事件の舞台となった土地なんですね。

地面師という聞きなれないワードもさながら、自分のものではない土地を大手不動産会社に打ってしまうという大胆不敵な犯行に驚いた人も多いことでしょう。

犯行グループの多くは年配で、専門の異なるフリーのプロフェッショナルが集まって今回の詐欺事件を成功させた(失敗か)のだから、恐れ入ります。

まさに老人界のフランク・アバグネイルもとい、東京のオーシャンズ11です。何人いるか知らないけど。

55億円の土地はまあなんでもいいんですけど、さすがに都内の一等地だけあって、目黒川に面した側から反対側までかなり敷地が広いんです。

写真が裏側になるんでしょうか。今、僕が写真を撮っている後ろにあるのが、激選区・五反田の人気店「そら豆」です。

五反田はサラリーマン層が多、昼時になると休憩時間の人が街に流れ込み、どこの店舗も忙しくなりますが、中でもこのそら豆は一瞬で一杯になる印象。

味はもちろんのこと、値段が安く、ボリュームがあり、提供が早い、というリーマン的・三大ランチの重要ポイントをこれでもかというくらい押さえていて、とても使いやすいんですよね。もちろんお客さんには女性も多いので、ただのガッツリ系ランチではありません。

夜は肉バルとして営業しているだけあって、居心地の良い空間でお酒が多いです。

ある日のメニューです。680円から880円のレンジで、食べ応えのありそうなものが揃っています。

メニュー名の下にあるひとことキャプションがじわじわ来ますね。

トンテキ(880円)の写真です。

お盆の上にのっているのは、ご飯、みそ汁、メインのトンテキです。

ご飯の炊き具合はばっちり、みそ汁は和風だしに加えて、甲殻類のダシも出ていて美味しいです。

どーん!見てください。トンテキがとにかく分厚い。

厚さにして2cmくらいあるんじゃないでしょうか。

ナイフで縦に切っても、端っこ以外はひと口で食べられないほど!大きいだけじゃなく、豚の旨み・甘みが強くて、それがおろしソースと合わさってたまりません。

もう少し横から見た写真です。

トンテキだけでお腹パンパンになりそうなくらいのボリュームですが、肉が本当に弾力とかみごたえがあるけど、中は柔らかくてすごく美味しい。

もやしもどっさり。トンテキのソースがかかってないところは、卓上のマヨネーズをちょっとたらすと新たなおかずになりますよ。

トンテキはボリュームがあるんだけど、そのままでも美味しいのでご飯があまりがち。でもご心配なく。そら豆ではランチタイム、納豆がサービスです。

至れり尽くせりとはまさにこのこと。

ランチに嬉しいポイントをすべて押さえたそら豆。近くに行ったらぜひ行ってみてください〜。

「すいません、満席ですー」って言われるとガックリしちゃいますが、回転が早いので結構すぐ座れることが多いですよ。

そら豆
東京都品川区西五反田2-26-3 桔梗ハイツ1F
050-5595-4780
11:30~15:00 17:00~23:30
無休

「五反田」が好きなら読んでみて
私を地獄に連れてって…五反田で激辛なら「地獄の担担麺 護摩龍」
五反田「フランクリン・アベニュー」はハンバーガーデートにも良さそう
絶品、必食メニューしかねえ!食堂とだかで美味しかったオススメ12選【2017年】

「ランチ」が好きなら読んでみて
キッチンすみっこで感動して「好きな洋食屋を聞けば人生がわかる」と思う

会社のデスクでレトルトカレーを食べるための画期的方法を発見
辛さ、痺れ、旨み!雲林坊の「汁なし担々麵」は完璧なバランス