【新大久保】超おすすめ韓国料理ランチ16選!グルメ好き編集者の本気まとめ

辛いものと唐辛子、あと韓国料理が好きです。

会社は新宿にあるんですけど、新大久保・大久保は頑張れば歩いて行ける距離なので、時間に余裕がある日に通っているうちに、いろんなお店に詳しくなりました。

今回は新大久保・大久保に足しげく通っている僕が、初めてでも一人でも入りやすい、お気に入りのランチ店を紹介します。

新大久保は店が多すぎて、何も準備せずに行くと迷ってしまうので(あまり実用的ではない情報サイトも多い!)そんなときの手がかりにしてください。

新大久保おすすめランチ① でりか おんどる

新大久保ランチの定番!韓国料理なら外せない人気店

みなさんも良く知っている「でりかおんどる」は、休みの日だけでなく、平日でも昼時になると長い行列ができる、新大久保エリアで一、二を争う人気店です。ただ、雨の日や平日でも14時以降などピークを外したタイミングを狙えば、意外とすんなり入れるのでランチ使いも可能です。

全体的にリーズナブルな値段を考えると、驚くほどレベルの高い韓国料理ランチが味わえる定番の一軒です。

雰囲気:全体的に年齢層が若く、女性グループやカップルが多いように感じます。高校生と思しきお客さんもたまに見かけますね。

そういう客層なので店内は人の話し声でかなり賑やか。多少騒がしくても落ち着ければ一人でもいいし、数人なら周りを気にせずに楽しめるんじゃないかなと思います。音楽は韓国のポップミュージックがかかっています。

メニュー:多彩な韓国料理のラインナップ。値段は750〜1000円くらいのレンジ。新大久保的にはまあまあの値段ですが、基本的にボリュームがあって味も文句なしです(クリックで拡大します)。

味・感想:まず6種類のおかずがおいしい。惣菜&弁当のテイクアウトショップも展開しているので、この辺は間違いないですね。すいません、写真がヘタすぎて時空が歪んでます。

おんどるではキムチ系スープを頼むことが多いですが、どれもアサリと牛系のダシがしっかり効いていておいしいです。

値段が下がると、どうしてもコクが足りなくなるお店もありますが、値段相応かそれ以上に満足できます。ビビンバ系もおすすめです。

コメント:人気、味、値段の三拍子揃った新大久保ランチでは定番であり、基本の一軒です。

特に決めている店がなく、前を通りがかってすぐに入れるようだったら、飛び込んでおいて間違いないですね。メニューの種類豊富なので自分好みの一品があるはずですよ。

でりか おんどる 新大久保本店
東京都新宿区百人町1-3-20 エスケイビル1F

03-3205-5679
10:00〜1:00(ランチ〜16:00)
無休

新大久保おすすめランチ② セマウル食堂

誰もがハマる韓国有名チェーンの意外なメニュー!マジで必食

ご存知の通り(僕は知りませんでした)、韓国では多くの店舗を展開する有名チェーンの日本2号店です。1号店は小岩にあって、3号店も以前に三軒茶屋にオープンしましたがこちらは現在は閉店。

ランチメニューの設定がないお店ですが、リーズナブルな料理も多く、一人でも数人でもランチ利用がしやすいお店です。個人的にすごく好きでオススメしたいので、長くなってしまったらスミマセン。

雰囲気:ランチタイム・ランチメニューがないお店のためか、客層はバリエーション豊か。新大久保で働くコリアンの人から、飲み帰りのホスト、僕のような一人ランチまで色々で、タイミングによっては賑やかです。

ただ、うるさいというほどではなく、ちょうど良い雑音くらいなイメージで意外と落ち着きます

メニュー:オリジナルクッパをはじめ、チヂミ、トッポギあたりは600〜700円台。おかず、ご飯もついてくると考えると、定食としてもリーズナブルな値段です。

本場の味そのままを提供するセマウル味噌チゲ(780円)、お店の名物・7分豚キムチチゲ(720円)なんかも濃いめの味付けが好きな人には良いかもしれません。

またメニューの変更がない通し営業のため、昼から焼肉メニューを食べてしまうことも可能。

値段もプルコギが1000円以下と、ランチとしても手が出る価格設定です。1人前だと調理されてくるので、2人以上いた方が楽しめるかもしれませんね。

味・感想:個人的に超ハマったメニューがこちら、サバルチュモクバッブ

え?なにその料理。ただの海苔?

…と思ったんじゃないでしょうか。

これは、ご飯の上にたくあんとゴマ油、特製ソース、マヨネーズがかかっていて、その上に韓国のりがのった、その名も「どんぶりお握り」というメニューです。

手袋をして自分で混ぜておにぎりにして食べるんですけど、調味料の配合、海苔の絶妙な塩気が重なって、とにかくウマい!

簡単そうなので家でマネしようとしても、なかなかこの味にならない。食べていると手が止まらなくなって、スプーンでそのまま行きたくなります(現に行ってます)。これはぜひ食べてほしいですね。

これは7分豚キムチチゲ。地獄の鍋的なビジュアルですが、それほど辛くはありません。ただ、ちょっと塩が多いかな。セットでご飯とおかず、韓国のりがついてくるので、自分好みの豚チゲどんぶりにして食べられますよ。

コメント:セマウル食堂は、ランチ使いする人はそれほど多くなく、地元のコリアンをはじめ常連が多い穴場的な一軒ですが、お手軽メニューもそこそこあって昼でも楽しめます。

サバルチュモクバッブ(どんぶりお握り)は本当に騙されたと思って一度食べてみてください。

セマウル食堂 新大久保本店
東京都新宿区百人町1-1-4 T.Kビル1F

03-6205-6226
11:30~3:00
無休

新大久保おすすめランチ③ モイセ

ランチの使い勝手良し!一度は食べたいモイセの豚バラ肉

大久保通りからイケメン通りに入ってすぐのところにあるのが、豚バラ肉が名物のモイセがあります。

豚バラ肉はもちろん夜も食べられるので、お酒と焼肉なんていうのも最高ですが、モイセがオススメなのはランチタイム

雰囲気:他の人気店や新しい店と比べると、比較的空いていて入りやすい店です。一見さんはあまりいないのか、来慣れているお客さんが多い印象があります。

1人でも4人席のテーブルを使わせてくれることがあり、周りを気にせずのんびりできます。あと、ここ大事ですが、店員さんがすごく親切

メニュー:ランチメニューは家庭料理のセットが780円と980円、肉ランチは豚バラが980円、豚カルビが1500円です。

豚カルビが「人気No.1」ですが、個人的にはバラ肉が大好きです。他では食べられないボリュームとおいしさ…。

味・感想:おかずは5種類とレタスのサラダ。どれもおかわりできます。これと別にサンチュもついています。

レタスの皿が結構大きいことがわかりますが、サラダもおかわりできるのでお腹一杯になってしまいそう。少し酸っぱい韓国ゴマドレッシングも◎。

切ったあとは少し小さく見えますが、分厚い豚バラ肉。厚さなのか素材が良いのか、どうも他店の豚バラ肉よりも旨みがしっかりしていて美味な気がします。

さすが名物。これは一度食べてほしいです。

コメント:入りやすい、おいしい、量も満足、とランチに必要な要素が三拍子揃ったモイセ。焼肉ランチの価格としても妥当なラインで、一人でも数人でも楽しめるお店だと思います。

焼肉は店員さんが焼いてくれるスタイルですが、親切な人が多いのであまり負担になりません。キムチを焼いてバラ肉と一緒に食べるのがすごくおいしいですよ。

モイセ
東京都新宿区大久保1-15-11
03-3205-2373
11:00~2:00(ランチ〜15:00)
無休

新大久保おすすめランチ④ マニト

Twitterでバズった有名店!一度は食べたい「赤字セット」

イケメン通りにあって、一時期はネットでバズって行列がすごいことになっていたのが「マニト」です。このブログもGoole3〜6位くらいをウロウロしてますが、なかなか検索流入は途切れませんね。

関連記事 >> 【最新版】新大久保マニトがメニュー変更!新「赤字セット2」徹底レポ

名物の「赤字セット」はメニュー変更前ほどの破壊力はなくなっていますが、それでも複数人で行くなら大満足の内容。平日のランチ時は意外とすんなり入れることがあるので、2〜3人で焼肉ランチがしたい時はプライオリティ高めの選択肢の入れてもいいかもしれません(通常メニューもあり)。

雰囲気:メニュー変更後は3人くらいじゃないとランチとしては割高になりがちなので、昼間は意外と空いています。一時期は全く入れませんでしたけどね。

それほど広くないスペースにテーブルがぎっちり並んでいますが、それほど窮屈せず座ることができます。たまに外から店内の様子が見えますが平日の昼マニトは羨ましいな〜。

メニュー:ほとんどの人が注文する赤字セットは牛タン、中落ちカルビ、本日の肉の3種の盛り合わせで合計550gで2380円(税抜)。

チゲなどスープ系のメニュー、ビビンバ、冷麺などの単品メニューもあります。

味・感想:見た目にも美しい4種類の肉は、「良コスパ」では片付けられず、素材が良く普通においしいです。焼肉は店員さんではなく自分で焼くセルフスタイル(日本でいう普通の焼肉)。

サラダ、キムチはお代わり自由で好きなだけ食べられるのが嬉しいですね。

しっかり焼いて食べましょう。休みの日だったら絶対ビール飲みたくなるな。

コメント:近所で働く人が普段使いに使うにはレベルが高いかもですが、時間がある日や休みの日に数人で使うようなシーンでは積極的におすすめですね

手頃な値段で韓国焼肉をとことん堪能できる、人気にも納得できるお店です。一度ぜひどうぞ。

韓国料理マニト
東京都新宿区大久保1-13-6
03-6380-3531

11:00〜翌1:00
無休

新大久保おすすめランチ⑤ キムチ 僕ん家

ワンコインのレベルが高い!路地裏の穴場的な人気店

職安通りの山手線から数えて2本目の道を入ってすぐのところにあるキムチ僕ん家。店の前は、大久保通りやイケメン通りといったメインの道ほど人通りがないんですけど、ランチ時でもお客さんが並ぶほどの人気です。

有名なのはお得なワンコインランチですが、それ以外にも焼き肉セットやメジャーどころの韓国料理が充実しています。

雰囲気:女性のお客さんを中心に満席のことが多く店内は賑やか。新大久保に遊びに来ている感じの人が結構盛り上がってるので、一人ランチに慣れてないと落ち着かないかもなあという気もします。

なお表からは満席に見えても奥の広い座敷が空いてることもあるので、一度店員さんに聞いてみるのが吉です。

メニュー:1000円からのランチ焼肉のほか、600円〜のランチ定食、スープ定食などのワンコインランチがあります。

意外な名物がハンバーグ定食。自家製ハンバーグを使っていて、ソースを選ぶことができます。

味・感想:キムチ僕ん家ではワンコインランチを食べることが多いんですけど、値段よりは満足できることは間違いないですね。

スープ定食は、ご飯、おかず、サラダにメインがつきます。おかずはひと皿にナムルとキムチが盛られているコンパクトなもの。

キムチチゲです。アサリのダシが出ていて、唐辛子もビシッと効いています。

どちらかというと軽めの味わいですが、ちゃんとキムチチゲとしておいしいですよ。例によってメチャクチャ熱いです。

コメント:値段が比較的安くて味わいも納得。数人で行く時に穴場的なお店として使えそうです。

夜も安くて人気があるようで、お店の前で並んでいる人をよく見ます。一度行ってみたいですね。

キムチ僕ん家
東京都新宿区百人町1-5-6 白萩ビル101
03-6457-3215
11:00~0:00(ランチ~16:30)
無休

新大久保おすすめランチ⑥ ヘラン

チーズタッカルビが1人前から!新大久保ファン御用達の名店

大久保通りを東新宿駅方面にしばらく進み、食べ歩きの人や韓流ファンが少なくなってきたあたりに位置する有名店が、こちらのヘランです。

TVで紹介されることが多い一軒ですが、一見さんだけでなく、地元の人や新大久保に足繁く通っている人たちで賑わっているような感じです。

雰囲気:昼時は多くのお客さんがいますが、場所柄初見ではわかりにくく、またお店も広いので、いつもスムーズに入れるようです。お客さんは大半が女性の印象を受けますが、ランチ時には近くで働いているサラリーマン風の人も見かけます。

店内は話し声で賑わっていますが、店内が広々としているので、うるさいと感じることもありません。一人でも座れるカウンターっぽい席も何席かあります。

メニュー:11時半から16時までの長めのランチタイムでは、定番の韓国料理からチーズカルビやチーズタッカルビなどのセットが楽しめます。価格帯は単品が1000円以内、セットがそれぞれ1380円です。

目玉はなんといってもセットメニュー。ランチで食べようと思うと、2人前からだったり、1人用でも2000円近くかかってしまう店は新大久保でも結構ありますが、1人用で1000円ちょっとでこのスペシャルセットが味わえるのはお得感ありですね。

ランチ時間帯は、どのメニューを頼んでもセルフ式のおかずがお代わり自由になっています。キムチやサラダなどおかずが6種ほど。

味・感想:個人的に好きなのは、やっぱりチーズタッカルビ。大勢で大きな鍋でドン!っていうタッカルビが多い中、このサイズで1人で食べられるのは嬉しいです。

甘辛く味付けたタッカルビにたっぷりチーズがトロ〜り。こってり系チーズを使うお店もありますが、こちらはあっさりとしたチーズを使用しており、バランス良し。食べ飽きずに一皿ペロリと食べてしまいます。

セットメニューの場合は、サラダ、キンパ、卵焼き、トッポギがひと皿になったものもついてきます。キンパがおいしい。全部食べたら夜までお腹いっぱいです。

コメント:ふらっと寄るには新大久保駅から少し歩きますが、人があまり多くないエリアなので、のんびりとおいしいランチを食べたい時にオススメです。

ボリューム推しのお店ではないですが、メニューやおかずが充実していて満足度が高いヘラン。さすが人気店だけあって、どこをとっても優れている総合点の高い一軒だと思います。

ヘラン
東京都新宿区大久保1-15-18 みゆきビル1F
03-3204-0841
11:30~0:00(ランチタイム~16:00)
無休

焼肉ヘラン 新大久保店

新大久保おすすめランチ⑦ コサム 冷麺専門店

タレが絶品!さっぱり美味しい冷麺が食べたい日に

新大久保と西武新宿の間、山手線から数えて3本目の角にある、職安通り沿いのセブンを曲がったところに建つのがコサム 冷麺専門的です。カンホドンチキンの1Fですね。

名前の通り、韓国風の冷麺をメインに扱うお店です。

雰囲気:店内は広く、入口側に大きく窓が取られているので明るいです。

昼時は女性客が多いですが、騒がしいほどではなく落ち着いて食事ができます。韓国系の動画がモニターで流されていて、音楽付きです。

メニュー:昼夜通しでの営業でメニューはどの時間も同じもの。単品で800円台から冷麺や焼肉、鍋、タッカルビなどが楽しめます。やはり一番人気は冷麺で、ビビン冷麺水冷麺があります。

味・感想:冷麺は結構なボリューム。ハサミで切ってもひっつきやすいので、手早く混ぜ合わせる必要があります。

麺がプリュンとした食感で、甘辛いタレやきゅうり・大根と絡めるとおいしいです。辛さはそれほどでもなく、コチュジャンの甘みがクセになります。

セットにすると豚の炭火焼肉付き。こんな感じ↓で結構ボリュームあり。セットの肉は焼いた状態で持ってきてもらえます。

この肉を麺とタレに絡めるとおいしいんだ、これがまた。

やかんの冷肉スープを追加すれば、途中で味変もできます。辛さが増してピリッとした水冷麺になります。

コメント:韓国料理店が並ぶ新大久保でも数少ない冷麺専門店。1000円程度で焼肉ランチが食べられる店もあることを考えると、やや割高にも思えますが冷麺だけでもボリューム満点。味も文句なしなので、おいしい冷麺が食べたい日に行ってみるのが良いと思います。

コサム 冷麺専門店
東京都新宿区百人町1-1-26 第三サタケビル 1F

03-6233-7081
11:00~0:00
無休

新大久保おすすめランチ⑧ やさい農家

ヘルシー食べ放題で嬉しい!野菜食べるなら「やさい農家」

大久保通り沿いとかに「新大久保ランチ 野菜」でヒットしそうな人気店もありますけど、行列ができていて気軽なランチ使いにはちょっと難しそう…。

そんなときに僕がよく使うのがイケメン通りにあるやさい農家です。

雰囲気:やさい農家は地下にあって店内の様子が見えないからか、割とすぐ入れる印象。とはいえガラガラってこともないですが。

席はゆったり目で、それほど騒がしくもないので、食べ放題しながらゆっくり話ができるお店です。お店は決して汚くないけど、めっちゃキレイってほどでもない、ニュアンスが難しいですね、そんな感じだと思います。

メニュー:ランチはなんといってもサンパセット。90分1700円でサムギョプサルと野菜が食べ放題です。

特に野菜ですね。野菜が食べたい人には最高です。ビビンバとチゲなんかもあります。

味・感想:サムギョプサルは極薄切りですが、味は普通なもの。薄さについても、お代わり自由なので豪快にまとめて食べれば問題クリアです。

それよりもやさい農家に来たら野菜です。約30種類ある野菜が食べ放題なんです。これがすごく楽しい。

サンチュとかゴマの葉とか韓国料理店ではポピュラーなものから、名前はよく知ってるけど食べたことないもの、名前すら聞いたことないものまで、いろんな種類があって味の違いを比べられます。

コメント:1000円ちょっとで絶品の焼肉セットが食べられる新大久保の基準からすると、肉はちょっと物足りなさを感じるかもです。

ただ好きなだけ食べられる野菜やおかず、チゲなどもあるので値段と同じかそれ以上の満足感はあるかなと思います。ここは好きです。

関連記事 >> 好きなだけ野菜を!新大久保「やさい農家」のランチ食べ放題が使える

やさい農家
東京都新宿区大久保1-16-22
03-6380-3899
11:00〜23:00
無休

新大久保おすすめランチ⑨ 味ちゃん3号店

(作成中)

味ちゃん3号店
東京都新宿区百人町1-15-19 マルスビルB1F
03-5338-8776
12:00~5:00(ラストオーダー4:30)
無休

新大久保おすすめランチ⑩ 梁の家

駅そばの穴場的有名店。現地の味が好きな人向けの一軒

新大久保でランチを食べようと思うと、ついお店が集まっている山手線の内側に行ってしまいがちですが、駅周辺にも良いお店がいくつもあります。

そのひとつが、新大久保駅を左に出てすぐの通りにある梁の家。テレビや雑誌でもよく取り上げられる有名店です。

雰囲気:店内はテーブル席と座敷に分かれ、広々としています。壁にはお店に訪れた芸能人・著名人のサインが所狭しと貼られています。

場所柄、こちらの通りはそれほど遊びに来た人がおらず、店内も広いためランチ時でも割とすんなりと席に座れる印象です。女性を中心にお客さんは少なくありませんが騒がしいこともありません。

メニュー:ランチメニューはビビンバやチゲ、ソルロンタン、サムゲタンなど定番の韓国料理が揃っています。価格は700円くらいからだったかと思います。

具材をたっぷり使った石焼カルビビビンバや海鮮スンドゥブチゲはややお値段が貼りますね。

味・感想:日本人に合わせて調整した韓国料理というより、本場そのまま寄りの味なのかなという気がします。

例えばスンドゥブはダシはアサリに牛骨系で唐辛子も利いていますが、多くの日本人が食べ慣れているダシは使われておらず、甘みも控えめのタイトな味わいなので、人によっては辛くてコクが足りないように感じるかも。

でも、韓国料理が好きな人はすごく好きだと思います。安いランチの店で多い粉っぽいうま味調味料の味はせず、深みのある発行調味料的な味も感じられました。

あと梁の家、パンチャンがすごく美味しいです。キムチもそうだし、この写真だと左上の里芋とイカを甘くしたやつ。これだけを食べに行きたい超絶品でした。

コメント:山手線の一本横の通りをしばらく進んだところにある梁の家は、メディア取材も多い有名店ながら入りやすい、困った時のとっておきにしておきたい一軒でした。

味は韓国で食べるような本格的な味わいで、値段もリーズナブルなものもあり。この辺りでお店を探している時は入っておいて間違いないのではと思います。

梁の家
東京都新宿区百人町1-10-5
03-5386-4680
11:30~14:30、17:00~0:00(日祝15:00~0:00)

新大久保おすすめランチ⑪ チョンガネ

(作成中)

チョンガネ
東京都新宿区大久保1-12-3
03-3232-2515

11:00~0:00
第2・第 4火曜休み

新大久保(大久保)おすすめランチ⑫ 王家

本場さながらの絶品韓国ランチ!知る人ぞ知る名店

大久保駅のもう少し西、小滝橋通りを渡って路地に入った場所に立つのが、隠れ家的な名店「王家」です。ここは好きになる人はすごい好きだと思います。

元々はキムチ専門店として近くで10年以上前に創業。今の場所に移転して4年になるそうです。

雰囲気:わかりにくい場所で、基本リピーターしかこないというお店なので、ランチ時はお客さんがそれほど多くなく、いつもスムーズに入れます。お店は結構広くて、4〜6人がけのテーブルが6卓くらいあったかな。

自分以外誰もいないなんてこともしばしば。料理を出したあと、おばちゃんが隣に座ってテレ東のドラマを見ながら世間話し続けたこともあります。店内は広いですが、そういう雰囲気なので一人でも全く問題なし。

メニュー:600円が基本で、スンドゥブ、キムチチゲ、ビビンバ、ユッケジャン定食、キムチチャーハン、石焼ビビンバなどなど11種類があります。

味・感想:ランチセットのスンドゥブです。メインのスンドゥブにご飯、おかず5種(おかわり自由)。

専門店だけあって、おかずのキムチがすごく美味しい。白菜は市販のものとは味の複雑さが違って、ゴマの葉やもやしのキムチも絶品でした。

スンドゥブは韓国で食べるような本格的な味。牛のダシがすごく効いてて、アサリ、唐辛子、韓国風調味料が加わり、旨みと辛さがしっかり。

石焼ビビンバもおいしい。ご飯が少しやわらかいですが、卵、海苔(本場の韓国海苔で食感が違う)、コチュジャンを和えた野菜、豚肉、ナムルなどを混ぜた時の幸せさ。

コメント:料理はどれもおいしくて、600円なら大満足。特にキムチですが、おかずのクオリティも他店とは少しレベルが違うと言っていいでしょう。

アットホームでおばちゃんも親切、料理も絶品で価格もリーズナブルと、良いとこづくめです。少し遠いのと時間によってはガランとしたのが気にならなければ、どんなシチュエーションでも楽しめそうです。

関連記事 >> 【大久保】隠れ家的な名店「王家」のランチを本気でオススメしたい

王家
東京都新宿区北新宿1-6-18

03-3361-6811
11:00~14:00、?~22:00
日曜休み

新大久保(大久保)おすすめランチ⑬ 焼肉ケナリ

大久保では珍しい本格和牛焼肉と韓国料理のお店

新大久保駅から歩いて1分くらい、ビル2階にある和牛焼肉の専門店が「焼肉ケナリ」です。同じビル(隣?)の1階には大久保で何軒かのお店を展開する500円ランチの韓国料理屋があるところ。

新大久保と言えば韓国料理、韓国料理と言えば新大久保ですが、たまには豚肉ではなく日本の焼肉らしいカルビなんかも食べたくなるもの。そんな時にうってつけです。

雰囲気:路面店ではないことや、ランチとしては値が張る(とは言え安いですが)こともあってか、ランチ時でも入りやすい感じです。

大人が昼から飲んだり美味しい焼肉を食べたりする店、って感じで落ち着きます。

メニュー:メニューはビビンバやサムゲタンといった韓国料理と、網焼きの焼肉系御膳がありました。韓国料理が比較的リーズナブルで、一番安いのがビビンバの850円。

焼肉系の御膳は1200円からサーロインステーキ御膳の2000円まで。なかなか高級。それでも和牛ですからね。

味・感想:この写真は和牛カルビ御膳(1200円)です。この日の肉は埼玉の黒毛和牛ブランド「武州和牛」を使っているとのこと。

ケナリはパンチャンなしで、サラダ、キムチ、お吸い物つき。

何と言っても肉の質!夜の時間帯に食べたら1000円以上しそうな、脂たっぷりのカルビです。ちょっと焼いて食べれば、口の中で脂が溶けて和牛の甘みじわ〜。これはウマい…。

コメント:大久保・新大久保の価格設定に慣れていると少し高く感じるかもしれませんが、休みの日とか誰かと一緒の特別のランチとかに使うには良さそうなハイグレード(とはいえそこまで高くはない)一軒です。

和牛の肉質は確実に値段以上。逆に、仕事の合間に昼からこんなに良い肉食べたら会社に戻れませんよ。韓国料理メニューも悪くないですよ(こっちは探せばもっと良い店があるかも。好みでしょうかね)。

焼肉ケナリ
東京都新宿区百人町1丁目17-6東都ビル2F

03-3371-0014
11:30~15:00 17:00~0:00
無休

新大久保(歌舞伎町)おすすめランチ⑭ 香港飯店

ちゃんぽんは必食!本国で人気の“韓国チャイニーズ”

香港飯店は、韓国の外食チェーン店王として有名なペク・チョンウォン氏が手がける韓国ちゃんぽんのお店です。韓国では全国展開しているらしく、職安通りからすぐの歌舞伎町店は2015年11月にオープン。

昼夜を問わずお客さんが多く、お店の前に10人程度の行列ができているのをよく見かけます。

雰囲気:窓際に一人でも座りやすいカウンター席があるほかはテーブル席。ガラス越しにキッチンの様子を見ることができます。

お客さんは韓国の人が目立つほか、在留外国人、旅行者など国際色豊かな気がします。もちろん日本人も普通にいますけど。

メニュー:特にランチメニューは設定されてなく、時間を通して同じグランドメニューからオーダーします。

基本はチャンポンとチャジャン麺。それを焼いたり、玉子焼きをのせたり、といったバリエーションも。

味・感想:新大久保でも何軒かちゃんぽん屋に行ったことがありますが、香港飯店は本格的で美味。

サラサラして重すぎないスープですが、味はというとあさりやタコの海鮮ダシたっぷりで、甘くコクがある仕上がり。あんまり唐辛子が利いてないかな?と思いがちですが、喉を直撃するとむせます。

具も野菜やタコ、キクラゲがどっさり。麺は太めでスープがよく絡みます。

ちゃんぽんも甘すぎず、おいしいです。麺の量が結構あります。

コメント:たまにはチゲやクッパではなく、ちゃんぽんでも食べたいね、という日にオススメ。

さすがに韓国で人気になるだけある安心感。カジュアルに本格的な麺料理が楽しめます。

関連記事 >> 新大久保の韓国ちゃんぽん専門店「香港飯店」のちゃんぽんがマシッソヨ

香港飯店
東京都新宿区歌舞伎町2-19-10 1F
03-6265-9952
11:00~23:00
無休

新大久保(歌舞伎町)おすすめランチ⑮ ワンシンリ

コリアンたちが集まる歌舞伎町のホルモン専門店

職安通りから少し歌舞伎町に入ったところにあるワンシンリは、以前は「将軍 新大久保店」という名前の店がリニューアルしたお店。

新大久保駅と西武新宿駅のちょうど真ん中くらいに位置し、ここまで来ると遊びに来た人もほとんど見かけません。夜はホルモンや韓国料理を出すワンシンリも、店内で韓国語が飛び交う現地感の強い一軒。ランチの種類も豊富で韓国好きにおすすめしたい一軒です。

雰囲気:店内はテーブルが10卓弱ですが、ランチ時は韓国の人が少しいるかな、というくらいで混雑もそれほどない様子。1人でも4人席に座らせてもらえます。

店内のメニューこそ日本語の表記ですが、お客さん同士が韓国語で会話をしていたり、店員さんが知り合いと食事をしたりしている様子は、韓国の食堂のようなローカルな空気が感じられます。

メニュー:夜はホルモンを中心に、タッカルビや鍋のほか、韓国の一品料理も豊富です。ランチメニューは680円の日替わりのほか、チゲ、クッパ、ビビンバ、冷麺など多彩なラインナップ。

個人的にはキムチもやしスープ、ドジョウスープなども気になります。

味・感想:ランチセットに含まれるおかずは壺入りのキムチのほか4種。ナスのコチュジャン和えがおいしいです。韓国の味を感じさせるものの、日本の舌で食べても違和感がないと思います。

そんな感じでワンシンリの料理は、本場韓国らしさを残しつつ、独自の工夫がされていて、それが日本人にもマッチするようなイメージです。

例えばこれは日替わり(月)のキムチチゲ。例によって、火傷させたいのかというグツグツ状態でテーブルに届きました。味わいは唐辛子は効いているものの、ややマイルド。隠し味にトマトが入っているのか、ちょっとピリッとくるミネストローネ的な感じ。もう少し辛さが欲しければ、キムチを入れて調整しましょう。

コメント:職安通りの歌舞伎町側にある韓国料理屋さんとしては、安定してクオリティの高い一軒です。街の雰囲気やお店の客層も含め、若い子とホットク、K-POPとは違う韓国が味わいたい人には良いかもしれません。

価格帯的には680〜1080円くらいで、普通のランチ水準でしょうか。料理のバリエーションは豊かで、どれを頼んでも大外れはないという一軒です。この辺りにきたら安心して入れるお店じゃないでしょうか。

ワンシンリ
新宿区歌舞伎町2-31-7 東京慶北ビル1F
03-3232-5153
11:00~15:00 17:00~2:00
火曜のランチ休み

ワンシンリ 新大久保店

新大久保(東新宿)おすすめランチ⑯ 松屋

まるで韓国!東新宿駅近くの伝統あるお店

一般に新大久保と呼ばれているエリアは、最寄駅でいうとJR総武線の大久保駅から副都心線・大江戸線の東新宿駅くらいまでの範囲になります。その東の端らへん、東新宿駅から歩いて約3分の場所にあるのが、この松屋。

松屋は創業してもうすぐ30年になろうかという伝統あるお店。雑誌やテレビで紹介されることも多く、韓国料理好き・新大久保通の間ではよく知られた定番人気の一軒です。日本で最初にカムジャタンを提供したお店としても有名です。

雰囲気:ここお店なのかな?という雰囲気の入口を入ると、靴を脱いで上がる家のような作りになっています。よくあるお座敷のようですが、室内の感じやインテリアがどことなく韓国らしさを感じさせます。ソウルあたりにいるかのような異世界感

新大久保駅からは少し距離があり、通りがかりにふらりと寄るには上級者向毛なので、ランチ時でも座れないほど一杯だったことはありません。店内は広く、ゆったりと大きなテーブルを使えます。

メニュー:ランチタイムは11〜15時で、ビビンバやチゲ、ソルロンタン、冷麺、サムゲタンといったオーソドックスな韓国料理ラインナップ。おかず3品とご飯がついてお値段980円です。

カムジャタンはランチメニューにはありませんが、単品で頼む時はSサイズ(小)2000円〜です。やはり夜に数人で来てお酒を飲みながら食べたいですね。

味・感想:松屋の料理は、日本人向けに調整したというより韓国の人が食べる家庭料理的な味だという印象です。わかりやすく派手ではないものの、奥深さを感じさせる本格さ。

ソルロンタンです。ほのかな牛ダシの旨みが、食べているうちにすごく強くなってきました。なるほど、おいしい。仁寺洞あたりの本場で食べているような気がしてきます。塩コショウとネギで自分好みの味付けにして。

あと、セットのおかずについた大根を使ったたくあんのような漬物がすごくおいしいです。

コメント:新大久保から歩くと10分くらいかかりますが、東新宿からはすぐ。新宿三丁目からでも意外と近く感じます。雰囲気は韓国のようで、普段とは違うランチに良さそうなとっておきの一軒です。

散歩がてら、ちょっと静かなところまで歩きたい気分の日にどうぞ。

◆松屋
東京都新宿区大久保1-1-17
03-3200-5733
11:00〜0:00
無休

まとめ

という感じでオススメの韓国料理ランチを紹介しました。

他にもこの店のこれがおいしい!ってのは沢山あるので、今度はメニュー別で紹介しようと思います。

それでは、おいしいランチを食べに新大久保に行ってらっしゃい~!

韓国料理」が好きなら読んでみて
釜山・金海空港でトランジット。乗り継ぎ待ち3時間でサムゲタン食べる
【追記】日比谷のJR高架下にある韓国料理屋「まだん」が6月で閉店
フライト待ちに肉!羽田空港国際線ターミナルで焼肉チャンピオンを食らう

ランチ」が好きなら読んでみて
会社のデスクでレトルトカレーを食べるための画期的方法を発見
キッチンすみっこで感動して「好きな洋食屋を聞けば人生がわかる」と思う