マジックロック ソルティキス/Magic Rock Salty Kiss

こんにちは。家飲みのお酒について色々調べたり、好きなことを書いたりするこのシリーズ。

今回のビールはイギリスのマジックロックが造る「ソルティキス」です。

ソルティキスは、シーバックソーン(スナジグミ)、塩、グースベリーを使ったジャーマンスタイルのゴーゼです。ポップは定番のカスケード。

ひと口飲むと、キメの細かい泡が軽やかな酸味と甘みと一緒に口のなかに広がります。ブラインドだったらビールってわからなさそう。クセのないスピリッツとグレープフルーツで作ったカクテル、マットなハイボール、そんな感じの印象でしょうか。

爽やかを口のなかいっぱいに感じたところで待っているのは、シーソルトのソルティさ。このしょっぱさはクセになる。まさにソルティなキスですね。

Salty Kiss – Magic Rock Brewing

ブルワリーはイギリスのマジックロック。中部のマンチェスターとリーズの間くらいにあるハダーズフィールドで創業したといいます。よし、プレミアリーグで応援しよう。

アメリカのクラフトビールにハマったバーハウス兄弟が中心となって2011年にスタートすると、翌12年にはratebeer.comという有名ビールサイトで、新設ブルワリー第2位の評価を受けたといいます。

あー美味しいなソルティキス。香りは穏やかなので食中に色々な料理と合わせられそうです。

輸入販売元はウィクス・イー。パンクIPAなんかを扱ってるイギリス方面に強いイメージがあるインポーターです。最近は(別会社だけと)社長さんが京都蒸溜所で和製ドライジンの「季の美」を造ってますね。

さすがの目利きというところでしょうか。また飲みたい一杯になりました。

マジックロック ソルティキス
Magic Rock Salty Kiss
原産国:イングランド
スタイル:ゴーゼ
アルコール度数:4.1%
ポップ:カスケード
IBU:ー