オリジナルサワー150種!千駄木「兆治」がクセ強めw

この間、北千住かどっかの帰りか、千代田線沿いにいた時、ちょっと変わった店で変わった酒でも飲みたくなり、千駄木の「兆次」に寄ってみた。

代々木上原方面の電車に乗って後部車両側の出口、2番を出てすぐ。居酒屋兆次の入口の画像です

雰囲気のある外観。一筋縄ではいかない感じ。

テレビや雑誌、ネットでも多く取り上げられている兆次。ざっくり言うと、ぶっ飛んだ店主が天啓と思いつきに導かれてオリジナルサワーを次々に開発し、150種類以上のサワ―を出すとして有名になった店だ。

居酒屋兆治の内観画像です

店内。そこかしこにあふれ出すオリジナリティ。でも懐かしくもあり、なんか落ち着く。

ちなみに店名は高倉健主演の映画「居酒屋兆治」から来ているそう。

兆治の店内に貼られたメニュー

店内の壁に所せましと貼られたメニュー。

名前から味が想像できる飲料系サワ―、タモリや本田翼などの人物系サワ―のほか、納豆やカレー、すっぽんなどいかにもヤバそうな変わり種サワ―も。全部400円

ピンクグレープフルーツサワ―の写真

一杯目はピンクグレープフルーツサワー。生搾りではない方。

たっぷり焼酎が入ったグラスと缶のグレープフルーツジュースで提供。これは普通に想像通り。

つまみにしょうゆ漬たくあん冷しトマトも注文。300円。お通しは大き目のお皿に盛られたオクラとチキンの和えものだった。

しょうゆ漬たくあんの写真

たくあんはこれ。量がすごい。過去半年で消費したたくあんより多いだろう。豪快かよ。

2杯目、青汁サワ―と最後まで迷ったがすっぽんサワ―に決めた。すっぽんはすっぽんドリンク!

スッポンサワ―の画像

意外とそのまんまのものも多いな。

店主のいかりや氏曰く「新商品は、見たことないドリンクを見つけたら、すぐ作ってみるね。どんどん増えてくよ。」とのこと。

ポテサラを頼んだ。オーソドックスな味で美味しい。

おつまみのポテトサラダの画像です

心臓がバクバクする。大丈夫か、すっぽん。

すっぽんドリンクの画像

有名人系サワ―も気になるところ。メニューを物色。

健さんはもちろん、タモリ、上戸彩、イチロー、カズ…と色々。

味のイメージがつかないといかりや氏に伝えると「そういうのはね、教えないの。注文した時に、初めて中身を種明かしするわけ。」と取り付く島もない。

「じゃあ、新垣結衣サワ―をお願いします。」

「はいよ。」

(1分後)

「これね新垣結衣。」

机に置かれたのは焼酎のグラスとおなじみの缶飲料。説明するって言って、説明がいらないほどのシンプルな論理。出オチ?

新垣結衣サワ―の中身です

説明しないと言ってるので、書かないほうがいいか。焼酎が多くて余った中身は、そのままチェイサー代わりにいただきました。まあ、でもウマイ、新垣結衣。

テーブルの飴は自由に食べてよい。ただ、持ち帰りは不可。口の中に入れて持ち帰るのは可、だそう。

テーブルに置かれた自由に食べてよい飴

カラオケは1曲200円で。100点出したら粗品

最後、〆に激辛カレーサワーを飲もう。どんなものが出てくるやら。

「はいー激辛。」ドン!

もはやカレー。カレーに焼酎入れた的なノリw

でも、悪くない。結構イケる。

具もしっかり入ってます。〆のカレー的なね。

おつまみ3品、サワ―4杯で2500円。店主さんは面白いし、楽しめるし、近くまで行ったら一度立ち寄ってみては。

◆居酒屋 兆治
03-3823-6962
予約不可/喫煙可/カード可
東京都文京区千駄木3-31-15
19:00~翌7:00
無休
食べログ https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131106/13023729/