東京駅すぐの東竜は炒飯も担々麺もウマい。ビール200円でサク飲みも

東京駅ってサクッとご飯食べて、飲めるならビールでも一杯みたいな、ちょうどよいお店が少ないイメージありますよね。

僕が近くまで行ったらつい足を伸ばしてしまうのは、八重洲通りの2本北側の通りを歩いてると、やたらめったらメニューの押しが強いこのお店です。

そう、赤い看板の店名も興味をそそる、チャーハンのおいしい店 東竜

老舗、チェーン店、今風のお店の3つが多くて、しかもそこそこ高いお店が多い八重洲で、この“町中華”感は落ち着きます。八重洲は中華が多いですね。

地元に根付いた個人店らしき安定の店構えを見せる東竜ですが、母体は墨田区にある朝日製麺。八重洲店のほかにも、八丁堀、新富、神田、銀座、新橋といったエリアに店を構えています。

中央区や千代田区など都内中心部にこれだけ店を展開し、長年お客さんが離れない。何か人気の理由があると考えないほうが不自然ですよね。

メニューはこんな感じ。大きな駅の中華としては普通の値段設定かな。がっつり食べたいなら半炒飯セットはお得でしょう。

四川担々麺とつまみメニューから四川風麻婆豆腐を注文しました。便宜上、激辛カテゴリだけど、先に言っておくと、そんなに辛くないです、ここの「辛いマーク」付きメニューは。バランスが良くて美味しい感じ。

お酒もいろいろ。営業時間に休憩もあるし、飲み利用のお客さんも多いんでしょうか。早い時間に行くと、サラリーマンのお客さんが結構出来上がってることありますからね。

人事評価、チーム内の不満分子、取引先の担当者、かわいい女性社員(その話題はアカンやろ)…こういう話を聞くと、サラリーマンはどこも大変だなと思います。いや、おれは今は業務時間内じゃないし。そんなわけないし。ああ、忙しい。

17:00〜19:00まではハッピーアワーです。ビール、レモンサワー、ウーロンハイ、ハイボールが200円。200円!

普通に普通の生ビール。サーバー洗ってる味。なので安い。ビール飲みたいときは、餃子でもとってビールだけたらふく飲んでも2000円とかでおさまりそうです。

席はオーソドックスなカウンター。年季は入ってると思いますが、結構キレイです。ラー油の入れ物もベタベタしない。

紹興酒カクテルというメニューがあるので当然ですが、紹興酒も置いています。写真は永昌源ブランドの紹興貴酒

紹興酒をじっくりと寝かせて熟成させたお酒だそうですが、扱っている永昌源を調べたらすごい面白かった。実はこのブランドはキリングループなのですが、設立から様々な転機を経て、現在に至るとか。

元々は製紙会社である王子製紙のグループ企業で、キリングループとなったのは2002年のことである。設立は1948年。満州などからの引揚者の更生事業を目的に満蒙同胞援護会により、現・埼玉県深谷市櫛引において設立された。これに、旧王子製紙系列の樺太酒精工業の技術者の活用先を探していた王子製紙が1950年から資本参加した
永昌源 – Wikipedia

戦後の日本が通ってきた複雑な歴史と重なる部分もありますね。

担々麺はこちらです。香りは控えめ。唐辛子のツーンとくるのもそれほどなし。

麺は細〜中くらいのちぢれ麺。製麺所の直営店だから、麺は当然おいしい。

白湯ベースに豆板醤が効いていますが、形が残るくらいのゴマがたっぷりスープに入っていて、全体はまろやかでバランス良し。

あとネギがウマい

ウーロンハイです。19:00までなら200円です。

おつまみ。単品の麻婆豆腐。単品は500円です。

タレはさらさらしていますが、深いコクがあります。甜麺醤と豆板醤がほどよい甘みと辛さのバランスを演出。花椒が少しふりかけられていました。

安定の美味しさ。東京方面で小腹がすいて、何かないかなーという時に近くにあって、お酒が安く料理も安定感あり。なかなか使い勝手が良いのでぜひどうぞ。

東竜
東京都中央区八重洲1-7-13 ヤエス寿ビル1F
11:00~15:00 17:00~23:00
03-3273-1492
休み:?

激辛」なら、このあたりも読んでみて
辛さ、痺れ、旨み!雲林坊の「汁なし担々麵」は完璧なバランス
私を地獄に連れてって…五反田で激辛なら「地獄の担担麺 護摩龍」
680円でオリジナル麻辣湯!伊勢佐木町の辛ランチなら寅馬へ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。