新橋のハイボールバーなら品薄の山崎だって好きなだけ飲めるって話

それにしても暑い。そういう日、無性にハイボールを飲みたくなる時、ありますよね。

新橋に行く用事があったので、入手困難らしい山崎を飲みまくってやろうと思って立ち寄ったのはこちら。

ハイボールバー新橋1923の外観

ハイボールバー新橋 1923

サントリーグループの企業が展開する店舗で、「角瓶」「山崎」「白州」「ボウモア」など同社で扱うウイスキーを幅広くラインナップ。

一杯目は新橋ハイボール(590円)。

ハイボールバーは、現在は東京だけでなく各地に店を構えているが、どの店にもご当地ハイボールがあって面白い。

新橋1923で飲んだ新橋ハイボール

新橋ハイボールは、マッカラン12年ファインオークを特製ソーダで割ってライムピールを加えたもの。

炭酸がきめこまやかで爽やかなんだけど、ウマい。コクがある。深みのある香りか。ライムも感じられて美味しい。

ハイボールバー新橋1923のナッツ

ナッツや乾きものはチャージ代に含まれてるのでフリー。

 

ハイボールバー新橋1923のナチョス

オーダーした名物のナチョスが来た!アボカドのディップにかかった花山椒がスパイシー。

 

次。

せっかくなので、順に飲んで比べてみようかなと思い、知多 風香るハイボール(590円)をオーダー。

ハイボールバー新橋1923の知多ハイボール

これは、飲んだあとに鼻から抜ける香りがすごくやわらかい。ふんわりと熟成のフレーバー。

少しソーダで割るには繊細かな?と思わないでもないけど、これはこれで飲みやすい。ウイスキーをそんなに飲まない人でも頼みやすいのでは。

 

山崎ハイボール(590円)も行ってみよう。

新橋1923で飲んだ山崎ハイボール

見た目にも色が少し濃い。ひと口飲んでみると……

すごく甘みが強い。口に含んだ瞬間にひろがる樽由来の香り。

新橋1923で飲んだ山崎ハイボールのアップ

強炭酸で山崎を割るという。

余韻の中に、かすかに、じっくり煮詰めたカラメル、あるいは、焼き栗のような甘みが遠くから感じられる。

まあ、美味しいですよね。文句なしに。

 

白州ハイボール

画像が全部一緒だなw

白州ハイボール。ミントを添えて。
すごく軽快。熟成感やコクは山崎よりは抑えられているけど、香りもピート感が一周回って華やか。喉で味わえる。

個人的には、このくらいの方がハイボールにはいいんじゃないかと。喉ごしは良いが、余韻に遠くでカカオ感

燻製盛り合わせ

燻製盛り合わせ。ウイスキーと合いますね。鶏、ホタテ、ちくわ、しめさば。

ホタテ一個食った後だけど。ウイスキーにかかわらず、お酒は同じ色の食べ物に合うって言いますよね。

この店で飲む角ハイは少し違うらしく、そちらも気になったが炭酸が結構お腹いっぱい。何杯も飲んで、もう指先まで炭酸来てる。

 

ってことでラスト、山崎12年ロック(820円)。

新橋1923で飲んだ山崎12年ロック

届いた瞬間にわかった。これはヤバい。

グラスを口に近づけ、傾けると鼻に届くのはメープルシロップのような甘い香り。

舌とのどで甘みを感じ、鼻から熟成の香り、大人の苦みが抜けた!

 

……。

…………。

 

後味の息が長い。走馬灯のように山崎の12年が頭を駆け巡る。

10秒は耳を傾けていただろうか。多くの人が熱狂するがわかる。ノンエイジはまだしも、12年はロックかストレートで美味しいな。

 

それにしても、ウイスキーは酔うほどに味や香りを拾える気がするのは、うーん、やっぱり気のせいか。

 

◆ハイボールバー新橋 1923
03-3597-6500
予約可/喫煙不可/カード可
東京都港区新橋2-11-1 1F
16:00~翌2:00、土17:00~24:00
休:日曜・祝日
HP http://www.shinbashi1923.com/