日本酒もすごい!鶴川「酒舗 まさるや」でひやおろしを味わいつくす

昼間、FaceBookを見ていたらこんな投稿がありました。ひやおろしの試飲会のお知らせ。

ゼロベロってなんですか。そんな言葉あるんですか。ちょうど近くまで行く用事があったので、足を伸ばしてみました。

酒舗まさるやは、町田市は鶴川にある酒販店。

 

お店の名前の大きさからすると、意外にも駅から少し離れた団地の商店街にあります。

焼酎では東京を代表する一軒で、社長には仕事で何度かお手伝いいただいています。ただ焼酎だけでなく、日本酒も日本ワインもすごいのがまさるや。

今回は店頭でひやおろしの試飲ができるというイベントなのでした。

「ひやおろし」の定義はというと、次のようなもの。

(ひやおろしは)春先に一度だけ加熱殺菌し、秋まで熟成させて、出荷前の2度目の火入れをせずに出荷されます。
日本名門酒会 公式サイト – ドキュメント-【ひやおろし】index

香りが落ち着いていて、旨みがしっかりのった、ほどよい熟成感が楽しめるお酒。いろいろ試して、家で楽しむ1本を見つけたいと思います。

「うまからまんさく 旨辛口純米 」

しっかり味がのっていて美味しいですね。辛さも◎。

「益荒男 山廃純米原酒 秋あがり」

山廃らしいどっしり感。ギラギラとした旨みが存在感たっぷり。

「喜楽長 特別純米 ひやおろし」「喜楽長 夢銀河 純米吟醸酒 秋あがり」

特純は繊細だけど旨みがしっかりある、バランスの良いお酒でした。夢銀河はより旨みがしっかり表現された印象。どちらも個性的でほかにはない味わい。

ちょうどこの間、特純を匠 達広さんに置いてあったのを見まして(まさか食べてません)。

「三井の寿 ひやおろし 秋純吟 ポルチーニ」

確かに芳醇な香りがポルチーニを思わせる!これはおもしろいですね。

「寒北斗 辛口純米酒 shi-bi-en 秋バージョン」

寒北斗はヒノキのような独特の芳しさがある印象ですが、こちらは少し穏やかに。味わいもオーソドックスな仕上がり。福岡に行きたいです。

「満寿泉  純米吟醸 ひやおろし」

伸びのある味わい。独特の穀物のような香りが印象的。

「御前酒 9 NINE ひやおろし」

菩提酛らしい複雑で酸味のある風味と味わい。すごいですね。

「特別純米酒 ひやおろし 浦霞」

浦霞らしさと後味のキレはそのままに、しっかりと丸みのある味わいに。

いやあ、どれも美味しい。ほかにもまだまだありました。気になったものを2本買って帰りました。

◆酒舗まさるや
東京都町田市鶴川6-7-2-102
9:00~19:00
木曜休み

※たまプラ店もあります。

「日本酒」なら、このあたりも読んでみて
中野のツイテル和で熟成肉と日本酒・ワインをたらふく堪能した
和美場くいしんぼう② クジラの尾の身が美味しくて日本酒も奥が深い
日本酒をダメにしない、500円でウマい酒が飲める店を教える
「赤星とくまがい」のペアリングがハイレベルで驚いた話

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。