吉祥寺の新店・割烹くずし 絹は料理が美味、高コスパで先発ローテ級

近年、日本酒が飲める本格的なお店が増えている吉祥寺。昔のこのエリアを知る人に言わせると、「大衆酒場が多くて、美味しい日本酒が飲める店はほとんどなかった」そうです。

そんな激戦区の吉祥寺に、日本酒と美味しい肴を出す良さそうなお店が新たにオープンしていまいした。

たまたま通りがかって見つけた、そのお店がこちら。「割烹くずし 絹」です。

予定まで少しだけ時間があったので、軽く一杯やっていきます。蕎麦屋の「今出た」ほど信用ならない僕の「軽く一杯」ですけど。

絹は東村山にある西武新宿線の久米川駅に本店があるそうです。ロッキンオンジャパンで人気のお店はこちらでしたか。

吉祥寺店は10月10日にオープンしたばかり。コンクリート、黒、木目調でまとめた落ち着いた店内。

飲み物はビール、ハイボール、サワーなどは一通り揃えており、あとは日本酒。通常の銘柄に季節もの、この時期はひやおろしですかね。グラス90ccで430円です。

ボトルキープっていうのは面白いですね。冷蔵庫を覗くと、あるある。プレミアムな銘柄。

最初の一杯は、庭のうぐいす 特別純米のひやおろしにしました。

穏やかな香りでキレイな酒質。王道です。料理の味を受け止めて、しっかりと広げてくれそうです。

何か注文しましょう。いろいろなメニューがあります。

割烹くずしの名の通り、お酒に合いそうな凝った肴の数々が比較的手頃な価格で。

お通しがないので、前菜の盛り合わせ(680円)をお願いしました。

地魚の南蛮漬け、あん肝ポン酢、さといもとヒラタケの胡麻あん、ごま豆腐(かな?)です。ひとつひとつ手がかかっていて美味しい。

お酒は正雪の純米秋あがりへ。

秋あがりらしい、しっかりとした味ノリ。この香りが大好きなんですよねー。焦がしたような甘い香り、秋の並木道の落ち葉のような香り。最高。

刺身盛り合わせ(1280円)もお願いしました。

手前の左から黒むつ、鱸の昆布締め、シマアジ、ぶり、さんま肝醤油。

さんま肝醤油がめちゃウマい。正雪の焦がし甘い香りと合わさって別次元の旨み。

貴の純米行きます。

ほのかなフルーティさがあって、味わいはクリアながら後から追いかけてくるお米の味わいとキレ。口の中に広がる余韻が◎。繊細だけど力強い貴クオリティです。

温かいものと合わせてみたかったので、牛スジ大根煮を。国産牛です。

トロトロの牛スジとねぎがどっさり。大根は味が染み込んで甘い。

貴とあいまってやわらかな旨みが広がります。

最後、お燗飲んで終わりにします。メニューに「熱燗」とありました。熱々なのかな。お酒は賀茂金秀の純米

熱い!

ちょっと温度が高いので、旨みが閉じています。温度変化を楽しみながら、ちびりちびり。冷めてくると厚みが感じられて美味しかったです。

と、一杯のつもりが杯を重ねてしまいました。料理はどれもコスパが高かった!簡単なメニューに見えて、丁寧な仕事が感じられるものばかり。まさに割烹くずしですね。

次はプリンも食べたい。東村山も行ってみよう。

◆割烹くずし 絹 吉祥寺駅前店
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-24-6 福助ビル2F
17:00~24:00
無休
https://twitter.com/kappoukinu

「中央線」なら、このあたりも読んでみて
阿佐ヶ谷のイズミルが最高!行けば一発でハマるトルコ料理屋
酒、肴、そうめん全部最高。東中野の阿波や壱兆は最強の24時間営業
煮込みも肉刺しも絶品!中野のコグマヤは教えたくないレベルの良店

「日本酒」なら、このあたりも読んでみて
激戦区・神田のかんだ光壽が半端ないよ!オリジナルとか日本酒が豊富
燗酒なら錦糸町「井のなか」が鉄板すぎてつい行っちゃうけど何か?
日本酒は奥深い。「おやじの逆襲」in 味ノマチダヤ試飲会に潜入

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。