阿佐ヶ谷のイズミルが最高!行けば一発でハマるトルコ料理屋

編プロで旅行関連の書籍を担当していたこともあり、その頃の同僚の中には旅や海外を愛している人も大勢いました。

彼ら彼女らは、東京にいても現地の味が体験できる、とっておきの店を2軒か3軒持っているもの。

今回は、元同僚の編集者に誘われて阿佐ヶ谷のトルコ料理屋へ。

実家に帰るのと同じくらいトルコに行ってるんじゃないか、というか毎年の帰省みたいになってるんじゃないかと内心思わないでもない、そんな同僚です。

グルメの間で有名なイズミル

改札を出て左手、バスロータリーを突っ切った正面に立つ北口駅前ビルへ向かいます。

初めて行く店で、地図を見ながらたどり着いたので途中の写真がなかった。

↓これは、『みつめさんは今日も完食』でこれから行く店が取り上げられた時の扉。こんな感じのエスカレーターを上って2Fにへ。

今日の目的地イズミルは、2Fの西側にあります。

噂には聞いたことがあったけど、お店を訪れるのは初。開店して14年になる人気の一軒です。

トルコ出身の人や現地の味を知る人はもちろんのこと、日本人向けに味のアレンジをしていないにも関わらず、日本のファンも多くいるようです。

〈東京の外国ごはん〉日本人向けアレンジなし、本場の味を ~イズミル(トルコ料理) – 朝日新聞デジタル&w

絶対に食べてほしい前菜2品

さっぱりした味わいの、トルコのビール・エフェスで乾杯した後に前菜をいくつか注文。

まずはこちらのナスの冷菜「イマム・バユルドゥ」

イズミルのイマム・バユルドゥ

料理の名前は「お坊さんが卒倒するほど美味しい」という意味だそうです。自らめちゃくちゃハードル上げてきますね。

ナスの中に味付けした色々な具が詰められているのですが……これは美味しい!オイルでまとめた、独特の風味が絶妙。

もう1品「メゼ(前菜)」の盛り合わせがやってきました。

左上から「パトルジャン・エズメ」「アジュル・エズメ」、それから「ウスパナック・タラマ」という料理だそうです。

それぞれ、焼きナスのディップ、ミックス野菜のスパイシー・ディップ、ほうれん草とヨーグルトの和え物。

どれも初めての体験なんだけど、どこかしっくりくる味付け。ナスなんて、居酒屋で食べる煮浸しみたいな感じ。

それにしてもほうれん草のメゼはマジでウマい。なんというか、甘酸っぱくてクセになってパンがどんどんなくなる。レモンやオリーブオイルの使い方がすごく上手い。

ワインも進む、料理も進む

メゼはパンにつけていただきます。

このエキメッキなるパンも単体でもイケる。香ばしいにおいがたまらん。

お酒は滞りなく白ワインへ移行。

トルコは最も古くからワイン造りが行われた地域の一つなんだとか。一説には紀元前4000年から始まったとも。

地元特有の品種のぶどうを使うのも特徴。いただいたセレクションはほどよいコクと酸味があってキリッとした味でした。

魚と合わせたいですね。ということで注文したのが、こちら。

白身魚の煮込み料理。だったはず。

ちょっと店員さんとのサッカーの話に夢中で、詳しく説明を聞いていなかったので思い出せない。

ワインによく合う味で、色々なダシと味が詰まった情報量の多いスープでした。

アナトリアのワインの中でも人気のチャンカヤをグラスでいただき、次へ。

ケバブからラクへの楽園コンボ

同僚曰く、僕らがランチで食べるようなオーロラソースがたっぷりかかったケバブサンドは「ケバブであってケバブではない」と。

ならば、と頼むはドネルケバブ。赤ワインもグラスで飲みました。

…確かに、肉の輝きが違う(気がする)!



牛の味が濃い
。塩だけで、口の中が牛に制圧されてしまいます。牛の肉の旨みに。

それからラクという、アニス酒のようなトルコのお酒を順番に飲んでいきました。

ラクはアルコール度数が高く、水で割ると白濁します。

ラクは葡萄やナツメヤシに、アニスと呼ばれるセリ科の植物のエキスで香りづけをした蒸留酒。水で割って飲むのだが、アルコール度が50度近くと高く、やや個性的な味でもあるので、好き嫌いがわかれるかもしれない。
これだけは知っておこう!トルコ料理編1 [トルコ料理] All About

だけど、思ったよりきつくなく、美味しい。味の飲み比べをしてみても、少しずつ薬草の香りの強さや味の余韻の違いが感じられて面白い。

何杯も飲んじゃいました。最後にお茶を飲んでフィニッシュ。

サッカーにも詳しい店員さんです。最高。

ごちそうさまでした。近所にあったら、週1で寄ってしまう、そんなお店でした。

◆イズミル
予約可/カード可/喫煙可
東京都杉並区阿佐谷北2-13-2 阿佐谷北口駅前ビル(パサージュ阿佐ヶ谷)2F
18:00~24:00(23:00LO)
月曜休み
http://www.asagaya-izmir.com/

「中央線」なら、このあたりも読んでみて
行列で読みたい、新大久保でウマい焼肉が高くならないコツ
煮込みも肉刺しも絶品!中野のコグマヤは教えたくないレベルの良店

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。