燗酒なら錦糸町「井のなか」が鉄板すぎてつい行っちゃうけど何か?

最近でこそ、料理やお酒が美味しい人気のお店に、ちょっとした馴染みのように寄らせてもらうことがあります。

ただ、今でも最初に行った時のことを思い出すと、居ずまいを正したくなったり、店主と顔を合わせるまでは緊張を感じたりするものです。

この間久々に訪れた錦糸町の井のなかも、私にとってはまさにそんなお店。

駅から歩いてすぐの場所にある隠れ家的な一軒ですが、知る人ぞ知る名店

店主の工藤さんは、多くの業界の大物たちがバックアップしてきた人物。全国の生産者から届けられる旬の素材を、一番美味しい方法で調理するすごい人です(お酒もすごい)。

燗酒とコの字カウンター【井のなか】

null

井のなかでは、厳選した純米酒を揃え、燗のつけ方もハンパじゃないので、少し寒くなる時期には寄りたくなる一軒です。

まずは、おつまみを盛り合わせてもらいました。生姜をきかせたお漬物、万願寺(かな?)、クリーミーなポテトサラダ。

ポテトサラダには、麦味噌としょう油を使っているそう。よくある焦がし系やどっしり系とは違い、すごくなめらかで最初のおつまみにちょうどよい一品です。

日本酒はわしの尾 蔵の舞からいただきました。米の甘辛さ、ちょっとローストしたような香り。

野菜のおひたしです。これに限らずですが、ダシが美味しいです。

川鶴 特別純米 雄町。雄町でこんなキレイで絹のようなタッチのお酒が…!

お造りです。新鮮!ぶあつい!

ぶり、カツオ、まぐろ、シマアジの昆布締め、湯葉など。ウマい…。

井のなかはめちゃくちゃ日本酒が豊富ですが、メニューが親切なので今食べているものと好みで、だいたい頼みたいものが決まります。

裏・雅山流。鉄板。

サザエも進みます。

秋鹿行っちゃいました。独特の香りと風味、味ノリ。ザ・秋鹿。

友達が飲んでいて、すごく良かったのが梅酒のお燗。杜の蔵のお燗でした。

豚バラのオーブン焼きです。いわゆる和食系にこだわらず、幅広い料理が楽しめるんですね。

分厚い!肉感!タレが美味しい!

お酒も肉に負けないものを。竹鶴の雄町を燗で。

力強さ、熟成感、荒さを感じさせるようでいて繊細な味わい。これはハマる。

最後に何か食べたいな、と考えていたところ、おすすめのトリッパを。完全にイタリアン煮込み。こりゃ日本酒合わないな。

と思いきや、悪くない相性。トリッパ単体でも美味しい。

お酒は生酛のどぶで。熱燗。熱い!

お燗=熱燗じゃないですよ。おちょこ持ったらヤケドするかと思った。

帰り際、外が大雨だったのでもう一杯(一合)だけ。奥能登の白菊

店主の工藤さん自らつけてくれました。お燗の魔術師

前に1度単位で変えたお酒をいくつか比べさせたことがあるんですが、本当に全然違う。その温度差を(客の前に届くまで)計算して温めるそうです。

白菊、美味しい。バランスが良い。幸せ…。

料理が美味しく、途中からお燗だったこともあり、いつもより無理なく量を飲んでしまいました。これは冬の間は何度も通っちゃいますね。

◆井のなか
東京都墨田区錦糸2-5-2
17:00~23:30(土祝22:30)
日曜休み
http://www.inonaka.net/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。