知ってた?月980円で毎日1杯飲めるアプリ「GUBIT」が良いかも

仕事帰りは一杯やって帰りたいけど、毎日行きつけの店に行けるものでもなし。

そんな時でも、角打ち、せんべろ、家飲み……と、美味しい酒を手軽に飲む方法がいろいろとあるのは嬉しいですね、お酒好きにとっては。いかに安く、美味しいお酒を飲むか。

ところで、この「お酒をどうやって毎日飲むか問題」と関係のあるところで、この間発表された「GUBIT」というサービスがなかなか面白い取り組みのようです。毎日飲めるようになるのかな?

“定額制乾杯アプリ”「GUBIT」

SIPSTERS合同会社は21日、月額980円で毎日乾杯できるという“定額制乾杯アプリ”「GUBIT(グビッと)」をこの秋にスタートするとし、ユーザーの事前登録を開始しました。

GUBITというサービスをざっくり説明すると次のようなもの。

GUBITは、月額980円(税抜)で、GUBITアプリに掲載されているお店で毎日1杯の乾杯ドリンクの提供を受けられるサービス
月額980円が3ヶ月間ナント100円に|GUBIT

ユーザーはアプリで登録すれば、GUBIT加盟店で、毎日乾杯ドリンクを飲むことができるようになります。

ドリンクで店選びができる

お店の選び方もなかなか実用的。

乾杯ドリンクで出される飲み物で選択できるほか、ビールの場合は銘柄で決めることも可能。タダならなんでもいいというわけではない、というのが飲兵衛ですから。

  

サービスは、都内店舗をはじめ首都圏エリアからスタートし、関西、名古屋、福岡など提供するエリアを拡大していくそう。

現在、事前登録キャンペーンを行っており、今なら3ヶ月間は月額100円で利用できるようになるといいます。

店側のメリットは?

乾杯ドリンクを提供するお店側からするとどんなメリットがあるのでしょうか。

飲食店向けのリリースを見ると、飲食店の負担は「乾杯ドリンクのみ」とされ、2杯目以降や伴われてきた客のドリンクは通常通りの請求できるとされています。

店としてはアプリを持つ新規客の来店が見込めるうえに、負担費用はゼロ。なかなか良い仕組みですね。

1杯30円は難しいかも

このニュースが出た時、月980円なので、だいたい1日30円という伝え方がありましたが、これだけで飲むのは難しいかもしれません。

GUBITの乾杯ドリンクのみ利用を認めるお店があるとは思えないですし。

ただ、毎日飲む人なら1日1杯ドリンクが安くなると思えばお得。お店側も集客増なら嬉しいですね。

今後に注目したいサービスです。使ってみたらまた感想をまとめてみます。

参考・画像>http://gubit.jp/

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。