「赤星とくまがい」のペアリングがハイレベルで驚いた話

少し前に、麻布十番の「赤星とくまがい」を訪れたので、その話でも。

6月で2周年を迎えた赤星とくまがい。

酒ソムリエの赤星さんとシェフの熊谷さんが提案する、ワンランク上の「お酒と料理の組み合わせ」を提案する人気のお店だ。

おふたりの出会いはNY

日本酒を現地で紹介する仕事についていた赤星さんが、熊谷さんを紹介され意気投合。

現地で成功し、いつか日本でも一緒に、ということでオープンしたのがこちらのお店だ。ざっくり言うと。

飲みながらでいいすか。

赤星とくまがいのペアリング酒1

1杯目は、金紋秋田酒造のx3亜麻色

この日は、おまかせ料理と日本酒ペアリングのコースをお願いした。料理との相性を考え、1品に1杯お酒を提案してくれる。

食事9品とお酒8種類で13,000円。

合わせる料理はとうもろこしとウニの冷製スープ

ウニがいる。U・N・I。

お店は前々から注目されていたんだけど、さらに知名度を上げ、広く知られるようになったきっかけが「KinKiKidsのブンブブーン」

番組では長野・伴野酒造のBeau Michelleというお酒をキンキが飲んで、気に入った剛(敬称略)がのちに光一(敬称略)にプレゼントしたとか。

そういえば、昔会ったことがあるな。いつだったかな。

Michelleはこれ↓。独特の酸味があってウマい。

で、ファンの間からMichelle需要に火がつき、あれよあれよと入手困難な酒になってしまった。

すごい、キンキ。すごい、赤星とくまがい。

余談。これは別のお店で聞いた話だけど、Michelleの取り扱いがある地元の酒屋に連絡し、注文するファンの人もいたそう。

で、酒屋さんが関心していたのが「ファンはすごく礼儀正しい」こと。

遠くから注文することや、他のお客さんの手に届かなくなることを気にしてくれる人が多い、と。ソースは複数の酒屋さん。

はい、次の料理とお酒が来ました。

水牛のモッツアレラのサラダ。これは美味しかった。

酒はたかちよの純米大吟醸だったはず。旨みと味がのっていてすごく良いお酒。

赤星さんの考えるペアリングのキーワードのひとつが「酸」。

料理の酸度とお酒の酸度を近づけることで、寄りそう組み合わせができるんだとか。

グラスや食器もすごくこだわっていた。

入口の横の冷蔵庫には、日本酒がぎっしり。

見てるだけで楽しくなる。次はなにかな。

三重のかきと夏野菜のマリネ。お酒は伝心

ひとつひとつの料理の盛り付けがすごい。楽しませる。This is アメリカ流。

料理を食べながらゆっくりとお酒を楽しむ。ペアリングはどれも最高。

ほかは考えられない相性。1年目の野茂とピアッツアくらい。

日本酒を飲めなかった人が、ここなら飲めることもあるそう。ありうる。

なんだったかと残草蓬莱。魚が入ってるな。

話に夢中で覚えてないゾーン。

すずきのフリットにジェノベーゼソース。

讃岐くらうでぃで口の中のバジルの香りが開く。

口の中のバジルの香りて。

私の頭の中の消しゴム的なまどろっこしさ。

フランスの子羊にジロール茸と山椒のソース。樽酒はこういう使い方があるんだなと感心。

ご飯もの→デザート。

うわーどれも美味しかった。コースはたまにしかできない贅沢だけど、また来たい。

もちろんアラカルトも可ですよ。
赤星とくまがい –

「日本酒」なら、このあたりも読んでみて
日本酒をダメにしない、500円でウマい酒が飲める店を教える
京都の乙な立ち飲み探してたら井倉木材がめっちゃオススメ
門前仲町で日本酒なら「角打ち せ・ぼん」は鉄板
近鉄奈良「てらかわ」は旬の料理がどれも絶品、風の森も飲みまくり!