台湾のドライマンゴーひと晩ヨーグルトに漬けたらぶっ飛ぶくらいウマい

レシピって言うほどのものじゃないんですが。

この間台湾に行って、ドライマンゴーを買ってきたのでヨーグルトに漬けてみました。

美味しいですよね、ヨーグルト漬けドライマンゴー

 

台湾のドライマンゴーでもうまく仕上がるでしょうか。材料はヨーグルトとドライマンゴー。そのまま。

マンゴーは台北の迪化街というエリアで買いました。乾物などを扱う店が並んでいるエリア。だいたい600gで450~500元くらいでした。

一個、同じ分量で150元くらいのがあって、めっちゃお買い得じゃんと思って味見したら、ほかのものと味が違う?「菲律賓」って書いてあって何かと思えばフィリピン産でした。

台湾のドライマンゴー。カットせずに干してあります。甘さは控えめで独特の香りがあります。

このくらいの分量を、1~2cm角くらいに切っていきます。実がしっかりしていて切りにくい。

ヨーグルトを容器に移し替えます。でも、箱のままでも大丈夫です。

そこにカットしたマンゴーを入れてよく混ぜます。

ここまでで仕込み完了。ひと晩待ちます。

———————–翌朝

おはようございます。マンゴーヨーグルトはどうなったでしょうか。

ヨーグルトから水分が減って、少し固くなっています。

その分、マンゴーが水分を取り戻し、カットした大きさより大きくなります。

2倍くらいの大きさになっているものも。あれだけドライだったマンゴーがプルプルに戻っています。

いただきましょう。

うん、めちゃくちゃウマい。熟成感のある生マンゴーのよう。

そのまま食べると控えめに感じた甘さですが、水分を取り戻すと果実味と甘さがすげえ!

毎朝食べます。

マンゴーは別に台湾産じゃなくても大丈夫。普段はカルディとかで売ってるセブのドライマンゴーで作っています。もうちょっと甘くて、パワフルな味になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。