これは、酸味…?平塚のソウルフード「平塚タンメン」が不思議なおいしさ

平塚に来ています。

平塚は湘南ベルマーレくらいしかイメージがない人もいるかもしれないけど(スイマセン)、降りてみるとすごく大きな駅で驚きます。

ラーメン通の人は当然知ってると思いますが、神奈川ってご当地ラーメンが色々あります。超メジャーどころでは家系ラーメン、サンマーメンや小田原ラーメンなんていうのも。

そして、この平塚にも地元の人なら誰もが知るローカルラーメンがあります。それがこの「平塚タンメン」

タンメンというと、野菜たっぷりのラーメンを想像する人が多いと思います。町中華の定番、「お前に食わせるタンメンはねえ!」のタンメン。

でもこの平塚タンメンはちょっと雰囲気が違いそうです。上に乗ってるのはワカメ?実際に食べて確かめてみましょう。

目指すお店は平塚駅西口から歩いてすぐ。

駅を出て左へ進み、セブンイレブンの角を曲がったら50メートルほどで到着です。

ここですね。老郷と書いて「ラオシャン」と読みます。

1957年創業で、平塚タンメンの元祖とも言われるお店。 5年くらい前に改装したため、 新しく清潔感のあるお店です。

まず入口の右側にある自動販売機で食券を購入します。

タンメン、ギョウザ、みそ麺と絞り込まれたメニュー。タンメンとギョウザを注文にします。

昼時ということもあって店内は満席。客の回転は早いものの、新しいお客さんもどんどん入ってきます。

タンメンを待っている間、何気なく店内を見回していると、女性や年配のお客さんが多いこと。

東京や横浜にあるような、若くて妥協を許さないギラついた若者が多いラーメン屋とは違います。店員さんも親切な人ばかりで、庶民的であたたかい雰囲気のお店です。

タンメン、それから少し遅れてギョウザが来ました!

本当にワカメがたっぷりですね。メンマとたっぷりの刻みタマネギも入っています。

透き通るようなスープですが、実はこれは豚骨。最初の印象ではあっさりしていますが、旨みが詰まっています。そこに加わった白ワインとお酢が、爽やかな酸味とコクを生み、トータルで優しく穏やかな味わいです。

麺はなめらかな舌触りで、柔らかい耳たぶくらいの食感。爽やかで酸味のあるスープとすごく相性がいいですね。これは美味しい。

いろいろと見聞きしたことをまとめると、初代の店主がオリジナルのラーメンを模索する中で、このスタイルのラーメンにたどり着いたそうです。麺、スープともにオリジナルで、ワカメがのったラーメンというスタイルも老郷が最初なんだそうです。

餃子は皮がつるつる、肉汁がたっぷり。ニラがしっかりとアクセントになっていて、シンプルだけど 食べ飽きない味です。

口に入れた時に、ブワッと溢れるスープがたまりません。

タンメンは食べ進めて味を変えたいなと思ったら味チェンのチャンスです。テーブルに備え付けのラー油を投入すると…

ピリ辛で香ばしい平塚タンメン 辛いver.が完成。辛くてハマる!

このラー油、唐辛子が利いてる上に焦がしニンニクもいい仕事をしていて美味しい。ラー油だけでも買って帰りたいです。

平塚でタンメンを食べてみたら、一般的なタンメンとは少し違うけど、地元で愛されるおいしいローカルラーメンに出会えました。ガツンとパンチがあるラーメンではないものの、好きな人は毎週食べたくなるような一杯でした。

平塚の北口(大きな改札)から出た場合は、ウェンディーズの角を曲がって5分ほど歩き、ローカル感たっぷりの大人のビルを曲がったら到着です。

またひとつ数え切れない魅力を知ってしまった。平塚をめぐる冒険は続く。

老郷 本店
神奈川県平塚市紅谷町17-23
0463-21-3658
11:30~23:00
月曜休み

「ラーメン」が好きなら読んでみて
新橋のサラリーマンも認める「美華園」で激辛・唐辛子麺を食す
【CoCo壱番屋】限られたココイチにあるカレーらーめんにハマリ中

「湘南」が好きなら読んでみて
湘南エリアの人気店・焼肉ざんまいは異次元のコスパで色々すごい
∞プールも!大磯プリンスの「THERMAL SPA S.WAVE」は人気なわけだ
焼酎飲みたきゃココ!茅ヶ崎の人気店・とり介は酒好きならドはまりする