【アイデア】飲食店で喫煙を不快に思わせない2つのルールを考えた

タバコ自体は嫌いじゃないし、昔は吸っていたんですけど、吸う人と吸わない人でなんかタイミングとか気持ち良さが噛み合ってないなと思うことがよくあります。

さっき、ふと飲食店とかで非喫煙者に喫煙を不快に思わせないルールが2つ思いつきましたので紹介します。

1.禁煙禁止(来店不可)にする

店側が、タバコを吸わない人は最初から入れないようにすればいいんじゃないでしょうか。

「外国人お断り」とか「日本酒飲めないとお断り」とか結構ありますよね。前者はちょっと際どいような気がしますが、基本的にはよっぽど不合理な理由(明らかな差別とか)がない限りは店主の判断に従うというのが法の一般的な認識だと聞いたことがあります。

これなら喫煙者の人も思う存分吸うことができるし、非喫煙者の人がお店の中で「ああ、今吸ってほしくなかったな」とか思うことがなくなると思います。

まあ、これは半分ネタみたいなものでした。

2.吸わない人が吸うタイミングを決める

最近は受動喫煙防止法があるので、そうも言えないと思いますが、結局店が喫煙可だったら吸いたい人は吸うんですよ。特定の場所や場面で禁止されている状況を除けば、喫煙を禁止する法律は今のとこないんです。

喫煙可の居酒屋とかなら、「そんなに嫌だったら別の店に行けばいい」って考えもあるかもしれませんが、吸わない人もその店に行きたいんでしょう。喫煙の可不可は店主の判断なので、行きたい店が喫煙不可でも魅力があれば行きたいですよね。

だから結局、喫煙の問題は(今はまだ)マナーの問題なんです。吸うも吸わないも自由だけど、お互いが気持ちよくすごせるようにしようと。現在はちょっと喫煙者の方が立場が強いように感じることがありまして。

ってのも吸わないことで周りに与える影響と、吸うことで周り与える影響だと、後者の方が大きいと思うから。

吸わないことで周りに与える影響<吸うことで周りに与える影響

例えば、こんなシーンないですか?ちょっと極端な例かもですが。

食事を食べようと喫煙可の飲食店に入ってカウンターに座ると、隣に先に座っている人がご飯を食べている。美味しそうなので同じものを注文すると、ちょうど隣の人が食事終了。さあ食べようかというタイミングで、タバコを吸い始めた。おいおい今かよ、と。

うん、これはありそうです。

いや、いいんですよ。別にタバコ吸っても。それは好き好きですけど、でも今か?って。というのは、食事しながら吸ってなかったでしょ?って。同じもの食べるんですよ、この人もきっと。

だから、こういう場合は後から来た人がタバコを吸っていいタイミングを決められればいいんです。「今はちょっと」とか「逆に今」とか。

今も「タバコ吸っていいですか?」って声かけることありますけど、あれは儀礼的なものでしょう。 そうじゃなく、「よしわかった、あなたはタバコが吸いたいなら、ハンバーグの2口目と3口目の間にどうぞ」とか言えたらいいんですよ。

拒否することも、タイミングを決めることができれば、「あのお、タバコ吸っていいですか?」も実際的な意味が出てきて、いい緊張関係が生まれます。囚人のジレンマ的な楽しみもあります。

どうでしょう?面白いから今度やってみてください。