渋谷の立ち飲み「なぎ」で味わったお酒と料理で1年を感じる

百軒店の立ち飲み・なぎによく行きます。

会社が渋谷から新宿に移ってからは回数が減りましたが、それでも一番多く行ってるかもという店の一軒です。

百軒店を上っていくと、ひっそりと佇む人気の立ち飲み

福島の日本酒が揃っていて値段もお手頃、それにおつまみにもメチャクチャ気が利いていて、最高のお店。近くに来たらつい足が店に向いちゃいますよね。

一年の終わりに振り返ってみると、お酒に季節感があるのはもちろん、料理も旬の素材を使っているため、行く度に違うものが楽しめるっていうか、季節が感じられるんですよね。口にしたものを通して。

(関連)【速報】渋谷「なぎ」の本わさび丼がウマすぎて酒と刺身がエンドレス

お酒は、夏酒やひやおろしのように季節ものの商品もあるし、毎年蔵でいつ発売するか決まっている商品も時期を感じさせますね。

春から夏にかけては定番商品や爽やかなタイプを飲むことが多かったですね。天明の限定ライン「央」が飲めるのは東京では多くないかも。

もう少し季節が深まると、秋らしいお酒が出て来ますね。福島は割と秋のお酒が出てくるのが早いイメージ。

会津娘のつるし、ビンテージ違いで飲みましたがやっぱりおいしい。

秋は魚も脂がのって美味しいですね。

季節にかかわらず、魚はいつも本当に良いものが入ってる

野菜でも、その時期に食べられないものが多いですね。パパッと手早く美味しい料理ができるからすごい。

生イチジクを使ったサラダ。食感はシャクっとして甘みがたっぷり
生キクラゲと豚肉の炒め物。弾力があって歯ごたえが良い

12月くらいになってくると新酒もボチボチ出て来ますね。

飛露喜だって500〜600円なんだよ、信じられないだろう?

冬の魚はおいしい。会津って海はないけど、刺身に合わせやすいお酒はたくさんある。

刺身からトントン…と作ってくれたブリのなめろう。ヤバうま

いつ行っても、その時々の味が楽しめる立呑み なぎ。書いていたら早くも次はもう行きたい。

立呑み なぎ 
渋谷区道玄坂2-20-7
03-6416-5257
17:00〜24:00
日曜・祝日休み