18.09 北海道⑤苫小牧の超有名店「マルトマ食堂」の海鮮丼wwwww

おはようございます。早起きして港にやってきました。

漁船が多く繋留され、天気も寒々しい曇り空。いかにもな雰囲気がある港です。ここは札幌から車で1時間半くらいの場所にある苫小牧の港。

苫小牧に持ってるイメージといえば何でしょうか。「桃太郎電鉄」では製紙・パルプの物件をよく買っていました記憶があります。

あとは甲子園を沸かせた、NY在住のドルオタ・田中将大投手がいた駒大苫小牧でしょう。ちなみにこの辺りの飲食店には、マー君と店の人が撮影した写真が飾られているところが多いそうです。

そういう特色、イメージがありつつも苫小牧はやはり港町。新鮮でクオリティ抜群の海産物が多く水揚げされる土地なんだそうです。水揚げ量が日本一のホッキ貝なんかが有名ですね。

そんな苫小牧で人気の、美味しい海産物を食べさせてくれる食堂にやってきました。

雨の中、建物の外まで行列ができています。昼時になると人の数が増え、待機列がもっと伸びるそう。

早起きして足を伸ばしたお目当てはこちら、苫小牧漁業協同組合事務所の建物の中にある「マルトマ食堂」です。

ホッキのホッケー選手!

会議室とか何かでしょうか。漁協の建物なので、入口は一見、飲食店とは思えない雰囲気。でもしっかり店の前にメニューが書かれていますね。

午前中の早い時間だったため、待ち時間 0で入店。お店は5時~14時までの営業です。

港の食堂なので海鮮が中心ですが、そばや定食などそれ以外にも様々なメニューがありました。

日替わりでオススメの刺身がのるという「マルトマ丼(1300円)」をお願いしました。

店内には有名人のサインが所狭しと貼られています。壁だけでは足りず天井まで。

こういうのは食堂らしいですね。ホッケもおいしいんだろうなあ。

ホッキ貝!500円でどっさりです。単品で追加しちゃおうかしら。

待つことしばし、マルトマ丼です!味噌汁とお漬物がセットになっています。ホッキ貝も頼んでしまいました。

この日のマルトマ丼は、エビ4尾にホッキ、つぶ貝、ぶり、マグロ(トロ)、いくら、ウニにサバ(かな?)フライという内容でした。

向きを変えてみましょう。こうですから!

北海道にいる間、海鮮丼を食べられるチャンスは結構ありましたが、やはり観光地や良いお店に入ると3000円くらいかかるんですよね。まあ3000円くらい払えよという気もしますが、普通の一食としてはやや高いかなという気もします。

なので、このマルトマ丼1300円はかなりお得なのでは。ご飯こそ、寿司屋や専門店の海鮮丼と違って炊きたての温かい米ですが、ネタのバリエーションや一つ一つのウマさは格別。

これはスゴいですね〜。行列になるのも理解できます。次は名物のホッキカレーも食べてみたいなあ。

厚真町に戻る途中、社台スタリオンステーションがありましたよ。どこかにディープインパクトやオルフェーブルもいるんでしょうか。

マルトマ食堂
北海道苫小牧市汐見町1-1-13

0144-36-2023
5:00~14:00
日曜・祝日休み
http://marutoma-shokudo.com/