【電源・無線LANあり】那覇空港の「ラウンジ華」でノマドワークした

ちょっと前に仕事で沖縄に行っていました。で、その帰り道の那覇空港です。

出張や外での作業って、時間があるようで全然ないですよね。時間は半分くらいに見積もっておかないと、詰むことがよくあります。

関連記事 >> 【青ヶ島】外で仕事できないダメ編集者が死ぬ気でノマドワークしてきた

飛行機での移動日なんて特にそうで、12時那覇発で14時40分羽田着みたいな場合、朝ホテルを出て、空港に着いて、飛行機で東京に戻って会社に夕方前に着くくらいのスケジュールになります。

細々した時間を合計すれば半日くらいの作業時間が捻り出せると思いきや、実際はなんだかんだその半分も有効に使えないことがよくあります。

なので、大切なのはちょっとしたスキマ時間でも集中して仕事に向き合うこと。ニュースやTwitterを見て仕事しているつもりになっていてはダメなんです。生産性の高い時間を増やしていかないと、出張するたびに仕事が滞ってしまいます。

ということで、那覇空港では1Fにあるラウンジ華を利用してみました。

入場料は1296円ですが、無料になる提携ゴールドカードが多くあります(それだけ利用者が多く、混んでいるとも言えます)。

ラウンジ華は、コピー機や作業用デスクがあるエリアと、ソファ席とカウンターがある一般席エリアがあります。

WiFiは空港のものが利用でき、電源は作業用エリアと一般席のカウンターで使うことができます。

他に設備としては、ドリンクバーと雑誌コーナーがあります。アルコール類は有用で、ソフトドリンクは飲み放題(持ち帰りは禁止)。

ラウンジ華を使ってみた感想ですが、それほど広くありませんが、割と静かで作業はしやすいと思いました。ただ飛行機が増える日中の時間はかなり混み合っています。電話は入り口横の電話ブースでのみ可。

電源は一般席のカウンターにもありますが、仕事や作業をするならやはり作業用スペースが良さそうです。一面壁の無機質な部屋ですが、利用者も少なく仕事がはかどりそうです。コピー機はFAXもUSBからの出力もできなかったはず。

シャワーは30分で864円。清潔で使いやすいですよ。

飛行機までの時間、集中して作業したい時にラウンジ華良いかもしれません。ラウンジ内は館内放送が聞こえないので、乗り遅れに注意しましょう。

搭乗直前は21番・31番搭乗口の近くにある電源付きデスクが良いですよ。

それでは良い旅を。

「沖縄」が好きなら読んでみて
量すご!波布食堂の「肉そば」こそ伝統ある沖縄の二郎系メニューでしょ
「神の島」と呼ばれる久高島に行ってきた。何もないけど何かがある島
【癒しネコ】天ぷらで有名な奥武島は“猫天国”だから寄ってみて