CL決勝でミスしたリバプールGKが失敗を恐れる僕らに教えてくれたこと

ネットを見てたら、こんなツイートを見つけました。

なるほどですね。一応、僕はサッカーというニッチなスポーツをたまに観戦するのを趣味にしていて、イングランドのプレミアリーグに所属しているリバプールというチームが好きです。

リバプールはビートルズの出身地。氷にぶつかって沈んだタイタニックの母港で、三角貿易の時代にはアメリカ大陸に向けて奴隷が送り出された悪名高い港としても知られています。

僕も2回行ったことがあり、一度はアンフィールドというスタジアムでリバプールの試合を観戦しました。遠くにルーニーが見えた。

で、この間そんなリバプールがチャンピオンズリーグ(CL)というヨーロッパのナンバーワンを決めるコンペティションで決勝まで勝ち進み、スペインのレアル・マドリードと対戦しました。

リバプールがCL決勝に進むのは13年ぶり。経営破綻寸前の時期を経て久々の大舞台です。

Embed from Getty Images

僕もよく行く明大前のバーで試合を見ていましたが、あんま盛り上がってるの見るの久々ってくらいでした。日本(東京?)って結構リバプールファンが多いらしい。

結果はスペインの巨人レアルに3-1で破れて惜しくも優勝を逃してしまったのですが、この試合で悪い意味で目立ってしまった選手がいました。ネットでは「ゲーム・オブ・スローンズに出てきそう」な風貌で知られる、リバプールのイケメンGKロリス・カリウスです。

Embed from Getty Images

51分のこのプレーを見てみてください。相手のパスをキャッチしたカリウスは、ボールをすぐに味方に展開しようとしたところ、レアルのFWカリム・ベンゼマに足を出されて、そのボールがそのままゴールイン。

これには驚きました。こんなことがこんな舞台で起こるのかって。もちろん、このゴールだけで試合が決まったわけではなく、試合を通じてレアルの方が上だったんですけど、試合の流れを方向付けるプレーだったことは確かです。

試合後、カリウスは起き上がれず、相手チームの選手が励ましの声をかけていました。

Embed from Getty Images

試合が行われたウクライナのキエフまで足を運んでくれたファンに許しを請うような仕草を見せるカリウス。

Embed from Getty Images

ファンが温かい拍手を送るこのシーンは、長い今シーズンのCLのハイライトと言っても良いシーンでした。グッとくる。

カリウスは、試合翌日にも辛い心情や申し訳ないという気持ちをインスタにつづっていました。

決勝でミスはしたけど、それ以上にチームに貢献していたから決勝に出られたわけですしね。

「僕のせいで負けた」…”世紀の凡ミス”を犯したリバプール守護神カリウスが涙の謝罪 | サッカーダイジェストWeb

その失態が、結果として、チームの士気を下げてしまったのは言うまでもなかった。  5月26日に行なわれたチャンピオンズ・リーグ決勝、連覇中の王者レアル・マドリーに立ち向かったリバプールは、ゲーゲン…

一部ではチームメイトもカリウスのミスにがっかりしたなんていうひどい報道もあったんですけど、いい加減な記事はやめてもらいたいところです。

ただ、一部のファンが試合を決定づけるミスをした(と見て)カリウスを激しく批判する事態にも発展。ネットなどでも厳しい声が上がっていました。

自称ファンA
ありえない!小学生でもしないミス!

自称ファンB
カリウスのせいでリバプールが負けたんだ!

自称ファンC
ゲームをぶち壊して、お前ただじゃおかないぞ!

昔、松本人志がどこかで「応援してるチームの結果が自分の気分がどうこうするのがわからない」と話してましたけど、怒るファン(なのかそれは)もいるんですね。

SNS上では批判に止まらず、脅迫まがいのメッセージを送る輩もいたといいます。

CL決勝で衝撃ミスのリバプールGKカリウス 英警察がSNS上での”死の脅迫”を調査

リバプールのドイツ人GKロリス・カリウスは、26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝のレアル・マドリード戦(1-3)でミスから失点を献上し、試合後には涙に暮れた。大舞台で敗戦を招いた守護神に対し、SNS上で脅迫メッセージが相次いでいるとして地元警察が調査を動いているという。英公共放送「BBC」が報じた。

この辺については、プロリバプールファンのトニーのおっさんがツイートで完全に論破してましたけど。後半はレアルを攻撃する声に対する反応かな。

試合後もカリウスに対しては、多方面から温かい励ましとサポートの声が続々と上がっています。

リバプールのレジェンド、スティーブン・ジェラードはこうコメント。

Embed from Getty Images

故意にミスをする選手なんて誰もいない。私はミスを認め、ファンの謝罪した彼の行動を称えたい。リバプールファンはまた厳しい時期になると彼を支えるだろう。そして世界の頂点に立った時も彼を称えるはずだ

ジェラード、CL決勝で2つのミスを犯したカリウスへ“賛辞”送る | Football Tribe Japan

リバプールのユルゲン・クロップ監督も次のようにコメントしていました。

どうかカリウスのことを強く責めないでほしい。確かにとても辛いことだ。しかしこれもまた人生なのだよ

クロップ監督「カリウスを責めないでほしい」、古巣マインツからはエール | kicker日本語版

前に所属していたマインツをはじめ、様々なチームがTwitter上で声をかけています。

サッカーっていいですね。ドイツ代表のボアテングも「僕らはみんなミスをするよ」とツイート。

パラグアイの名GKチラベルトも「GKは誰でもミスをする。サッカーの良いところは、君にはリベンジする機会がある」といった言葉をかけています。

リバプールのプレミア最大のライバル(ここ20年の成績では大きく水を開けられていますが)、マンチェスター・ユナイテッドのバイリーもカリウスをサポートしています。これってすごいことなんじゃないか。

サポートの輪はサッカー界に止まらず、こんなスーパースターも登場。シェイマス!

リバプールが好きみたいですね。前にアレクシス・サンチェスがアーセナルからマンチェスター・ユナイテッドに移籍した時は、かなり口撃してました。アスパラガス野郎ってw

アーセナルはあいつがいなくなってより良くなるだろう。クラブのためにプレーしたい選手たちで編成できるからね。言うなれば、サンチェスはアスパラガス野郎さ。無駄に高い自然食品みたいな感じだな。本当に高すぎる
サンチェスをWWEのプロレスラーが酷評「無駄に高いアスパラガス野郎」 – ライブドアニュース

シェイマスのおかげで元気が湧いてきました。

カリウス、次はCLの優勝カップを掲げてくれ。負けても絵になるけど、勝ったらもっと絵になるぞ。

Embed from Getty Images

ミスを恐れずに前へ進みましょう。