季節のいちごを食べよう!千葉・茂原市のくろいちごcafeがいちご天国

このあいだの休みに千葉に行ってきました。妻が食べたい、いちごパンケーキがあるそうなんです。

目的地は茂原市。ひと昔前までは通称「こりん星」と呼ばれていたエリアですね。

湘南からだと戸塚から湘南新道→首都高→アクアラインというルートで1時間ちょっとでもう木更津です。時間があったら久里浜から金谷までのフェリーも魅力的です。アクアラインでは、海ほたるで休憩。

うちでは休日のおでかけは毎回私が寝坊することになっていて、当然朝ごはんも食べず慌てて家を出るわけですが、このまま欲張って(ケチって?)茂原まで行くと空腹でいらいらして妻との間にいらぬ摩擦、紛争が生まれてしまいます。

世界を探しても、海の上に浮いているスタバはそんなに多くないのではないでしょうか。が、おじさんのスマホでは映えるものも映えません。

休日は駐車場がめちゃくちゃ混みます。とはいえ10分くらいで入れたかな。

海ほたるを出たら、アクアライン連絡道で圏央道まで行って、茂原北ICで降りて、もうすぐで目的地。畑と民家のエリアなのでわかりにくいですが、「くろいちごの里」と書かれたハンドメイドの看板を見逃さないようにしましょう。

その看板に従って先へ進むと、柏レイソルの萱場グラウンドが見えてきますが、右手を向くとこの看板。目的地に到着です。

お店の向かいの空き地(畑?)。のどかな風景です。

ここですね。くろいちごcafe。入口のビニールハウスが農園感があって良い感じ。

いちごやブルーベリーを栽培している浦部農園のカフェで、とれたての素材を使ったメニューを出しています。雑誌やテレビにもよく取り上げられるらしく、先日は「ヒルナンデス」でも放送していたらしいです。

店内ではいちごも販売しています(11月中旬〜6月末まで)。店名にもなっているくろいちごがとてもおいしいらしく。実際に買って帰ってみたら、酸味は控えめで甘みが強く、めちゃくちゃ好き。

カフェメニューはこちら。手作りドリンクにコーヒー、ビールもあります。フードメニューはパンやパンケーキ、デザートも。完全予約制ですが農園ランチも提供しているようです。

こちらで注文を済ませたら、↑この写真の右奥にあるドアの向こう側のカフェに案内してくれます。

カウンターが6席くらいと、テーブルが3つかな。白を基調にしたシンプルでおしゃれな空間です。お花もきれい。

カウンターの左端の席がちょうど空いたので通してもらえました。普段はかなり混むらしく、長い時間待つことも珍しくないそうです。

タイルのカウンターと白い木の壁。それからさりげない花。Hanakoのページじゃないですか。

吊り下げられたライトもおしゃれ。

セルフサービスの水入れも素敵。

10分ほど待っていると、注文していたイチゴパンケーキ(1000円)とイチゴパフェ(650円)がやってきました。外が明るいのでコントラストがきついですが、写真もかわいい。

これもうHanakoの1ページじゃないですか(2回目)。

いちごパンケーキは、くろいちご、かおり野、とちおとめ、やよいひめという4種類のいちごがどっさり。お店で買う1パック分くらい使ってるんじゃないかという量で、さすがにいちご農園だなと。

こちらは僕が注文したイチゴパフェ。

いちごパフェ、上から見るか、横から見るか。

上から見たら手裏剣みたいでかわいい。こちらのパフェはかおり野という品種なんだとか。コーンフレークにヨーグルト、生クリーム、たっぷりのいちご、アイスクリームがのっていておいしい。

思い出しただけでいちごの甘酸っぱい味が口の中で蘇ってきました。

くろいちごcafe、とってもオススメです。また千葉ドライブのコースが魅力的になってしまいますね。

関連記事 >> グルメ、買い物、観光…千葉ドライブ1泊2日に行ってきた【モデルプラン】

帰りは2017年にオープンした木更津の道の駅、「うまくたの里」に寄りました。おナッツはちょっとよくわかりませんが、野菜の品揃えが圧倒的で一見の価値ありですよ。

それでは帰りもお気をつけて。

くろいちごcafe
千葉県茂原市萱場3611
0475-34-1583
10:00~16:00
木曜休み

くろいちごcafe

千葉」が好きなら読んでみて
今年も千葉最強だと思う宿「政右ヱ門」で贅沢すぎるグルメを満喫した
満足度高し!浜のいそっぴは夏のバーベキューの超穴場【千葉】
乃木坂46高山一実の初小説『トラペジウム』を読んだら青春を感じた