ドライブ帰りに甲府のスーパー銭湯「源泉湯 燈屋」でひとっ風呂浴びる

先日、長野方面に出かける機会があったので、帰り道に甲府の温泉に寄ってきました。

山梨の県庁所在地である甲府は、周囲を南アルプス連峰や奥秩父といった山々に囲まれていて、全国的にも珍しい県中心部で多くの温泉が湧く地域なんだそうです。

やってきたのは、中央道の甲府南ICや笛吹八代ICから15分くらいの場所にある「源泉湯 燈屋」。

目印となる物見やぐら風の看板も、建物も外観も和風のテイスト。なんでもジブリ映画「千と千尋の神隠し」に登場する油屋をイメージしているとか。

源泉湯 燈屋は、温浴業界で輝く人・お店を表彰する「おふろ甲子園」の第4回で日本一に輝いたという有名店。地元の常連客も多いようで、こんなに人が来るのかという賑わい。マンガ『テルマエ・ロマエ』の成功した温泉のシーンでよくある芋を洗うような混雑ぶりでした。

燈屋の内部はこんな感じ。

燈屋の源泉かけ流し「和こしの湯」は弱アルカリ性の単純温泉。ただ成分にはナトリウムイオン、塩素イオン、炭酸水素イオンを豊富に含み、身体を温めて保湿効果も高いそうです。

お湯ももちろん気持ち良いんですけど、すごく印象的だったが抜けの良い露天風呂。晴れた青空がたまらないですね。甲府は少し温度が下がるため、気温の低さとお風呂の温かさのギャップがあって、この自然の温冷浴はエンドレスに続けたくなります。

サウナは座るところが段々になっているスタジアムサウナ。温度計によると90度ということでしたが、体感的には上段はもう少し暑く感じたかもしれません。水風呂は19度くらい。冷たくもなく、ぬるくもなく。冬は露天ゾーンの外気浴があるので、物足りなさはそれほどありませんね。

はぁ、気持ちが良かったですね。お風呂の他は1Fにお食事処「源食菜菜」とちょっとした無料の休憩スペースあり。少し古いラインナップですがマンガも少し置いてありました。

2Fの無料リクライニングチェア・コーナーです。このフロアにもマンガがいくつかあって、『テルマエ・ロマエ』もありました。夕日がいい感じ。

夜までゆっくりお湯に浸かっても、1時間ちょっとで都内に戻れる意外な近さの甲府。甲信方面へのドライブついでにどうぞ。

源泉湯 燈屋
山梨県甲府市上阿原町590-3
055-236-3515
10:00〜24:00
水曜休み
入館料:一般930円、会員760円、中学生未満400円

源泉湯 燈屋

「山梨」が好きなら読んでみて
希少なウイスキーも堪能…白州蒸溜所の見学ツアーが至れり尽くせりすぎた

「ドライブ」が好きなら読んでみて
無印が手がける鴨川の“道の駅”「みんなみの里」が楽しい【千葉】
【乃が美】名神ドライブ帰りにサクッと話題の「生食パン」を買う方法
グルメ、買い物、観光…千葉ドライブ1泊2日に行ってきた【モデルプラン】