恵比寿のアメリカン角打ちJOLLYSはクラフトビールが揃う良店!

オシャレなエリアのイメージが定着し、毎年の「住みたい街」ランキングでも安定して上位に入る恵比寿。

飲食店もハイクラスな店が多いことは間違いないんですけど、その一方で意外にもひとりでも気軽に使える良いお店が多いエリアでもあります。

例えば、こちら。僕も近くまで行ったら時々寄らせてもらうJOLLYSです。

ぱっと見カフェかサーフショップのような外観ですが、こちらのお店は音楽スタジオ兼角打ちという業態。店内もアメリカンかつサーフな世界観でかなりクール。

アメリカのクラフトビールのパッケージを生かした、DIYインテリアもかなりセンスが良いです。この雰囲気を求めてかどうかはわかりませんが、JOLLYSは外国人のお客さんもすごく多い立ち飲みです。

冷蔵庫にぎっしりと詰まったクラフトビールの数々!これはビール好きにはたまりません。

角打ちなので、小売り価格にちょっとプラスしたくらいの値段でお得感も十分。クラフトビールって、お店で飲むと少し高い感じがする時ありますよね。もちろん値段には理由があるわけですけど。

ジャケ買いでRogue Pendleton Pale Ale /ローグ ペンドルトン ペールエールからスタートしてみます。サイドのカラーが好き。

香り豊かなホップが存在感あっておいしいです。一杯目のペールエール万歳。

飲み物もつまみも、決まったら冷蔵庫・棚からとってレジで支払いをします。つまみはお菓子や乾きもの、缶詰などがいろいろ。

サワークリーム味のポテチとかまじ最高でしょう。ペールエールと合う予感しかしません。店内で飲む時はタンブラーなんかも貸してくれます。

いかにもモダンで流行をがっちり捉えたようなJOLLYSですが、実は大正時代に創業した「阿波屋酒店」が2016年にリニューアルオープンしたお店なんだとか。

「お酒」、「音楽」を通じて、恵比寿が地元の人、恵比寿で働く人、恵比寿に遊びに来た人等、恵比寿に関わる人々が繋がり、皆が『Jolly』な気持ちになって頂けるようなお店を始めたいと思い、この度2016(平成28)年5月より『JOLLYS LIQUORSTORE SOUNDSTUDIO』としてリニューアルオープンする運びとなりました。

JOLLYS

お店は後継ぎの若いご夫婦が経営していて、サーファーの旦那さんとアメリカ留学経験のある奥さんのやりたいことを集めたお店として、こんな風な素敵なお店になっています。

パンクバンド・NOFXとアメリカンクラフトのStone Brewingとのコラボレーション・ビール「Stone & NOFX Punk In Drublic Hoppy Lager」です。ウマいホッピーラガー!

カッコいいビールは夜の明治通りも似合います。

缶詰は、サバみそやさんま、やきとりといった定番だけでなく、他ではあまり見かけないような珍しいものや高級なものも。角打ちは業態の制約上、どうしてもフードが物足りないことがありますが、これだけ充実していれば満足できそうです。

この日は最後、Lost CoastのARRGH! Pale Ale/アーグ ペールエールで締めました。

少し濁ってて、旨味とクセの紙一重みたいな、オイリーで特徴的な香りがパンチある!一回飲んだら忘れられない味ですね。

こんな出会いもクラフトビールの面白いところだし、こんな風な出会いができるJOLLYSもまた素晴らしいお店です。恵比寿に行った際には少し駅から離れて、明治通りまで足を伸ばしてみてはどうでしょうか。

JOLLYS
東京都渋谷区東3-15-12 第2阿波屋ビル 1F
03-3400-1029
12:00(月・土14:00)~0:00
日曜・祝日休み

JOLLYS

恵比寿」が好きなら読んでみて
噂通りトリュフTKGがヤバい!十番右京 恵比寿店で昼飲みランチした

クラフトビール」が好きなら読んでみて
「獣になれない私たち」でガッキーが入り浸るビアパブについての考察
クラフトビール30種!? 新橋「IBREW」の飲み放題は目を疑うヤバさ
辻堂にオープンした「マッケンディー」はピザがウマすぎビールも豊富