新大久保の韓国ちゃんぽん専門店「香港飯店」のちゃんぽんがマシッソヨ

よく新大久保ランチのことを書いているんですけど、わざわざ検索してブログに来てくれる人も多くいます。いつもありがとうございます。

しばらくやっていると興味深いユーザーの動きがわかるようになって、それは日本と韓国の摩擦が大きくなると(今回は徴用工)検索ボリュームが少なくなること。

意識的にか無意識的にか、韓国のイメージが強い新大久保を避けるようになるんでしょうか。ただ僕はランチに政治を持ち込みたくないので、予定通り新大久保に行きます。

もちろん食事やその背後にある文化が、必然的に政治性を持つことを否定しているわけではありませんが。

関連記事 >> 【新大久保】超おすすめ韓国料理ランチ!適当なやつじゃないガチまとめ11選

さ、ということで!

新大久保にやってきました。

休憩10分前から念入りにストレッチを行い、時間になった瞬間から陸王ばりの長距離スプリントで職安通りまで走り抜けました。

目的地は香港飯店。…香港?韓国料理?

大丈夫、間違ってません。香港飯店は韓国全土でチェーン展開する韓国ちゃんぽんの専門店。例えるなら、名古屋にある沖縄料理店「網走」みたいな感じでしょうか(架空)。ややこしいことこの上なしです。

店内はカウンターが少しとテーブル席があります。

日本人だけでなく、周辺に住んでるアジアの人たち、学生、旅行者など国際色豊かな客層でインターナショナルでリトルアジアな雰囲気。

メニューは基本、看板メニューのちゃんぽんとチャジャン麺、それぞれバリエーションつけたものがいくつかあるくらい。僕はちゃんぽんを食べたい時に利用することが多いです。

個人的にチャジャン麺(ジャンジャン麺)って食べるシーンがわからなかったんですけど、留学経験があって韓国濃度が高い友人によると「日本のカレー」みたいな、どこにでもあるけど時々食べたくなるメニューなんだとか。

そう言われると、慣れるまで食べてみようかしら、という気になります。キッチンはガラス張りになっているので調理スタッフの様子が見えました。

注文したちゃんぽんが来ました。ドン!

ドドン!

日本でちゃんぽんと言うとあんかけの長崎ちゃんぽんのイメージがありますが、韓国ちゃんぽんは唐辛子たっぷりの真っ赤っかなスープ。

飲み口は意外とサラサラしていて、さっぱりしてるけど後からコクと辛さがやってきます。アサリやタコのダシがしっかり出ていますね。最初、あんまり辛くないようですがグイっと飲むと当然むせます。

麺の上には白菜、ニンジン、キクラゲ、タコなど具がたっぷり。麺は日本のチャンポン同様に太めでスープがよく絡みます。

食べ進めていくうちに、お腹の奥から体が熱くなってくることを感じます。

辛いものを食べてストレス解消。でもそれ以前にウマいですからね。しばらく時間が経つと無性に食べたくなる一品です。

チャジャン麺はこちら。

甘すぎず、それでいて味がしっかりと出たバランスの良いチャジャン麺だそうです。

辛いものに飽きたら韓国の家庭の味をどうぞ。

香港飯店
東京都新宿区歌舞伎町2-19-10 1F
03-6265-9952
11:00~23:00
無休

「新大久保」が好きなら読んでみて
好きなだけ野菜を!新大久保「やさい農家」のランチ食べ放題が使える
【最新版】新大久保マニトがメニュー変更!新「赤字セット2」徹底レポ
味、コスパ、入りやすさ!春川チーズタッカルビは現時点で最高の一軒だ

「韓国料理」が好きなら読んでみて
【大久保】隠れ家的な名店「王家」のランチを本気でオススメしたい
【追記】日比谷のJR高架下にある韓国料理屋「まだん」が6月で閉店