マツコ番組にも登場!富士山須走口のきのこメニューがすごかった

はじめに、この記事のカテゴリーが「静岡」なのは、富士山が静岡のものと言っているのではなく、紹介する須走口にある山荘の住所が静岡県という意味です。

山梨県民の皆さんにあっては、どうか怒りのコメントや荒らし等はご遠慮くださるよう、よろしくお願い申し上げます。私の出身地は東京都の八王子市であり、もはや私の1/3くらいは山梨県としてのアイデンティティと言っても過言ではありません。

さて先日、富士山が山開きした直後、思い立って早速登ってきました。スタートとゴールは須走口に設定して、夜に出発して、お昼前に戻るというプランです。

須走口への下山道は「砂走り」を通過しますが、この下りがメチャクチャ辛い。登りに比べると、かかる時間そのものは早いんですけど、足が重くて途中からはもう足首から先が砂になっちゃったかと思います。

砂走りを抜けて、さらに林のエリアを抜けて、須走口で山小屋を見つけた時の助かった感はすごいです。ああ、本当に疲れた。東富士山荘で一休みしましょう。

サービスできのこのお茶を出してもらえるんですが、このお茶のおいしさは忘れない。少し塩っぱいのが、体に沁みわたるんです。ああ、やっと帰ってきたと実感が湧いてきて。

あとはラムネを飲みたいところです。本当はビールとか行きたいですが、さすがにこんなフラフラで飲んだら日帰り温泉までたどり着けませんw

ところで、富士山は秋になるときのこがザクザク穫れる、きのこ狩りスポットなんだとか。この東富士山荘も、きのこ料理が充実した知る人ぞ知る山小屋で、先日もテレビ番組の撮影チームが訪れたそう。その模様は8月上旬に放送されますが、どちらのデラックスさんの番組でしょうか。

せっかくなので、一押しのきのこ料理を食べてみたいですね。「きのこを満喫したければ、きのこクリームパスタかきのこうどん・そばがいいよ」とお店のお兄さんにオススメしてもらったので、そばをお願いしました。

ラムネをちびちびやっていると、長くは待たないうちにきのこそばが到着です。

すごいきのこの量!知らない種類もたくさんあります。

まだこの時期は7種類ほどですが、秋の最盛期には15種類もの狩りたてきのこが入るそうです。一つ一つ味や食感、大きさが違って、ちょっと苦いのがあれば渋いのもある。すごい美味しい。

麺は少し太めで、日本そばとは違う種類みたいです。地元のそばなんでしょうか。

これは思い出になる一杯。登山の帰りにも、ドライブついでにも(9月10日まではマイカー規制ですが)、ぜひ試してほしいきのこ料理です。

9月10日以降にはきのこ狩り客も増えて、山荘の前では毎日毒キノコ仕分けが行われるとか。実際、毒キノコが多いそうです。
いいなあ、楽しそう。秋になったらきのこ狩りにも寄らせてもらいましょう。

東富士山荘
静岡県駿東郡小山町須走17-39
(営業期間のみ) 090-3254-5057
営業は4月下旬~11月中旬。6:00~20:00、7月1日~8月31日は予約により4:00〜22:00まで可
http://www4.tokai.or.jp/yamagoya/

【追記】ふじあざみラインの土石流の影響により2018年は5月上旬時点で休業中。最新情報は東富士山荘のTwitterアカウントで。