一度でハマる!地元民が愛する勝浦タンタンメン「はらだ」がやっぱ名店

千葉が好きで結構行くことがありますが、遠い遠い外房まで行った時に、ぜひ食べて帰りたい地元グルメが勝浦タンタンメンです。

B-1グランプリでゴールドを受賞したこともある、超有名な地域グルメの勝タン。自分では言ったことないですけど。

地元で、料理さんや海女さんが寒い時期に海の仕事の後に、体を温めるメニューとして定着した勝浦タンタンメン。一般的な、芝麻醤と挽肉がどっさりのった中国料理系の担々麺とは少し違うんですね。

メニューの特徴は、通常のゴマ系と違い、醤油ベースのラー油が多く使われたラー油系タンタンメン。

 具材はミジン切りの玉ネギと挽肉が入ることが一般的で、お店によってニンニク、ニラ、ネギが入ったり、スープも味噌ベースのお店もあったりと各店が特色を生かしたメニューを提供しております。

勝浦タンタンメン船団

そう、醤油ベースで、ラー油たっぷりなのが勝タンなのです。

駅前をはじめ、市内には食べられるお店がたくさんありますが、僕の個人的オススメはこちら。駅周辺から車で15分ほど離れたはらだ

地元出身という友人に教えてもらった、知る人ぞ知る人気店。味はもちろん、車じゃなきゃいけない、しかも最初はナビがあっても迷う、みたいなプレミア感も気分を上げてくれます。

消防団の車庫を目印に細い道を入って、店の前の駐車場に。はらだを通り過ぎた突き当たりに、昔病院だった敷地があって、そこに駐車する人が結構いるみたいですが、グレーな感じなんでしょうか。

右側の入り口から店内に入ったら、必要事項を書いて店員さんに渡します。①注文②自分の名前③携帯番号

席が少なく、待つ場所もないことから、準備ができたら呼んでくれるんですね。

メニューはこんな感じ。「辛いメニュー」です。心なしか、市内中心部より少し安いような気もします。「辛くないメニュー」もあります。

やっぱり安い。タンタンめんをお願いし、辛さを聞かれたので「辛く」でお願いしました。

ちなみに、千葉へのショートトリップとかだと食べる回数が多くなり、今回のご飯はちょっとパス…という時もあるかと思いますが、人数より少ない数でシェアさせてもらうこともできます。

届きました。地元の人から、遠方からのお客さんまでを魅了してやまないはらだのタンタンめんです。やっぱり美味しそうです。

細〜中くらいの麺と刻んだタマネギ、ニンニクがスープに沈んでいます。表面のラー油の層が厚い。

スープは最初、喉に当たるとむせるほどの特製ラー油の量!ベースは醤油で、鶏や牛のようなエキスも感じられます。タマネギからも甘みがしみ出ていますね。そうした旨みを、ヒリヒリする辛さ前回のラー油がまとめる構図。

麺は細めで食べやすい。ちぢれ麺がスープを絡めてきます。

やわらかく煮込んだタマネギもウマい。辛いけど、残さず食べちゃう。

やっぱり美味しい。女性の店員さんたちもすごく優しくてアットホームなんですよね。

一緒にいた友人が通常の辛さを注文していたので、スープを比べてみました。レンゲの上をみてね。「辛い」は色が少し濃く出ていて、ラー油層がレンゲの表面を覆っています(左)。通常のは、ラー油が少なく、色もやや薄くなっています(右)。

味も通常の方がまとまっており、要素をしっかり感じられると思います。激辛好きの方以外は最初はこちらでも良いかも。

お近くまで行ったら寄ってみてください〜。はらだの他にも好きなお店がいっぱいあるのでまた機会があれば紹介します。

◆はらだ
千葉県勝浦市松野388
11:00~スープが無くなり次第終了
火曜休み
食ベログ:https://tabelog.com/chiba/A1207/A120701/12000997/

「千葉」が好きなら読んでみて
誰しも一度でリピーターに。千葉・南房総の宿「政右ヱ門」は竜宮城並に最高の宿
満足度高し!浜のいそっぴは夏のバーベキューの超穴場【千葉】