キッチンすみっこで「好きな洋食屋を聞けば人生がわかる」と思った

ある人に好きな洋食屋を聞けば、過ごしてきた人生がわかる。

今思いついた、フランスのことわざ風だ。「あなたが食べているものを教えてごらん、あなたがどんな人物か当ててあげよう」的な。でも、そういうところがある気がする。

昼間、エビフライが食べたくなり、どこへ行こうかと考えながら、同時にこれまでの定食人生を振り返った。

何度も行った店、何杯食べたかわからないカツカレー。共通しているのは、どの店もその時々の住まいや学校、職場などから通いやすい場所にあること。遠出して訪れたお店は、心の洋食屋になりにくいのかもしれない。

で、エビフライはというと東急池上線は蓮沼駅の近くにあるキッチンすみっこへ行ってきた。

地域のグルメ本や雑誌のエリア特集では、必ずと言ってよいほど掲載される、地元の名店。

ついこの間は、日テレのnews everyでに紹介されていたそうだ。

キッチンすみっこと言えば、何をおいてもまずはカツカレーだが、今日は事情が違う。エビフライを食べに来ているのだ。

エビフライ定食か、エビフライカレーか迷ったが、カニクリームコロッケへの浮気心が沸き起こり、間をとってミックスフライ定食に決める。

お店は地元民とみられる人で満員。注文して待つことしばし。おばあちゃんも大きなカツカレーをほうばっている。

今日は飲まなかったが、お店ではお酒メニューも用意。角ハイ、ウーロンハイ、お湯割り、レモンサワー、ビール小瓶などが350円だ。

そして到着、ミックスフライ

もう美味しい。もっと寄ってみよう。

勢いのままに食すのも良いけど、今日はエビフライのエビフライによるエビフライのためのランチ。

それにふさわしい綿密なプランを組み立てる必要がある。よし、ヒレカツ→カニクリームコロッケ→エビフライに決めた。

まずはヒレカツ、サクッサクッ!肉が、ウマい。

次!カニクリームコロッケ!

コロッケは中のクリームが絶品。こってりとした甘さのクリームに、思わず口元がほころぶ。カニクリーム好きは全員来てほしいよ。

そして、エビフライ

うん。もちろんウマい

これはウマい。今日のところは、この満足を表現する言葉がない!

エビフライが食べたいって言って、エビフライを求めてきた客をエビフライで満足させるんだからすごい。

カツカレーはこんな感じ。

蒲田駅前にあったお店・南蛮カレーの味を、当時お店で働いていたキッチンすみっこの店主が復活させたそうだ。

初めての人は、ソースをかけて食べてみて。

◆キッチン すみっこ
東京都大田区西蒲田7-23-6 イズミコーポラス1F
11:00~21:00
日曜、月曜休み


 

「ランチ」なら、このあたりも読んでみて
激辛の聖地カーナ・ピーナ、灼熱の先に天国への入り口がある最強カレー
五反田「フランクリン・アベニュー」はデートにも◎
さわやかのスゴさは聞き飽きたって?初心者の正直な感想書くぞ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。