横須賀のJKはスカート短い。焼き鳥スタンド相模屋で会った親切な2人

横須賀のJKってスカート短いですよね。あれ、なんでなんでしょう。

横浜の向こうに何軒かたまに寄る酒屋があったり、まぐろの仕事で三崎口に行ったり、京急に乗る機会がたまにあります。好きなバンドはくるりです。

長い電車はエリアごとに変わる街の雰囲気も楽しいですが、品川からずっと乗っていると、大岡山をすぎて金沢文庫くらいから電車に乗ってくる学生のスカートが短くなっていく気がします。不思議。

さて、酒のヒトモトを出て細い路地を歩いて行くと、なにやら人だかりが。なんでしょうか。

 

近くまで来ると、地元の有名な焼き鳥屋、相模屋さんでした。

相模屋は店内と外のブースの二つの部分に分かれていますが、外の人たちは何をしているのか。さては、持ち帰りを待つ行列なのかな、と思いますよね。

これは、持ち帰り待ちではなく、外で焼き鳥を買ってすぐ食べれるスタンド。

似たようなお店では武蔵小山の鳥勇が有名ですが、相模屋も雰囲気があってとても楽しい。焼き鳥はALL80円です。

食べ終わった人が会計を済ませて列から外れると、全体がずいっと右に移動します。手が届く範囲になったら焼き鳥タイムスタート!列が長いように見えても意外とすぐ。

いただきまーす。料金は最後にまとめて払うので、気になったものがあれば勝手にとってパクッとしてOK。ないものは待っていると補充されます。

うん、ウマい。全部たべたいな。

え?タレが多いので手が汚れそうだな、と思いましたか?

そのために、列の手前に置いてあるティッシュを活用するのが通のやり方です。

僕はこれを列の前に並んでいた通い慣れた女子高生に教えてもらいました。

順番がくるまでの間、ティッシュをせっせと小さく折っていたので「何に使うの」と聞いたところ、「手にタレがつくので、串をもったり、手を拭いたりするんです」と。親切でとても感じの良い子たちでした。

8種類のメニューの内容です。

レバーもいただきます。うん、間違いない。

となりのJKは「やばいーひな鳥止まらない」って言ってました。いつも食べちゃうそうです。

ひな鳥も抜群に美味しかった。

串は誰も入れていない串入れにまとめておきます。自分の番号を忘れないように。

ポジションがスライドしたら、串も右側にスライドすると後ろの人も窮屈しなくてすみそうです。すごい、歴史に磨き上げられた効率的なマナー!

少なくなったものや冷えたものは温めてくれます。温かいとまた美味しいんだ。

ルールは簡単、この3つ。「お腹いっぱい食べてください」。

食べ終わったら串を持って、右側の会計へ。お金を払っておしまいです。

美味しい、楽しい、ホスピタリティー抜群。すごくアットホームで居心地の良い焼き鳥スタンドです。

相模屋、めっちゃ良いのでどうぞ。親切なJKもいるかも。いいなあ、学校帰りのこんな買い食いも。

◆相模屋
神奈川県横須賀市若松町1-1
12:00〜21:00
無休

「横須賀」なら、このあたりも読んでみて
横須賀=立ち飲み・昼飲み。せんべろ楽勝のヒトモトでまず1時間

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。