弾丸登山は注意!初心者による富士登山の超基本アドバイス12

辛いですよね、弾丸登山

こんなニュースがありました。

21歳の女性が同僚と一緒に午後11時頃に富士宮口5号目を出発し、午前4時半に山頂に到着するも、体調不良を訴えたそうです。

2016年には静岡、山梨両県が夜通しで富士山を登山する「弾丸登山」の自粛呼び掛けるよう、要望書を提出しています。

要望書では、弾丸登山について「登山者の病気やけがの原因となるとともに、登山道のさらなる渋滞を招き、登山の安全を損なう恐れがある」と指摘。減少傾向にはあるとしながらも、引き続き自粛を呼び掛けるよう訴えた。
富士山弾丸登山、自粛周知を要望 静岡、山梨県|静岡新聞アットエス

僕も吉田口から1回、須走口から2回、富士山に挑戦したことがあります。いわゆる弾丸登山に近い方法で、直近は2017年の7月、そうついこの間です。

そこで今回は、これから富士山に登ろうかな、という人に、少しでも体に負担をかけない、かつ安全な登山のための超基本のアドバイスを送ります。

準備編

まずは富士登山に必要な装備や持ち物をざっくりおさらい。

直近の登山で持って行ったのは次のようなもの。服装は省略します。

リュックサック、ヘッドライト、水筒(温かいもの)、ペットボトル2本、レインウェア・雨具、手袋、タオル、カメラ2台(デジタル一眼、コンデジ)、三脚、撮影用LED、腕時計、行動食、日焼け止め(クリーム、リップ)、トイレットペーパー、地図、スマホ用充電器、カイロ、イヤホン、保温シート。

着替え系は省略。検索すると、いろいろ参考になるサイトが出てくるので、見てみてください。例えばこんなの↓。

この持ち物に沿って進めていきましょう。

1.ライトは持ってけ

弾丸登山にチャレンジしようと思いついた血気盛んな若者に、一つだけアドバイスをするならこれ。

当然と思ったでしょう。それでも、いますから。思いつきでドライブしてきて、このまま行っちゃうか!みたいなノリ

月明りがあれば、多少は見えなくはないですが、それでもライトは必須。遭難します。ライトなしだと、このくらいの見え方です。

かすかに白くのは花。こんな明るさは、木がなくなる森林限界までたどり着けません。ライトなきゃ行っちゃダメ

 

2.地図は心の慰めになる

基本的には一本道で、迷いっこないでしょ。そう思ってますね?わかります。

でもそれは半分正解で半分間違い。そんな詳細な地図はいらないんですが、ないと自分がどこにいるかわからなくなります。

これは精神的にとても辛い。終わりのないマラソン。恐怖。休憩のプランも立てられません。

須走ルートは森ゾーンが長いですが、ほとんど標識などはなし。「あ、あと100mで○合目だって」って看板を見つけるパターンばかりです。

クリアファイルに入れてテープで止めれば、雨に塗れても大丈夫。

地図はここからダウンロードできるのが良かったです↓。

 

3.カメラは1台で良い

装備はいろいろあると安心ですが、詰め込みすぎると重さが足に来る

大切なことは電子機器を減らすことです。水は飲めばなくなりますが、カメラの重さは最後まで減らない。

今回、デジ一とコンデジ、2台持ってきましたがどっちかで良い。三脚はあると空が撮れる。照明はいったい何に使おうと思ったのか。

デジ一があれば、遊べるけど。やっぱり下りで重かった。

登山編

4.タクシー代は結構かかるぞ

夏休みのこの時期、御殿場ルート以外はマイカー規制で五合目まで車で行けません。

須走口の場合、「道の駅すばしり」の臨時駐車場に車を置いてバスかタクシーで五合目まで向かうことになります。

夜発の時間帯だとバスはないため、タクシーを利用。ふじあざみラインを通って、4500円くらいでした。

運転手さんは富士登山に詳しい人が多いので、いろいろ聞いてみるといいかもしれません。今回も気温の下がり方を言い当ててたな。

臨時駐車場は、地面をカブトムシが歩いているくらいに森です。

 

5.最初は五合目でダラダラすべし

五合目に到着したら、よっしゃ行ったるぜ!と気合いがみなぎっていると思いますが、まずは休憩

平地から一気に標高2000m近くまで上った体を慣れさせることが大切

1時間くらい、一緒に登る人としゃべりながら行動食のナッツでも食べるといいのでは。

この時点で星がすごい。写真を撮って時間をつぶすのも◎。

 

6.ペースを守って水分摂って

若い人や体力に自信がある人は勢いに任せてガンガン登りがち。

でも、ただでさえ体に負担がかかる弾丸登山。高山病コワい。

騙されたと思って、ペースを守ってゆっくりと登るが吉

八合目以降になると、いかにも体力がありそうな若い人が座り込んでいる横を、年配の登山者がゆっくり登っていく光景をよく目にします。

あと夜通し登るなら必ず仮眠もとっておきましょう。頭痛になってからだと、眠らせてもらえません。

 

7.休憩時間に体が一気に冷えるよ

登っているときは体も温まりますが、上に行けば行くほど基本が下がり、休憩している数分の間にすぐに冷えてしまいます

風が強くて寒い。さりとて、止まってられないから歩き始めると、体がついてこない

夏の登山なのに、持ち物に「水筒(温かいもの)」「カイロ」があったのはそういうわけ。夜の登山はとにかく寒い

長時間露光は楽しいけど、時間がかかるのですぐに寒くなりました。失敗しても次へ。

こんな保温シートもあってもいいかも。

あと寒いと水分補給をおろそかにしがちですが、しっかり水を飲みましょう。

 

8.ご来光は頂上じゃなくてもキレイ

七合目以降、木の生えたゾーンを突破してしまえば、ご来光の見え方はだいたい一緒

弾丸登山のムチャなところは、日の出までに頂上まで行こうとすること。目標が厳しいと、ペースも上がってやっぱり体が辛くなります。

ご来光は、その時にムリなく見られるところで。

それに、頂上だと、芋を洗うような状況なので写真を納得いくまで撮ったりできないですよ。

TIPS編

9.朝は山小屋に入れてもらえないことも

深夜から朝方、疲れたら山小屋に泊まろう、くらいの感じで登るとハマる落とし穴。

その時間帯は宿泊の人が、まだ眠っていたり、朝食を食べていたりするので、小屋での休憩は難しいところが多い感じでした。

ココアをいただいて、外のベンチで休憩。暖かいところで眠りたい……と100回くらい思います。

しんどくて朝焼けバックに格好良くなっちゃう。ミスチルのDVDジャケットかよ。

 

10.頭痛がしても寝ちゃダメ

夜じゅう登っていると、足が重くなり、息が苦しくなり、そして何より頭が痛くなります

高山病の症状なのか、寝不足なのか、水分不足なのか、寒さなのか、その全部なのか。

体も辛いしちょっと眠ろうかな、と思いたいところですが、これはNG。

寝ていると呼吸が浅くなるので、もし高山病だったら症状がひどくなるとか。ひどいようだったら登山を中止し、下山しましょう。

大丈夫、悔しくないよ。下山だってめちゃくちゃ辛いからw

高山病にならないための対策↓。

 

11.ウグイスの鳴き声がするよ

夜に登っていると聞こえないんですが、日が昇って下山してくると、緑のあるエリアはいろんな鳥がいます

誰もいない下山道(須走ルートは人が少ない)に座ってボケっとしてると、ウグイスの鳴き声なんかが聞こえてきて風流なもんです

持ち物に音楽プレイヤーって書いてるサイト多いんですが、あれっていつ使うんでしょう。

朝は、日差しがきつくなるので日焼け止めも忘れずに

 

12.トイレットペーパーが役立つ

鼻をかんだり、鼻をかんだり、あと鼻をかんだり、登山中には何かとティッシュを使います

ポケットティッシュでは少ない、出しにくい。でも箱はデカい。

ジップロックにトイレットペーパー半分くらいを入れておくと便利。塗れた手でもバッグから取り出せます。

 

おまけ. 須走ルートを下山した後の2つのお楽しみ

上まで行って、ああ辛かったと下山。いったい何のための夜通しアタックだったのか。

須走ルートの場合、五合目に降りてくると山小屋がいくつかあって、ここで食べるきのこが美味しいこと!

行動食のナッツをたくさん食べてあまりお腹はすいてないんですが、帰ってきたことを実感しますね

山小屋のきのこメニューについては、以前にも記事を書きました。

そこからバスで臨時駐車場まで戻って、帰宅の途へ。時間に余裕があるなら、車で3分くらいのところにある温泉・天恵が最高

須走温泉 天恵【公式】 | 御殿場高原時之栖

温泉あり、マッサージ器あり、食事あり。五合目の山小屋でもらった割引券使って800円くらいだったと思います。

10時からなので、早く下山しすぎるとまだオープンしてないので注意!

といったところで、ムリはせずに楽しい富士登山を。それでは。高地でのお酒はほどほどに(あまり飲みたくならないかも)!

「富士山」なら、このあたりも読んでみて
マツコ番組にも登場!富士山須走口のきのこメニューがすごかった

「おでかけ」なら、このあたりも読んでみて
さわやかのスゴさは聞き飽きたって?初心者の正直な感想書くぞ
【千葉】わざわざ寄りたい房総半島の「道の駅」オススメポイントまとめ
夏休みに逗子に行くなら平日の「ロンハーマンカフェ」が最高だよ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。