千葉・南房総の宿「政右ヱ門」は料理の豪華さが竜宮城並でやばい

1年に何度か房総半島に遊びにいきます。家が川崎の隣の大田区なので、木更津までならアクアライン経由で小一時間です。

目的地はいろいろですが、外房まで日帰りは結構大変。早朝に出て、夜ごはんの後に帰るような大わらわのスケジュールになります。

だから、たまには泊まるのもいいよねってなることも。定宿にしているのは、南房総市にあるこちらの宿。グルメ派の宿「政右ヱ門」です。

房総半島にはそれこそ数え切れないほど宿があって、旅行サイトを見るとどれも美味しそうで迷っちゃう。僕も何度か泊まっていますが、そんななかでも政右ヱ門は間違いのない一軒。

最初、取材リサーチで見つけたんですけど、行ってみて確信。絶対いいはずだと。話を聞くと、いろんな業界の大物にファンがいるそうです。

でも、僕みたいな小物でも行けるのが政右ヱ門の良いところ。1人1万円ちょっとで、満腹の向こう側までご馳走を食べて、のんびりして最高です。

いらっしゃいませ!グルメ派の宿『政右ヱ門(まさえもん)』です

JR千倉駅より、国道410号を白浜方面に約4キロ、忽戸小学校前バス停から150m。グルメ派の宿、政右ヱ門(まさえもん)で南房総の地魚をご堪能ください

宿がキレイとか、みなさん親切とか、宿の良いところはいっぱいあるんですけど、やっぱり料理です。評価点がひと桁違ってきちゃいますよね。フィギュアだったら、技術点50点満点、演技点2000点満点みたいな。よくルールわかんないですけど。

海鮮がたらふく食べられて2食付き1万円ちょっとってのは、この辺りの標準的な値段設定だと思いますが、政右ヱ門はコスパも満足度も抜群。

驚き!大ボリュームのコース内容

今年行った時の写真ですが、1万2500円のコースだとこんな具合。ただ、いつもいろいろとサービスで出て来ちゃうので、1万4000円くらいと思った方がいいのかな。

これで夜ご飯の3人分です。最初、どんな大家族の席かと思いましたよ。

宿の公式サイトに記載されている、このコースの内容はこう。

磯祭りコース
●地魚のお刺身(房州海老・タイ・ヒラメ・ウニなど) ●房州海老料理(具足煮 or テルミドール or 鬼がら焼) ●アワビのおどり焼き(ひとり一個) ●海鮮鍋 ●揚げ物 ●煮物 ●酢の物 ●吸い物(汁物) ●香物 ●手作りデザート ●フルーツ
お料理 – グルメ派の宿『政右ヱ門(まさえもん)』

自分の前に見える料理のボリューム!小鉢から鍋、デザートまで。左の奥に見えるのが地魚を中心としたお造りです。

刺身は上から見たら、こんな具合です。

…え、それほどでもねえじゃん、って?イヤイヤ。これ下のまな板1mくらいあるから。これはあとで詳しく話そう。

まあ、焦らずビールでも飲みながら順番に食べていこうかと。乾杯〜!大瓶はアサヒスーパードライ

煮物ですね。タコと里芋、エンドウ。タコ美味しい。

普段の夜ご飯なら、これとおかず2品くらいで終わることありますから。どれだけの量なのかと。

海鮮と野菜、フルーツのマリネ。グレープフルーツをくり抜いた器に、カニ、イカ、野菜、柑橘などがどっさり。

あ…あわび?これはどうするのか。

生きたまま、昆布をのせて酒をかける!そして火を入れる!房総風おどり食い

これは写真がちょっと微妙ですが、海老のテルミドール政右ヱ門風。一番人気メニューだそうです。

海老を半割りにして、マヨネーズべースのクリーム系ソースをのせてオーブン焼きにした一品。クリームの甘みと海老の風味、頭の近くの苦みが混じり合って美味しい。

刺身盛り合わせが美味しくて量もすごい

そしてこちらがメインのお造り!行ってみますか。

刺身は地魚を中心に5品。旬の魚はどれも鮮度抜群で、一枚一枚がぶあつく、全体のボリュームも見たことないほど(僕は毎年来てますが)。

政右ヱ門に安く良いネタが入るのは、海や港が近いという南房総の地理的な条件に加えてもう一つ理由があるそうです。なんでも、宿の先代が網元、自身も漁師さんだったといいます。魚が自慢のわけです。納得。

お造りをいただきましょう。センターに鎮座するのはアカハタ。刺身が透き通るほどキレイ。

身が締まっていて弾力、歯ごたえがあります。磯の香りとほのかに白身の甘み。これは酒だ!酒!

伊勢エビのこの威容。イメージがない人もいるかもですが、実は千葉県は伊勢エビの水揚げ量が日本一。南房総市は近年、「房州エビ」という名称を使って周知をはかっています。

てか、このエビを前に悠長にそんな話をしている場合かってことですよ。

お手並み拝見。むむむ。

身がギュッと締まっていて、すごく香りが良い。大ぶりの海鮮って味も大味なものが多いですが、これはすごく繊細できめ細やかな旨みがあります。

奥に覗いているウニも絶品でしたよ。ウニ嫌いの妻がパクパク食べていましたから。

金目鯛!海に囲まれた南房総では、質の良いキンメが多く水揚げされるそうです。

脂がのっていて、甘みがしっかり。金目鯛の刺身ってこんな美味しいのか。

「鍋はお吸い物代わりにどうぞ〜」ってすごい豪華なお吸い物。火を入れていきます。

カニ、はまぐり、何種類かのきのこ。

お酒の時間からシメまで隙なし

ビールも進み、魚もまだたくさんあることなので、日本酒に行ってみましょう。

飲み物はこんなラインナップ。地元の酒がいろいろとありますね。

旅館に家族や友達と泊まるときって部屋飲み用にお酒を持ち込みますよね?え、持ち込みません?

で、せっかくなので、持ち込み代のせてもらって持参したお酒を今飲めないかと相談。女将さんは「いいですよ〜もちろん無料で。なくなったらうちのもね」と言ってくれました。

すいません、一升瓶でした。お代わりできないかも…。来年は地元のお酒で!

魚に合うで有名、日高見。魚でやるなら日高見だっちゃ。当然、豪勢な海鮮にはバッチリ合います。これは最高ですね。

ぷりぷりで甘い金目鯛。今回、金目鯛はハマりました。ずっと食べていたい。

お酒は美味しいですが、まあそれは当然な部分もあるので、次に訪問した時は千葉のお酒が飲みたいですね。まだ見ぬ地元のお酒との出会いもあるかもしれません。

揚げ物はクジラときす。クジラは鉄っぽい苦みがいいアクセントになりました。

魚とかいろいろ食べていますが、ご飯が食べたい人はどうぞ。安心してください。おひつに3合くらい入っていますから。

まだ刺身が残っていたら、こんな食べ方も。ミニうに丼!

鍋もいただきます。ハマグリがぱかっと開きます。

きのこが美味しい。なめこ。トゥルっとした食感で味が濃い!

こんな嬉しいサービスもいただいていました。アジのなめろう。普段は居酒屋とかでアテに食べるくらいですが、本場・南房総のなめろうは美味しい。この地域の郷土料理なんです。

そのまま肴にしてもいいし、ご飯と合わせても◎。

地元流のぶっかけは、ご飯になめろうを好きなだけのせて、ゆかりをふったら冷や汁をガバッと。

さっぱりとしていて、お腹いっぱいまで飲んでいてもサラサラいただける良シメですね。

デザートもあるよ。

左は2色のトマト。右はかぼちゃと菜の花のムース。最後まで手がかかっている。

と思いきや、さらにデザートがありました!フルーツと抹茶のガトーショコラ。もう、食べれないよ。ほんとうに。ともあれ、ごちそうさまでした。大満足。

朝食でたらふく食べて1日のスタート

夕食後は部屋で酒を飲んだり、途中で買ったおみやげやご当地缶詰を食べたりして過ごしていつもより早めに就寝。

仕事の日は目覚ましかけても起きれない日があるのに、なにもせずに朝日の時間に起床できました。天気が変わりやすいので、散歩行く前に豪雨。

テレビ見るなどして時間をつぶしたら、朝食の時間です。ええ、また食べるの…。そっか、すごい軽めってことですよね。よかったよかった、とならないからね。

バーン!おかず沢山!

小鉢がいろいろ、サヨリ、サラダ…朝からやってくれます。

そして目玉は房州エビを使った味噌汁。昨日の夜に刺身で食べたものです。

エビのだし・旨みが出ていて、おいしい。地海苔も香りがべらぼうに良い。花のような香り。あれ、なんか食欲出てきたな。

小鉢。まぐろ山かけ、さんまの甘露煮、明太子など。

せいろにはシューマイ。食べよう、どんどん。もう驚かない。

「これ、よかったら〜」ってマンボウの刺身をいただきました。酢味噌で食べてねと。

これは超新鮮な鶏ささみ。食感は良いけど、繊維の向きに歯が入るとすぐほぐれる。歯ごたえがあってみずみずしいコンニャクだな。美味しいものいただいちゃいました。

朝ごはんも大満足。10時にチェックアウトでまた来年です。食べる話しかしていないですが、とにかく政右ヱ門はすごく良い。おいしいものや海鮮が好きな人は、ぜひ検討してみてください。

「ホームページとかで見た写真と全然違う…」というガッカリは旅あるあるですが、逆の意味で「ホームページと違うだろ(食えんのかよ)」となるかもしれません。竜宮城のごちそうかと思いますから。東京に戻ったら爺になるんじゃないかと笑。

また行きたいです。

政右ヱ門
千葉県南房総市千倉町忽戸497
0470-44-4071
http://www.masaemon.net/

千葉」なら、このあたりも読んでみて
「やまよ」であなご天が食べたい俺には木更津なんて隣駅みたいなもん
満足度高し!浜のいそっぴは夏のバーベキューの超穴場【千葉】
一度でハマる!地元民が愛する勝浦タンタン麺「はらだ」がやっぱ名店

海鮮」なら、このあたりも読んでみて
塩釜仲卸市場で“マイ海鮮丼”作ったら新鮮かつ超ボリュームで激ウマ
夏は青空飲み。大島の魚屋・味雅で刺身つまみに飲むビールが最高!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。