台北駅→桃園空港をバスで移動する方法【乗り場・チケット・所要時間】

台北からこんにちは。

ちょっと前置きが長くなってしまったので、今すぐ台北市内から桃園空港行きのバスの乗り方が知りたいという人は、本題からどうぞ。

急に1日予定が空いたとき、とりあえず東京駅に向かいながらスカイスキャナーを開いて、具合の良い航空券があればそのままアジアに遊びに行く、そんな行き当りばったりな人生です。

深夜便が多い台湾は日帰り旅行でも1日まるまる遊べるので、思いつき弾丸アジア旅行にうってつけの場所。ほかには韓国の大邱なんかが翌日8時台に成田に戻れるの良いですね。

深夜便で日本に帰ろうと思うと、街中で夜遅くまで遊んでいられます。そういうとき、空港までは大抵バスで移動することになります。

そういう時間的な理由もあるんですけど、帰りに空港までの移動は「旅行の終わり感」の寂しさがあって、窓の外を街並みがゆっくりと流れていく感じが、気持ちの切り替わり的にちょうど良いのかなという気もします。

これは今、思いついた後付けの話ですが。

深夜便で日本に帰るときは、時間ギリギリまで台北で遊んだら、とりあえずバス乗り場がある台北駅にタクシーで移動します。昼間に行った添好運が向こうに見えますね。

関連記事 >> “世界一安いミシュラン”添好運が行列すぎるから台北店に行ってきた

本題に入りましょう。桃園空港行きバスの乗り方です。

台北駅の東側でタクシーを降りたら、少し先の照明がギラギラとした建物を目指して歩いていきます。

この遠くから見ると近未来感があって、近づいてみると実はただのデカい箱みたいなのが、桃園空港行きのバスを運行する國光客運台北站(国光客運台北駅)バスターミナルです。

MTR(地下鉄)の「M1」または「M2」を出てすぐ。エレベーターなら「3番」に乗って地上階にでたらそこがバスターミナルです。

この國光客運ターミナルからは

  • 1813路線 台北-基隆
  • 1815路線 台北-金青中心
  • 1818路線 台北-中壢
  • 1819路線 台北-桃園機場
  • 1815路線 台北-金山/法鼓山

といったバスが出ています。桃園空港行きの1819なので、自動券売機かカウンターでチケットを購入しましょう。

自動券売機は日本語にも対応しているので簡単ですが、現金が使えずクレジットカードかICカードでの支払いのみ。

旅行最終日に現金を使ってしまいたいという人は、カウンターで購入しましょう。

「桃園空港行きを1枚」となんとなく伝えることができました。紙に書くほどでもないと思います。1枚115元(約415円、2018年12月時点)。

バス乗り場はこちら。繁体字の台湾は、漢字でなんとなく書いてあることの意味がわかります。

バスターミナルと言っても、チケット売り場とちょっとしたコンビニがあるくらいです。トイレは2Fにありました。

商品ラインナップをチェックするなどして時間を潰します。おにぎりが美味しかった。

バスは出発の15分くらい前に到着。出口から直接バス乗り場へ向かいましょう。

荷物は自分でトランクに入れるシステム。

さらば台北。またそのうち。繁華街から住宅街っぽいところを抜けて高速道路へ。

1時間弱で桃園空港に到着しましたよ。フードコートのあるフロアの入り口から空港へ。

朝方まであんまり時間を潰すところがないんですよね、桃園空港は。今度空港ガイドをまとめようと思います。

沖縄の呼び方は琉球が一般的なんでしょうか。それではまた。

「空港」が好きなら読んでみて
何して時間つぶす?ホーチミン・タンソンニャット空港の乗り継ぎガイド
乗り継ぎ待ちも有効活用!タイ・スワンナプーム空港のトランジット攻略法
【電源・無線LANあり】那覇空港の「ラウンジ華」でノマドワークした

「台湾」が好きなら読んでみて
“世界一安いミシュラン”添好運が行列すぎるから台北店に行ってきた
台湾みやげに最高!現地人気No.1のカップ麺「花雕鶏麺」が本当にウマい
台北・安ウマ店めぐり。朝から約100元で小籠包3軒ハシゴしてきた