スタバの「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ」はお酒を足すともっとウマい

今日、5月30日から、スタバに期間限定の新商品「加賀 棒ほうじ茶フラペチーノ」が登場しています。

加賀棒 ほうじ茶じゃなくて、加賀 棒ほうじ茶。

ずいぶん和風なフラペチーノだなと思ったら、日本の食文化にあるイケてるものを発信するプロジェクト“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”の第一弾という位置づけみたいです。

国内・国外ともに、東京・日本に注目が集まりはじめる中、スターバックスは、「いつもの世界を、ほんの少し違う角度で見つめてみると、意外と知らないことがいっぱいでワクワクする。」という想いから、日本ならではの食文化を背景ストーリーとともにスターバックス独自の視点で編集し、ビバレッジやフード、グッズなど様々なかたちで日本の若者に向けて提案していくプロジェクト“STARBUCKS® JAPAN WONDER PROJECT”をスタートします。
プレスリリース(2018/05/23) | STARBUCKS® JAPAN

お店でもかなりプッシュしてるようで、列で前に並んでた人も結構注文していました。

新しいもの好きなので、飲んでみようと思います。

スターバックス公式サイトのスクリーンショット(http://www.starbucks.co.jp/cafe/kaga_bohojicha/)

加賀 棒ほうじ茶とは何かと言うと、葉っぱを使う一般的なほうじ茶と違って、茎の部分を使用するもの。地元では「加賀でお茶といえば棒茶」というほど親しまれており、そのまま食べても美味しいんだとか。

昔は捨てられてた茎をどうにか利用できないか、ってとこから生まれたそうです。

待ってると「加賀棒ほうじ茶フラペチーノをお待ちのお客様ー?」って呼ばれるんですけど、みんな同じだからお見合いになるっていう。

そんなこともありつつ、これが加賀 棒ほうじ茶フラペチーノです。

トップのクリーム部分には、茎を砕いたほうじ茶のパウダーがかかっています。

下の方にうっすら見えているのは、ほうじ茶ゼリーですね(公式にはジェリー)。

フタをとってみると、上にかかったパウダーの香りがすごく強い。上品な渋みがある淹れたてのお茶のようです。

真ん中の層を飲んでみると、ほうじ茶がミルクとホワイトチョコレートクリームと混じり合って、味わいに奥行きがあります。

そんなに甘くないんですけと、ほうじ茶の香りがミルクで広がって、ホワイトチョコクリームと絡んだ時のリッチで濃厚な甘み、コクがたまりません。

下層のぷるぷるしたゼリーには、ほうじ茶の香りが閉じ込められてて美味しい。上から下まで棒ほうじ茶ですね。

時々棒ほうじ茶の茎がそのまま口に入ってくるんですけど、お茶漬けの肌色の細長い棒の味がします。飲んだあとに口の中にふわっと残る余韻も素敵です。

甘すぎないけど甘い、テキサスヒット的な大人のスイーツですね。これ、お酒を入れてもおいしそう。ホワイトチョコレートクリーム、棒ほうじ茶と和洋どっちの要素もあるので、そのあたりをとっかかりに色々と試せそうです。

パッと思いついたのは

  • みりん
  • ラム

あたり。みりんは和の風味で合わせてみて、ラムはホワイトチョコと相性が良いので。きっとあまり熟成してないほうがいいですね。

手近なところにあったお酒で試してみましょう。まずはラムから。キャプテンモルガン デラックス ダークラムです。

上からラムを垂らすと、クリームがちょっと分離しますが、味は美味しい。

棒ほうじ茶に香り高い洋風のシロップをかけたようになって、お酒とは思えない感じです。でも40度ありますからね。

次にみりん。九重味淋の限定醸造 純三河本みりんです。

みりん風は微妙ですが、本みりんはアルコール度数が13%程度あるので、お酒としてもいいんですよね。税法の関係で、問題がないわけではないですが。

飲んでみると…これはウマい!ほうじ茶のフレーバーとみりんの甘み、味わいがうまくミックスされて、最初からこういう飲み物だったんじゃないかというカクテルに。

これはアリですね。そんな、なかなか良さげな加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノでした。ぜひお試しあれ。

加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ®
620円
372kcal(ミルク使用時)
アレルゲン:乳、大豆

「スタバ」が好きなら読んでみて
スタバのスコーン「アーモンド&バニラ」が史上最高レベルにウマいぞ

「カフェ」が好きなら読んでみて
朝ご飯デートにも良さそうな七里ガ浜パシフィック・ドライブイン
逗子の「ロンハーマンカフェ」は平日が最高。アクセスとか教えるよ
二子玉の「Soul Tree」は昼夜どちらも使える雰囲気の良い店だよ