国道246号線沿い・大和市の「そば処 あさひ」はロードサイドの名店

国道246号線。

三宅坂に端を発し、青山、渋谷、三軒茶屋から二子玉川、そして神奈川の内陸方面、静岡県へと続く国道。芸能人がよく口にする通りの名前であるためか、周辺に住んでない人にも割と知られた通りです。

この246、世田谷を出ると川崎、横浜を抜けて一度町田を経由し、もう一度神奈川に入りますが、大型トラックが行き交う町田~厚木あたりはロードサイドに美味しい店がたくさんあります。

例えば、この大和市の上草柳交差点の近くにある、そば・うどんの有名店「あさひ」。電車の最寄り駅は相模鉄道本線の相模大塚駅です。

あさひは、そば好きなら知らない人はいないというほどの有名店。「うまいそば」系の本では必ずと言っていいほど取り上げられる一軒です。

あさひの社長は土木系の会社社長をやっているといい、ドライバーに体に良いものを食べてほしいとこのお店を始めたそうです。

訪問したのは休みの日の昼時でしたが、この行列!

イメージ的に246を使うドライバーさんばかりかと思いきや、ランチをとりに来たご近所さんもたくさんいました。

メニューはというと、どれも安いですね。厨房では女性スタッフのみなさんがチームワーク良く元気に立ち働いています。

基本のそばがひと通り揃っています。揚げ物系はバリエーション豊かで、ほかにカレー、にく、とり、なんていうものもありました。

旬の野菜を使ったメニューも。あなご天丼も食べたいですね。きつねそば・うどんに旬というのがあるんでしょうか。

関連記事 >> 「やまよ」であなご天が食べたい俺には木更津なんて隣駅みたいなもん

こちらは、あさひ名物のスパおにぎりです。俵型のお米にスライスしたスパムがのっています。昔住んでいた沖縄でよく食べたなあ。

注文してしばらくすると番号を呼ばれました。かき揚げそばとしらす小丼の玉子です。

見るからにおいしそう…これがあさひのかき揚げそばです。

まず驚くのはダシのカツオの風味。つゆをひと舐めした瞬間、カツオ節の香りが口から鼻から頭の周りまで広がります。なんだこの透き通るけど濃厚なカツオ節は。

それもそのはず、あさひでは鹿児島県枕崎産のカツオ節をたっぷりと使い、1日に何度も追い鰹をとっているんだとか。

麺も甘みがあっておいしい。噂通り、絶品のおそばでした。

そして、しらす小丼も絶品。

この卵の黄身のハリと色艶!自分の顔が反射して写っています。卵をかき混ぜて特製のタレをかけていただきましょう。

ああ、絶品。普段から割とよく食べていますが、このしらす丼はすごく好きです。近くにあったら月1では食べたいです。

関連記事 >> もう行列待ちしない!江の島の人気店「とびっちょ」は辻堂でも楽しめる

あさひ。近くまで来たので寄ってみたら、そばがおいしく値段も安い、そんなロードサイドの名物店でした。

車で通る時はぜひ試してみてください。渋滞回避のひと休みに最高ですよ。朝は5時半から開店しています。

「ドライブ」が好きなら読んでみて
無印が手がける鴨川の“道の駅”「みんなみの里」が楽しい【千葉】
ドライブ帰りに甲府のスーパー銭湯「源泉湯 燈屋」でひとっ風呂浴びる
グルメ、買い物、観光…千葉ドライブ1泊2日に行ってきた【モデルプラン】

そば処 あさひ
神奈川県大和市上草柳541
046-263-1422
5:30~16:00
日曜、祝日休み
http://www.asahisobaudon.jp/